IO-Linkのメリット [動画]

配線の標準化および削減、データ可用性の向上、リモート設定と監視、簡単な装置交換、高度な診断機能など、IO-Linkシステムには数多くの利点があります。IO-Linkがビジネスにどのように役立つかについてご紹介した動画をご覧ください。

Five Advantages of IO-Link

IO-Linkの5つのメリット
2 分  19 秒  2 分  19 秒 

バナーのIO-Linkソリューションの詳細

産業オートメーション向けIO-Linkセンサおよび照明
IO-Link

バナーエンジニアリングは、産業用途向けのさまざまなIO-Linkセンサと照明を提供しています。

Product Details

動画トランスクリプト

データはインダストリアルIoT(IIoT)を促進する。

生産需要が増加するにつれて、工場はよりスマートな意思決定を行うためにリアルタイムデータへの転換を行っています。

あなたのデバイスが、何をどのように行っているのかを知らせ、問題が起きた時にすぐに通知してくれるとしたらどうでしょうか?

バナーのIO-Linkソリューションによって、センサへの制御と洞察を高めることで、デバイスをさらに有効に活用することができます。

IO-Linkは、センサや他の装置から貴重なデータを取り出すことを可能にするオープンスタンダードのシリアル通信プロトコルです。

IO-Link通信を採用することで、5つの強力な利点が得られます。

1.接続。バナーのIO-Link装置は、コスト効率の良い標準ケーブルと汎用コネクタを使って接続します。

このため、センサに使用するインターフェイスの種類を減らすため、在庫管理費を削減できます。

2.通信。IO-Linkを使用すると、装置の業務およびパフォーマンスに関するメトリクスにアクセスできます。

IOリンク付きスマートセンサでは、センサの測定値にリモートからアクセスできるため、センサの稼働状態を確認することができます。

リアルタイム診断機能により、オペレータはセンサが故障する前にクリーニングの必要性について通知を受信することができます。

3.管理。リモート構成と監視により、動的に装置を制御できるようになります。

装置のパラメータを簡単に切り替えられるため、製品の交換を加速化し、より数多くの製品バリエーションに対応できるようになります。

4.交換。センサの交換が必要となった場合、新しいセンサに取り換えるだけで、IO-Linkは以前の設定を自動的にインポートします。

そのため、できるだけ迅速にラインの運転を再開できます。

5.予測。IO-Linkでは、問題がエスカレートする前に発生を予測できます。

装置から送られてくるデータを使用して、設備効率を計算し、パフォーマンスの傾向を把握し、メンテナンスのスケジュールを

最適化します。

リアルタイムセンサデータを使うことでトラブルシューティングを簡単化し、履歴データを使って将来のダウンタイムを予測し、防止することができます。

バナーのIO-Linkソリューションにより、業務を最適化し、装置からより多くの情報を得て、データに基づくより効果的な意思決定を下しましょう。