ビジュアルファクトリー向けのRGBインジケータ [動画]

表示灯は、機械の視覚的な言語です。しかし、従来型の赤、緑、黄色で示されるインジケータには、その機能に限りがあります。プログラム設定可能なRGB表示によって、どのように通信が明確化され、サプライチェーンを単純化できるのか、また、どのようにして既存のプロセスに合うカスタム表示を素早く作成できるのかを動画でご覧ください。こういった能力により、コスト削減と効率性の改善を実現できます。

Programmable RGB Indication Solutions for the Visual Factory

関連製品

K30プロシリーズ 30 mmプログラム設定可能な多色インジケータ
K30プロシリーズ 30 mmプログラム設定可能な多色インジケータ

このコンパクトな30 mmのインジケータは、高輝度のはっきりした光で状態表示を行います。わずか3つの入力から7種類の色を表示できます。

Product Details
S22 Proシリーズ 22 mmプログラム設定可能な多色パネルインジケータ
S22 Proシリーズ 22 mmプログラム設定可能な多色パネルインジケータ

22 mmフラッシュマウント式多色RGBインジケータ。7色点滅の入力制御と最大14色のオプションを搭載。

Product Details
S22 プロシリーズ 22 mm プログラマブル マルチカラー パネル タッチボタン
S22 プロシリーズ 22 mm プログラマブルマルチカラー パネルタッチボタン

22 mm 一般仕様 マルチカラー RGB Fフラッシュマウントインジケーター( モーメンタリー出力、もしくはラッチ出力)

Product Details
インジケータ用ソフトウェアPro Editor
Pro Editorソフトウェア

このソフトウェアには色や照明パターンが幅広く用意されており、IO-Linkを使わずに現場のユーザー所有インジケータを簡単にカスタマイズすることができます。

Product Details

動画トランスクリプト

表示灯は、機械の視覚的な言語です。

しかし、従来型の緑、黄色、赤で示されるインジケータには、その機能に限りがあり、信号を解釈するのがより困難になることもあります。

インジケータがもっと柔軟な機能を備えている場合はどうでしょうか。

素早く正確に解釈しやすい、色や設定を選択できるとすれば、どうでしょうか。

バナーエンジニアリングのプログラム設定可能な表示を使って、機械に「声」を与えましょう。

プログラム設定可能なインジケータであれば、すべての表示要件を満たすように、色と動作を混合することができます。

半々の回転照明パターンを使って、機械のウォームアップ時間を示したり、

オプションを組み合わせて、アセンブルプロセスのステップを示したりできます。

Proインジケータは、必要な役割を果たせるように現場でプログラム設定することができます。

このため、数多くある個々のインジケータをカスタマイズ可能なより少ないモデルに交換し、サプライチェーンを合理化することができます。

バナーのPro Editorソフトウェアを使用すれば、ご利用の装置に設定を作成・保存したり、定義済みの設定を読み込みこんだりする作業を簡単に行えます。

プロセスやブランディングに合った色や照明パターンを選び、配備する前に、装備でその設定をプレビューすることができます。

設定を更新する必要がある場合は、装置をもう一度プログラム設定すれば完了です。

バナーのプログラム設定可能なRGBインジケータを使って、通信を明瞭化し、サプライチェーンを単純化し、ニーズに合わせてカスタマイズしましょう。