Q4X アナログ充填レベル測定 [動画]

トランスクリプト

バナーエンジニアリングの新しいQ4Xアナログセンサは、液体や固体の充填レベルの測定など、幅広い用途を正しく解決できます。

既定では、アナログのQ4Xセンサは、2ポイントティーチでセットアップされています。

この用途では、ディスプレイ0の設定は「Far」に設定済みであり、基準シフトオプションがオンになっています。

これらの設定により、ディスプレイの測定は0V上ポイントに比例します。

この例では、ボトルの底部を0V信号として設定され、ボトルの上部は10V信号になります。

2ポイントティーチ モードでセンサをプログラム設定するには、[TEACH] ボタンを2秒以上押さえます。

0Vを点滅 - 0Vコンディションとして空のボトルを置き、[Select] をクリックします。

10vを点滅 - ターゲットのふたを配置し、もう一度 [Select] を押して、10Vの設定をティーチします。

距離はディスプレイに点滅表示され、10Vの場所が示されます。

錠剤が60~70 mmの高さに積み重ねられることがわかっているため、ボトル内の錠剤の量が少なすぎまたは充填し過ぎに対して無視するかどうかを判定するためにアナログ出力を使用することができます。

レーザーが錠剤のどのあたりに当たるかに応じて、典型的なレーザーセンサによる測定は数ミリメートルほど異なる場合があり、不正確な合否判定がなされることになります。

Q4Xには、リモートトリガ入力を含む、高度な測定モードが備わっています。

この場合、拡張ワンショットディスクリート出力を送信して、Q4Xに測定のタイミングと期間を伝達するために、Q3Xセンサが使用されています。

Q4Xは、ユーザーが定義した期間に測定を行い、測定された平均距離を反映するシングルアナログ出力を出力します。

測定用途のニーズに、バナーの新しいQ4Xをご利用ください。

 

この動画で取り上げられた製品

Q4Xシリーズ 高耐性レーザー距離センサー
Q4Xシリーズ 高耐性レーザー距離センサー

頑丈なQ4Xレーザー距離センサは多数の困難な用途を解決でき、FDA食品等級のステンレス鋼ハウジング格納により、耐性の高いIP69K等級を提供します。

Read More