Your Cart Is Currently Empty Ran into an error retrieving cart
  • 戻る

  • 食品包装向けホッパーストレージソリューション

    ホッパーは、生産ラインをトレイが移動する際に、食材を入れておいてトレイに分注するために使用する工程内保管ソリューションです。食材は各ホッパーに保持された状態で、分注口がトレイに向かって突き出しています。

    各ホッパーには、麺、ソース、肉、または野菜など、最終製品の様々な要素が入れられており、容器を充填する段階的なシステムが作られます。各トレイに必要な材料がすべて充填されると、コンベアに載って次のステーションへと移動します。

    複数のホッパーを使用すると、加工される食品の管理を改善できますが、一方で、エラーが発生する確率もたかくなるため、正しい装置の選択が非常に重要となります。

    ホッパーの画像

    生産中にホッパーが空にならないように、各ホッパー内のレベルを監視して、製品が時宜を得て補充されるようにする必要があります。レベル監視がより困難となる局面の1つに、各ホッパーに保管される食材またはソースが異なる種類であることが挙げられます。製品の中には、食材の稠度や色によって検出がより困難となるものがあります。たとえば、赤いターゲットは赤い光をよく反射するため、マリナラのようなソースを簡単に検出することができます。ペストなどの緑のターゲットは赤い光をあまり反射しないため、正確にレベルを監視する上で課題となります。バナーエンジニアリングのレーザー技術はこういった問題に対処できる確実なソリューションで、さまざまな色の検出を正確に実施することができます。これは、同じ距離にある受光性と遮光性のターゲットを検出できるレーザーセンサの能力とレーザー出力を直感的に調整できるセンサの能力によって実現しています。

    また、トレイが存在しない状態で食材が分注され、面倒な事態や廃棄食材が発生しないように、各ホッパーでトレイの位置を検出することも重要です。トレイの色や材質によって困難さが増し、多用途性の高いソリューションが必要となります。ホッパーステーションは定置洗浄環境にあるため、頻繁に洗浄の影響も受けます。バナーは、高圧水に耐えるIP69K等級のセンサ、安全製品、および照明を幅広く提供しています。

    食品貯蔵ユニットホッパーでの透明トレイの検出
    食品貯蔵ユニットホッパーでの透明トレイの検出

    食品産業のホッパーと充填ステーションでQ4Xがどのように透明なプラスチックトレイを検出するのかご紹介します。

    ホッパーおよび充填ステーションでの黒いプラスチック製トレイの検出
    ホッパーおよび充填ステーションでの黒いプラスチック製トレイの検出

    食品産業のホッパーと充填ステーションでQ4Xがどのように黒色のトレイを検出するのかご紹介します。