すべての製薬産業ソリューションを表示

  1. クリニックの検査室では、高いスループットを維持するためにサンプルの処理を迅速に行う必要があります。テスト手順に遅れが生じると、ワークフローが中断されてしまいます。K50L2などのLEDライトは機械状態を知らせる働きをします。このライトによって検査室の作業員は早期にミスを修正し、サンプルを処理して、結果データを収集することができます。

  2. さまざまな形状およびサイズの透明なガラスおよびプラスチック製ペットボトルの検出。洗浄環境、IP69K等級。

  3. 過酷な化学洗浄環境で衛生的なセンサが必要とされる製薬・医療製造分野で透明なバイアルを検出するためのセンサソリューション。

  4. 早いレスポンスが必要とされる高速処理と厳しいライトコンディションで、半透明で反射性のあるガラスバイアルをカウントするためのセンサソリューション。

  5. 無菌のステンレス鋼環境で、透明な液体が充填された円形のガラスバイアル瓶を検出するためのセンサソリューション。

  6. 正確な前縁検出により高速用途で透明なガラスバイアルおよび瓶を認識するためのセンサソリューション。

  7. IVバッグ、ガラスバイアル、シリンジや医薬品包装を検出するためのセンサソリューション。充填レベル検査によって製品の内容量が正確であることを確認。

  8. 高速かつ低コントラストのバナー製R58 Expertレジマークセンサは、ラベルが正しい位置で適切なタイミングで正確に切断されるように、ラベルが高速で通過するときにラベルに記載された見分けにくいレジマークを検出します。頻繁なラベル変更に対応するため、このセンサのLEDには複数の色が用意されており、コントラストを最適化するために最適な色がそのつど自動的に選択されます。

  9. バナー製R58 Expertレジマークカラーコントラストセンサは、レジマークを高速検出できるスイッチング周波数10 kHzの高性能センサで、チューブ位置検出の用途に最適です。高光沢の表面やコントラストが低い状況でも、R58 Expertでは充填済みチューブのレジマークを容易に検出してどの方向に向けるべきかを判定できます。

  10. To reduce the risk of error in an assembly operation, a one-piece EZ-LIGHT PVD pick-to-light sensor with a 400 mm range is interfaced with a process controller programmed with the correct assembly sequence. The controller makes the PVDs light up in the correct order, to show the assembler which part to pick. After the PVD detects that the assembler's hand has entered and left the bin, the controller signals the PVD of the next bin in the pick sequence to light up.

  11. Manual kit building at large stations can be time-consuming and subject to human error, especially if storage racks are difficult to navigate. The PTL110 series pick-to-lights are scalable for large systems and highly versatile to complete numerous tasks.

  12. 自動化された臨床検査室内の機械照明によって、サンプルや設備を見たり使用したりする作業員をサポートします。このような環境では試験や洗浄の際に試薬や化学薬品が使用されるため、従来型の照明では対応が難しくなります。WL28-2はIP69K等級に対応し、化学薬品や洗浄に耐えることができます。

  13. 液体投与用医薬品の包装検査では人による念入りな外観目視点検が行われるため、明るく均一な照明を確保することが重要になります。

  14. バナーのU-GAGE QT50U超音波アナログ長距離センサは、タンクの壁面に干渉されることなく、タンクなどのスペースに限りのある場所で機能し、最大8 mの拡張範囲で検出する狭幅検出ビームを使用しています。超音波センサは、余分な液体をポンプで抜き出し、追加の液体をポンプで注入するタイミングを通知しながら、干渉なくビームがタンク上に広がり、液体レベルを検出できるように中央に取り付けられます。

  15. バナーは、高い過剰ゲインを提供するWORLD-BEAM QS30透過モードセンサの技術と、水の吸収体に特別に調整された1450 nm赤外線検出ビームを合わせ、QS30H2O水中センサを作りました。この用途では、QS30H2Oの強力な検出ビームは、容器の不透明なプラスチックを透過してしまいます。1450 nmでは、水は別の波長のエネルギーの1000倍を吸収し、ビームが容器内の液体を透過するのを防止できます。

