ネットワークとデータの安全を守るSureCrossワイヤレスソリューション [動画]

安全なワイヤレスソリューションは、ネットワークを保護するだけでなく、データのセキュリティと整合性を保証します。バナーエンジニアリングのSureCrossワイヤレスソリューションがどのようにネットワークとデータの安全を維持するのかご覧ください。

Sure Cross Wireless Solutions Keep Your Network and Data Secure

関連製品

工業用ワイヤレスコントローラ:DXMシリーズ
工業用ワイヤレスコントローラ:DXMシリーズ

DXMコントローラシリーズは、バナーのワイヤレス無線、セルラーおよびイーサネット接続性、およびローカルI/Oを統合し、インダストリアルIoT (IIoT) のプラットフォームを提供しています。

Product Details
Performanceシリーズのゲートウェイとノード
Performanceシリーズのゲートウェイとノード

大規模なエリアでI/Oを伝送するポイントツーマルチポイント (一対多) ネットワークを作成します。入出力のタイプにはディスクリート (ドライ接点、PNP/NPN)、アナログ (0~10 V DC、0~20 mA)、温度 (熱電対およびRTD)、およびパルスカウンタがあります。

Product Details

動画トランスクリプト

ネットワークは、データとプロセスが存在する場所であるため、そのネットワークを安全に維持し、機能性を維持することは不可欠です。バナーエンジニアリングのSureCrossワイヤレスシステムは、セキュリティと安定性を念頭に作られています。

Wi-Fiやその他のオープンワイヤレスフォーマットとは異なり、SureCrossは確実に侵入者の浸入を許しません。SureCrossは、SureCross無線に特有の独自の通信プロトコルを使用しています。無線はバインドして、相互のデータのみを受け入れることができます。

SureCross無線は、一般的なセンサデータの通信のみを行えるため、データパケットを転送したり、悪意のあるWebページや実行可能ファイルを受信することはできません。このため、根底的なネットワークの情報をわかりにくくするだけでなく、コンテンツのシステム侵入が不可能となります。

侵入者を防ぐのは非常に重要なことであり、情報を保持することも同様に重要です。SureCrossネットワークは、幾層ものデータセキュリティを提供しています。SureCrossノードがゲートウェイにバインドされている場合、ゲートウェイはノードに伝送周波数のテーブルを提供します。

メッセージが送信されるたびに、新しい周波数が使用されるため、傍聴してメッセージを再構築することは実質的に不可能です。メッセージを組み立てなおすことができる人がいたとしても、16ビットの数列として保管された一般的なセンサの値しか得られません。ネットワークや測定対象への参照情報は一切送信されません。

ただし、外部の脅威から保護するだけでは片手落ちです。設備の発するノイズや変化に耐えない環境によって、信号が破損したり断絶したりする可能性があります。SureCrossネットワークのバインドプロセスにより、ゲートウェイとリモートノードは継続的にワイヤレスリンクの状態を監視しています。

これは、すべての通信に対して受信確認とエラーチェックを行うビルトインのアルゴリズムを使って行われます。干渉によってメッセージが破損したり断絶したりする場合、受信器はメッセージの再送信を要求します。ノードは、ゲートウェイがメッセージを正しく受信したことを確認するまで、そのメッセージを再送し続けます。こうすることで、必ず信用できる正確なデータを得ることができます。

バナーのSureCrossワイヤレスネットワークソリューションで、ネットワークを保護し、データを安全に維持し、データの整合性を保証しましょう。