XS26-2/SC26-2 機能ビューの紹介 - パート 2 [動画]

トランスクリプト

前回のチュートリアルから確定されていない構成を使って、特定の安全設計要件を満たすように調整できる、アプリケーションのパラメータ設定を確認しましょう。

安全装置を使って、入力構成を変更するほかに、配線ピンの割り当て、既定の名前、およびでバウンス時間や入力監視機能といった高度な設定を変更することができます。

ロジックブロックについては、入力数を変更するほかに、アプリケーションの必要に応じて入力と出力を逆にすることができます。

また、左上にある [Info] ボタンを使うと、特定の機能に関連する詳細について、安全コントローラのマニュアルにアクセスできます。

必ず製品マニュアルの指示と警告を読み、その用途の試運転と定期点検の手順に従ってください。

また、ミューティングや安全出力といったアプリケーション固有の機能ブロックには、調整可能なオプションの設定があります。

次のチュートリアルでは、アプリケーションの規模が大きくなる際に使用できるマルチページナビゲーション機能を説明します。

この動画で取り上げられた製品

XS26 Series Expandable Safety Controllers
XS26 Series Expandable Safety Controllers

Expandable for complex safety applications where 3 or more safety relays are typically used. Supports up to 154 inputs and up to 68 dual channel outputs with 0.5 amps or 6 amps each using expansion modules.

Read More