操車場での車両組成時のリモート車両検出

操車場の車両組成の画像

用途:車両組成時の車両のリモート監視

課題:過酷な気象条件および振動が伴うヘビーデューティー環境で配線が困難

ソリューション:M-Gageワイヤレスノードとワイヤレスゲートウェイシステム

メリット:長寿命の電池が内蔵されたIP67ハウジング

列車の車両組成の際には、列車を構成する各車両が決められた順番で並べられます。車両編成を変更する場合、車両の入れ替えを操作するための線路制御装置を作動します。その際、各車両が正しい場所に向かっているのか、社労の進路を監視するために、自動列車検出システムが使用されます。通常、鉄道線路は汚れを伴う過酷な屋外環境であるため、標準の検知装置では多くの問題が生じます。

操車場を監視するためのワイヤレス列車検出

ワイヤレス列車検出を可能にするのは、埋め込み式のM-GAGEワイヤレスセンサノードです。ノードは線路の下に設置され、その上を通る列車を的確に検出します。このデータはゲートウェイ装置と制御システムに送信され、操車場のリモート監視および組成に使用されます。地面下に設置された各ノードは、列車の車両がその上を通過するときの周辺磁場の変化を検出します。頑丈なM-GAGEノードには、電源、センサ、アンテナがまとめてIP67等級ハウジングに収納・密閉されており、完全なワイヤレスソリューションが実現されています。

この記事で取り上げられた製品

ワイヤレスM-GAGEノード
ワイヤレスM-GAGEノード

車両探知向けに設計されたバッテリ内蔵FlexPowerノード

さらに読む
Performanceシリーズのゲートウェイとノード
Performanceシリーズのゲートウェイとノード

大規模なエリアでI/Oを伝送するポイントツーマルチポイント (一対多) ネットワークを作成します。入出力のタイプにはディスクリート (ドライ接点、PNP/NPN)、アナログ (0~10 V DC、0~20 mA)、温度 (熱電対およびRTD)、およびパルスカウンタがあります。

さらに読む