  16. Q4Xアナログセンサは、トリガモードでセットアップされており、平均化機能を使用して、より一定した充填レベルの測定を行います。出力ワイヤがQ4Xのリモート入力ワイヤに接続されたバナーのQ3Xセンサは、錠剤ボトルの前縁を検出するために使用されるもので、Q4Xの測定のタイミングと期間を判定するために、コンベアの速度に基づくワンショット出力タイマが設定されています。

  17. FlexPowerを備えたSureCrossノードとバナーのU-GAGE QT50Uアナログセンサは、新たに構築や配線を行わずに監視要件を素早く簡単に実装できます。FlexPowerノードはセンサデータをゲートウェイ装置に送信します。ゲートウェイProを使用する場合、データはログ記録され、液体レベルが深刻なレベルに達するとアラートを送信することができます。

  18. 透明なプラスチックの検出は常に問題があります。従来型の光電センサの光学ビームは透明な材料を透過するため、信頼性の高い検知結果は得られません。

  19. バナーのT30UX超音波センサは、ループ制御のための透明材料の検出に最適なセンサです。 このセンサでは光ではなく音を使用するため、このような特殊な用途において高精度の性能と優れたコスト効率が得られます。材料は透明であっても固体の表面があるため、超音波センサが音波を反射させることができます。T30UXは、透明材料の検出に使用できる他のセンサより高精度のトランスデューサがあり、デッドゾーンも小さく、検出距離も短いという特徴があります。

  20. バナーエンジニアリングのQ12アンプ内蔵型ミニセンサは、自動化された臨床ラボを通過する過程で、バイアルが入ったパックを検出します。低性能のセンサはエラーの原因となり、ラボのスループットを遅らせることになります。Q12は小型で、結果を左右することなくスペースに限りのある場所にフィットするため、臨床ラボでの使用に最適です。固定フィールドセンサは、パックの色に関係なく検出することもできます。

  21. 316Lグレードのステンレス鋼で作られたバナーのQ4Xレーザーセンサは、調剤環境やその他の無菌充填エリアに非常に適したセンサです。Q4Xの検出範囲は25~300 mmで、精度の高いビームのスポットサイズを備え、キャップがフィーダーボウルを出る際にその向きを効果的に検出することができます。キャップが逆さまになっている場合、Q4Xは高さの違いを検知し、そのキャップを取り除きます。

  22. バナーのDF-G2小物検出ファイバ増幅器は、小さな物体の検出とカウントの用途に最適です。DF-G2増幅器の応答速度は非常に素早く、3 mmの錠剤や丸薬といった非常に小さなサイズを検出できます。錠剤がボトルに落下すると、DF-G2ファイバ増幅器に出力を発し、それにより錠剤の数を数え続けます。

  23. この用途を解決するために、バナーエンジニアリングは、D10Dエキスパートの技術に、小さな物体のカウント用に最適化された光ファイバアレイを組み合わせ、Q10エキスパートスモールオブジェクトカウンターを作りました。スモールオブジェクトカウンターの光ファイバアレイを事前に構成することで、シングルポイントの投光器と受光器の光ファイバアセンブリを使用する場合に比べ、アライメントと物体の位置決め制御の重要性が低くなります。これにより、小さな物体のカウントを確実に一定して行うことができます。

  24. 部品ビンへの信号の設置は、部品ビンの部品を常に確保し組み立てラインの生産性を維持するためのシンプルなソリューションです。EZ-LIGHT K80コールライトは、部品がなくなる前にオペレータが点灯する、大型の照光信号です。K80は赤色で点滅して、ストック担当員にサプライの追加を指示します。フレキシブル生産環境では、オペレータステーションと作業セルが、組み立てラインと製造ラインへの迅速な変化に対応できることが必要です。

