危険または過酷な条件下での回転式設備の監視

危険または過酷な条件下での回転式設備の監視の画像

課題

ロータリーキルンの温度を監視して制御する必要があります。

解決策

バナーのDX99装置はクラスI、II、およびIII、区分1およびゾーン0の環境認定を受けており、本質安全運用を必要とする危険な場所からのデータ収集を可能にします。SureCross FlexPower I/O装置は、内蔵バッテリを備えた金属製ハウジングまたは外部バッテリを使用するポリカーボネート製ハウジングで提供されています。

通常、ロータリーキルンやロータリーテーブルなどの回転式の設備で計測を行うためには、複雑で高額なケーブル配線システムが必要になります。しかし、十分な対策を講じて専門の設備を使っても、ケーブルのもつれや破損がなくなることはありません。

SureCrossワイヤレスネットワークでは、ロータリーキルンなどの回転式または可動式の機械からのデータ取得に関連する煩わしさがすべて排除されます。熱電対によって取得された温度データは、FlexPowered SureCrossノードからプラントのコントロールセンターにあるリモートゲートウェイに送信されます。 
過度に温度が上昇するとアラームがトリガされます。データは常に同じ場所に集められて処理や解析が行われるようになっており、作業員への物理的な危険性はなくなります。

この記事で取り上げられた製品

Performanceシリーズのゲートウェイとノード
Performanceシリーズのゲートウェイとノード

大規模なエリアでI/Oを伝送するポイントツーマルチポイント (一対多) ネットワークを作成します。入出力のタイプにはディスクリート (ドライ接点、PNP/NPN)、アナログ (0~10 V DC、0~20 mA)、温度 (熱電対およびRTD)、およびパルスカウンタがあります。

さらに読む