cart
DESCRIPTION
PRICE (EACH)
SUBTOTAL
Close
ERROR: There was a store error when adding the item to your cart. [128]
Adding the item to your cart...

フローリング製造プロセスにおける部品の要求

フローリング製造プロセスにおける部品要請の画像

課題

4レーンの生産オペレータは、部品を追加したり完成したアセンブリを作業ステーションから移動してもらうためにフォークリフト運転士を簡単に呼び出す方法が必要でした。

オペレータとフォークリフト運転士のコミュニケーションを改善するために、K50 EZ-LIGHT用に独自のラッチ出力論理が開発されました。

バナーのワイヤレスネットワーク製品にK50表示灯を組み合わせることで、完全な部品配送ソリューションが構築されました。このソリューションは、新たなケーブルの設置を必要とせず、工場のレイアウトが変更された場合に、簡単に再配置できます。

解決策

レーン内の各生産オペレータは、ワイヤレスノードとK50 EZ-LIGHTを装備していました。各フォークリフトには別のノードとEZ-LIGHTが設置されていました。

生産オペレータが補給部品を必要とする場合、オペレータはEZ-LIGHTの操作用押しボタンを押して、ライトを緑から赤に切り変えます。同時に、フォークリフト運転士のライトも緑から赤に変わり、オペレータが部品を必要としていることを示します。

部品が届けられると、運転士またはオペレータのいずれかがEZ-LIGHTのボタンをもう一度押して、両方のライトを緑色に切り替えます。

レーンの運転士の手が空いていない場合は、別のレーンの運転士が必要な部品を配達することができます。オペレータは、EZ-LIGHTを赤から緑に切り替えることで、レーンのフォークリフト運転士が持ち場に戻る時に重複して配送することはありません。

誤解を避けるために、システムは、オペレータ側からのみ部品を要請できるように設計されています。運転士は生産オペレータからの要請にのみ応答できるため、誤って運転士側から部品要請を発することはありません。

この記事で取り上げられた製品

50 mm照光式押しボタン:K50Lシリーズ
50 mm照光式押しボタン:K50Lシリーズ

独立した押しボタン接点を持つK50Lは単独で動作し、制御用の装置/電気回路への電源供給は不要です。

さらに読む