  25. WORLD-BEAM QS18LD反射モードレーザーセンサは、パッケージがコンベアに移動する際の検査を正確に実施するために使用することができます。センサは、パッケージを密封するために使用するテープに向かって可視性のクラス1レーザー検知ビームを発光します。ボックスの上部が正しく閉じられて密封されている場合、テープは受光器に検知ビームを反射します。

  26. 各ブリスターを確認するために、エリア検査用に設定されたiVuシリーズセンサを使用します。ブリスターパックを検査して、各ブリスターに含まれる錠剤が破損していないか確認します。

  27. 1台のVEシリーズスマートカメラを包装機の出口に置くことにより、複数列のブリスター包装シートを一度に検査できます。カメラは製造ラインの頭上およそ36 cmの所に設置され、LEDバックライトはラインの10 cm下に置かれます。

  28. あるグローバルなヘルスケア製品会社では、ビジョンマシンを使って液体薬剤に入っている粒状物質を検出していました。そして、マシンでは必要とされるレベルでの汚染物質の検出ができなくなり、人による目視検査に移行することになりました。混入する粒状物質は極めて小さいことが多く、製品品質を効果的に確認できるように社内のワークステーションに明るく均一な照明を設ける必要がありました。

  29. パッケージに日付/ロットコードが印刷されていることを確認するため、一致検査用に設定されたiVuシリーズのセンサを使用します。まず、データ/ロットコードの画像が1枚捕捉されます。そして、検査中に日付/ロットコードが記載されていないパッケージが検出されると、センサから不合格の出力が製造ラインに送信され、その製品は取り除かれます。

  30. 包装ライン上にiVuシリーズセンサを設置して、各ユニットに製品情報文書が入っていることを確認します。このセンサは一致検査用に設定されており、それぞれの医薬品のパッケージの中に製品情報文書が入っているか点検します。このとき文書の表が上に来ていれば、どの向きであっても構いません。このセンサは360度まで回転した文書を検出できます。

  31. 充填ステーションから搬出されたバイアルの栓が正しく差し込まれていることを確認するため、モーションエリア用途向けにセットアップされたiVu シリーズセンサが、バイアルの首に栓が差し込まれているか、栓の位置が正しい位置にありガラスバイアルがきちんと密封されているか検査します。栓がない場合や正しい位置にない場合、センサから製造ラインに不合格の出力が送信されます。

  32. iVu BCRセンサは、薬瓶とその添付文書が入れられた箱が並ぶコンベアの8~12インチ上方に設置します。iVu BCR産業用バーコードスキャナーによって添付文書に記載されたデータマトリックスコードが読み取られ、それが包装ラインの製品と一致しているか確認されます。不適切な添付文書が入っている箱や添付文書そのものが入っていない箱がiVu BCRの検査領域を通過すると、不合格の条件が検出され、製造ラインに出力アラームが送信されます。

  33. iVuシリーズ ビジョンセンサは、特定の品質基準を満たすように、材料を監視することができます。ユーザーは、製品のセットアップと監視を完全に制御することができ、素早くフィードバックを得ることができます。この用途に最も適した欠陥センサを含む、複数のセンサタイプが備わっています。

  34. このソリューションには、PresencePLUS P4 OMNI、標準の16 mmレンズ、同軸反射型LEDライトが使用されます。検査ファイルを作成するために使用した幾何学カウントツールが、画像全体で正常なバイアルのパターンをサーチします。このパターンは、バイアル開口部の内径および外径 (IDおよびOD) のエッジの輪郭を表すものです。バイアル内部の底からの反射を除去するためにマスクが使用されます。

