食品包装向けトレイ取り出しソリューション

デネスター装置は、コンベアを移動する食品トレイや容器の開始地点で使用されます。デネスターはマガジンから1つのトレイを取り出して正しい向きで包装ラインに配置します。そのトレイは、そこからコンベアに載って充填エリアに移動します。

デネスターは、食品包装ライン全体を通じて効率性を高めるために作業する最初のステージに使用されるものであるため、高性能であることが重要です。生産速度は容器がラインに移動する速さによって決まるため、生産性と利益性を最大化するには、信頼性の高いセンサを使用することが特に重要となります。この時点での詰まりや減速は、以降の食品包装ラインのパフォーマンスに悪影響を与えかねません。

デネスターの画像

供給ステージにおけるトレイ検出には様々な課題があります。スタックレベルを監視し、充填が必要な場合にオペレータに通知できるだけでなく、トレイが1度に1つずつ適切な間隔でコンベアに載せられているようにトレイを検出できるソリューションが必要です。

材料や色が異なる食品トレイは正確な検出を左右します。たとえば、透明なプラスチック容器には、ほとんどの光電センサにとって厄介な特有の課題があります。幸いにも、バナーは、Q4XシリーズセンサQS18 Expert 透明体検出センサといった、透明な物体を認識するのに最適な製品を各種提供しています。また、遮光性の色を使ったトレイや、ホイルを使用したトレイなど、出来合いの食品によく使用されるトレイを検出できるレーザーベースのセンサも提供しています。

この記事で取り上げられた用途

デネスターのプラスチックトレイレベルの監視
デネスターのプラスチックトレイレベルの監視

デネスターのトレイレベルの追跡によって、製品が適時に補充され、生産に影響を及ぼさないようにすることができます。

デネスターでの透明な食品トレイのラインプレッシャー管理
デネスターでの透明な食品トレイのラインプレッシャー管理

透明体感知モードのセンサを使用して、デネスティング工程中にプラスチックトレイを適切にステージングします。