シャトルトートの位置決め

シャトルトートの位置決めの画像

課題

今日のマテリアルハンドリングのプロセスでは小ロットでの高速化が進んでおり、生産量の増加とともに損傷を回避する要件も厳しさを増しています。製品が損傷を受けていないことを保証するためには、クラッシュゾーンを検出して回避する必要があります。製品を所定の場所に固定することと施設内で移動させることの両方の要件を満たすソリューションが必要になります。

解決策

Q20 WORLD-BEAM偏光回帰反射型センサは、製品がセーフティゾーン内にあることを確認できるようにマルチシャトルのレールに取り付けられます。製品が「セーフゾーン」から外れないように正しく配置されていることを確認します。

Q20センサはコスト効率が良く、存在や配置を正確に検知するのため倉庫環境に最適です。コンパクトなサイズで設置を簡単に行えるため、Q20はこのような用途に適した堅牢な製品です。

Q20センサの距離範囲は最大4 mで、ノイズ耐性とクロストーク回避のセンサ機能により、オペレーターは使用前にシステムをテストすることができます。

この記事で取り上げられた製品

Q20シリーズ 工業規格グローバルハウジング
Q20シリーズ 産業標準グローバルハウジング

Q20は、汎用の矩形ハウジングと複数の取り付けオプションを備えた多用途性の高いセンサで、グローバル製造に最適です。

さらに読む