  35. マルチポイント検査機能を持つバナーのiVu TGビジョンセンサは、TE (不正開封防止) バンドの検出および位置評価に最適です。この例では、TEバンドはキャップとボトルの首部分の両方を覆う位置になければなりません。TEバンドの位置が高すぎるまたは低すぎる場合やバンド自体がない場合は、不合格と見なされます。マルチポイント検査に対応したiVu TGビジョンセンサは、TEバンドがないボトルやバンドが正しく配置されていないバンドを同時に検出できます。

  36. 栓の位置を確認することは非常に重要です。バイアルが適切に密封されていなかったり栓の位置が正しくないと、製品の完全性が損なわれることがあります。ビジョン検査は、バイアル充填工程で密封品質と栓の位置を検査するためのフレキシブルで強力な、効率の高い方法を提供します。完全挿入の栓の場合は、バイアルの最上部と栓の最下部の距離が最小になる場所を検出します。

  37. PresencePLUS P4 COLOR OMNIビジョンセンサを使って、同じキャップのボトルが所定の数だけケース内に包装されているか確認します。ケース内に足りないボトルがないか、キャップが付いていないボトルはないか、間違った色のキャップがないかが検出されます。

  38. 連邦規制が厳しくなるにつれ、医薬品包装の品質の重要性がますます高まっています。PresencePLUS Pro COLORビジョンセンサはブリスターパックを検査し、正しい錠剤が入っているか、錠剤が破損していないかを確認します。空のブリスターや異物が含まれるブリスターも検出されます。

  39. プラスチック製のボトルがWORLD-BEAM Q12センサの下を通過するとき、限定反射型ビームによってキャップ付きのボトルが、キャップの色に関係なく識別されます。キャップがないボトルは製造ラインからはじかれます。Q12のレーザーのようなLEDビームにより、15 mm、30 mm、50 mmでの正確なカットオフが可能で、ボトルの内容物がキャップに間違われることはありません。

  40. PresencePLUS OMNIは透明なプラスチックボトルの首部分を検査して、日付/ロットコードが印字されているか確認します。さらにキャップが正しく取り付けられていること、ボトルの充填レベルが許容範囲内であることも確認されます。

  41. 作業員がキャップの色で判断しながらバイアルをトレーに入れた後、PresencePLUS P4 COLOR OMNIによってバイアルのキャップの色のパターンが適切であるか確認します。

  42. ガラスボトルが高速コンベア上を通過するとき、PresencePLUS P4 COLOR OMNIによってボトルの充填量が適切であること、栓が適切な色でボトルに完全に差し込まれていることが確認されます。デュアルエリア照明によって、検査が最適に行えるコントラストが生み出されます。

  43. 最近、業界がポリプロペン (PP) からポリエチレンテレフタレート (PETE) ボトルに転換したことで、主要な米国の通販施設がその履行プロセスを再評価するよう促されることになりました。2000個以上の赤色LEDセンサーを交換するということで、その施設はバナーに解決策を求めました。

  44. DF-G1センサは、限られたスペースでの梱包プロセスで、シリンジなどの小さなターゲットの検出用に容易に設定が可能です。バナーの強力なティーチおよび設定メソッドを使用すると、低コントラストおよび長距離用途を含む広範囲の用途に最適ゲインおよびしきい値を使用することができます。

  45. この用途では、半透明の注射器がフィーダボウル (図示されていません) 内で正しい向きに配置され、レールを降下して、組立と包装の次の段階に送られる前に準備されます。バナーSLMスロットセンサはこの用途に最適です。センサのハウジングには各フォークの先端部に投光器と受光器が装備されており、注射器が通過する完全に光軸調整された透過モードの検出ビームを生成します。

  46. 距離設定反射モードのWORLD-BEAM QS30は、様々な色のプラスチック製薬品瓶の有無を検出し、その情報を充填装置に中継します。

  47. 注射器がコンベア上を通過する際に、背景抑制機能を備えたWORLD-BEAM QS18が個別のバレルを検出し、その情報をカウント装置に送信します。