レールカー車輪のワイヤレス監視

ワイヤレスでレールカーを監視

用途:レールカーの車輪を監視してプッシュアームをトリガする

課題:ケーブルを使用できない環境

ソリューション:SureCross FlexPowerノード

メリット:振動、汚れ、高温の環境に耐える頑丈なワイヤレスセンサ

穀物基地や港湾で使用されるレールカーにはエンジンは搭載されておらず、車軸駆動装置によって車両を動かしています。レールカーの車輪監視システムが車輪を検出し、車軸のプッシュアームの作動をトリガして、次の積み下ろし駅までレールカーを動かします。駅は過酷な環境条件下にあるため、大型レールカーを的確に検出できる頑丈なソリューションが必要になります。

説明

レールカー管理センターは、多大な交通量、極端な温度、汚れた環境、大きい振動が伴う過酷な環境であるため、ケーブル配線は不可能です。これまでは、電源供給が可能な場所に設置したロングレンジ光電センサなどのソリューションが使用されていました。しかし、このセンサはレールカーからかなり離れた場所にあるため、天候やその他の環境条件によってセンサの精度が安定していませんでした。

リミットスイッチに接続されたSureCross FlexPowerノードを使うことで、このシステムの信頼性を高めることができます。レールカーの車輪がトリップアームをトリガするとき、FlexPowerノードに接続されているリミットスイッチが作動します。そして、プッシュアームが上昇してレールカーを次の積み降ろし駅まで移動します。

この記事で取り上げられた製品

Performanceシリーズのゲートウェイとノード
Performanceシリーズのゲートウェイとノード

大規模なエリアでI/Oを伝送するポイントツーマルチポイント (一対多) ネットワークを作成します。入出力のタイプにはディスクリート (ドライ接点、PNP/NPN)、アナログ (0~10 V DC、0~20 mA)、温度 (熱電対およびRTD)、およびパルスカウンタがあります。

さらに読む

関連分野