食品包装向け高温密封ソリューション

トレイが充填されたら、それを密封する必要があります。熱シーラーは、トレイの複数のコンベアラインにプラスチックフィルムを適用して、トレイを覆います。このフィルムは、トレイが配置されるとトレイの高さまで下降し、発熱体によって切断されてトレイに接着されます。ウェブに残ったフィルムは先に進み、廃棄用リールに巻き取られます。

この種の機械には、生産を効率的に維持し、スループットを高める機会がいくつもあります。製品が不足したり、詰まりによる多額なダウンタイムが発生しないように、フィルムのロール径を監視する必要があります。ロール径を正確に監視することによって、ロールが不足する前でありながら早すぎない、時宜に合ったロールの交換が可能となるため、材料の過剰な無駄がなくなります。

熱シーラーの画像

材料が切断されるウェブの一部に弛みがあります。このウェブでは、適切な密封が行われないままとレイがプロセスから出ていかないように、破損の監視が必要です。

トレイやウェブ破損の検出などの食品ライン用途では、透明体の検出が一般的な課題となっています。通常、食品トレイと熱シーラーフィルムは透明な材料であるため、正しく検出することが困難です。バナーは、こういった透明体検出を簡単に行う高度な技術を備えた製品を複数用意しています。多様な明るいLED照明・表示灯等ソリューションを使用すれば、エラー、詰まり、交換、または破損をオペレータに警告することも簡単です。

この記事で取り上げられた用途

トレイシーラー内の透明フィルムの監視
トレイシーラー内の透明フィルムの監視

充填された食品トレイは確実に密閉され、透明なフィルムのレイヤで包装される必要があります。熱シーラーにVSMシリーズセンサを設置すると、ロールのフィルム材料の残量を正確に監視できます。

プラスチックフィルム熱シーラーの安全
プラスチックフィルム熱シーラーの安全

熱シーラー内部の危険な領域から作業員を守るマグネットスイッチについてご紹介します。

透明プラスチックの張力ループ制御
透明プラスチックの張力ループ制御

S18Uシリーズ超音波センサは食品包装ラインでループ制御を監視し、透明なプラスチックフィルムが破れたりちぎれていないか検出します。S18Uは色や透明性に関係なく対象物を検出します。