食品包装向けX線・重量検査ソリューション

X線および重量検査ステーションは、品質管理を確保するために連携して動作する2つの個別の装置で構成されています。X線は包装済みの食品が通過する際にスキャンし、骨、プラスチック、または金属などの異物が混入していないことを確認します。重量検査器は各パッケージの重量を検査し、一貫性の確保と重量規制の順守を確実に行います。

X線装置と重量検査器では、センサが各トレイの存在を検出し、製品がライン上にない場合に装置が実行しないようにする必要があります。センサは、プラスチックトレイが透明であるか色付きであるかどうかにかかわらず製品の有無を検出し、X線または重量検査器を起動して食品をスキャンします。異物の混入が認められたり、食品の重量要件が満たされていない場合、そのトレイはラインから排除されます。通常、不合格品の数を数える拒否センサがあります。

X線および重量検査器の画像

トレイの異なる材質や色を検出する際の課題のほかに、X線には装置がオンになったときに近くのオペレータに通知する視覚的なアラーム補助装置が必要です、TL50 LEDタワーライトには、X線のオンステータスをどのライトが表示するのかを指定するためのカスタムレーザーエッチングが搭載されています。また、K50には、LEDが消耗し、X線のインジケータに関するFDA要件に不従順となったことを検知する、電流監視機能が備わっています。

X線および重量検査ステーションでは、耐洗浄性定格製品であることも重要です。バナーエンジニアリングは、洗浄環境向けのIP69Kに指定された製品を広範に用意しています。

この記事で取り上げられた用途

重量検査機システム上の暗い色のトレイ検出
重量検査機システム上の暗い色のトレイ検出

EZ-BEAM Q25回帰反射センサはこの用途に最適です。このセンサは、重量検査機を通過するあらゆる暗い物体を確実に検出する高出力ビームを発します。透明な物体が検出される場合は、Q25偏光回帰反射モデルが使用されます。IP65K等級のハウジングを備えたQ25は、食品の用途に必要な激しい洗浄に耐えられるように設計されています。セットアップは容易です。Q25は調整の必要がありません。

プラスチック製食器トレイがコンベア上を流れるときに重量検査ステーションをトリガ
プラスチック製食器トレイがコンベア上を流れるときに重量検査ステーションをトリガ

バナーエンジニアリングQM26洗浄センサは、重量検査機に近づく暗色のプラスチック製食品トレイを検出し、充填されたトレイの正確な重量を確認します。

重量検査ステーションにおける合格/不合格ステータスの表示
重量検査ステーションにおける合格/不合格ステータスの表示

過酷な洗浄環境、オペレータに不合格ステータスを警告