すべての医薬一次包装ソリューション

  1. インダストリアルIoT (IIoT) とは、センサなどの産業用装置をクラウドに接続する技術です。

  2. リモート監視を実施することで、機械、プロセス、および人員のパフォーマンスと効率性に関する理解を高めることができます。

  3. 予知保全では、機械から得るリアルタイムのデータを基に、より正確に機械のメンテナンスが必要となるタイミングを知ることができます

  4. リモート監視機能により、OEE算出に使用するデータを取得できるため、製造メーカーの施設における廃棄の原因の特定と解消を簡単に行えるようになりました。

  5. タンクレベルをリモート監視することで、効率性の改善と生産性・収益性の向上に役立ちます。

  6. IIoT技術によって、工場内の通信を改善し、機械と人員のプロセスを合理化します。

  7. 配線の削減、データ有用性の向上、リモート監視、簡単な装置交換、高度な診断など、IO-Linkには数多くのメリットがあります。

  8. バナーのワイヤレス振動温度センサは、秒速インチまたは秒速ミリメートル単位のRMS速度と温度を測定します。このセンサをできるだけベアリング近くに取り付けて振動や温度の増加を検出することで、機械の状態を監視できます。取り付けは簡単で、標準のブラケット、マグネット式ブラケット、または熱伝導性両面テープを使用できます。

  9. 監視するモーターの近くに、熱電対またはRTDセンサが装備されたFlexPowerノードが取り付けられました。センサデータは、中央制御ステーション取り付けられているゲートウェイに送信されます。温度のセットポイントは各用途の要件に合わせて設定することができ、ゲートウェイからディスクリート出力が行われます。そして、設定しておいた温度レベルが検出されると、ゲートウェイに接続されているスタックライトの赤色の光が点灯し、メンテナンスの必要性を作業員に知らせます。

  10. ワイヤレス製品によって港湾産業の予知保全が実現します。クレーン上にあるモーターやギヤボックスは大きい振動や温度変化にさらされた環境にあるため、劣化につながるおそれがあります。予知保全を実施することで、完全にそれらの装置が故障して突然のダウンタイムや利益の損失が生じる前に問題に対処して解決することができます。

  11. 広大な港湾を横切る石炭コンベアの回転部品をワイヤレス監視して予知保全に役立てることで、故障を防いで費用を節約し、さらにダウンタイムの短縮にもつながります。

  12. ある自動車メーカーで、デフロスターのグリッド線に欠陥があるとして、出荷されたリアウィンドウ製品が不合格になりました。そのウィンドウメーカーではデフロスターシステム全体での消費電流を測定して全体的な欠陥を検出する検査が行われていましたが、この方法では破損した1本の電熱線によるわずかな影響を検出することはできません。そこでこのウィンドウメーカーはミシガン州にあるオートメーション企業とパートナー提携して、それぞれの電熱線が仕様の温度まで加熱することを出荷前に確認できる検査設備を作りました。

  13. K50U超音波センサとQ45UワイヤレスノードをDXM100ワイヤレスコントローラとセットで使用することで、セットアップも結果の分析も容易に行え、ローカルまたはクラウドベースシステムによる監視が可能な、複数のタンクレベル測定用のワイヤレス監視システムを開発できます。

  14. EPAでは燻蒸剤とオゾン層の減少に関連性があるとして、多くの燻蒸剤の使用に制限を設けました。大規模な製粉所ではその代わりに年に3、4回高温処理を実施して、害虫を駆除しています。その際、製粉機内の温度は122° F (50° C) まで上昇します。熱膨張により設備や建物に歪みが生じるのを最小限に抑えるため、温度は徐々に上げられます。

  15. I/Oケーブルを敷設する代わりに、10~30V DC電源のSureCrossノードとバナー製T-GAGE温度センサを使用します。ホスト制御システムを使用すると、SureCrossゲートウェイはセンサに設定されている温度セットポイントに関連してデジタル出力でプラント制御室に温度データを送信します。その温度に基づいてモーターの電源が落とされるか、あるいは電源が投入されます。ワイヤレスマスター装置としてGateway Proを使用する場合は、データのロギングが可能であるほか、モーターの動作状態を表す数値が設定値を超えたときに保守作業員にアラートを送信することができます。

  16. グリドルが使用できる状態であることを確かめるため、調理面に向けられた非接触型のT-GAGE M18T温度センサによって、表面の温度が周囲温度より高いかどうかを検出します。ワッフルプレートが高温であると、生地が流し込まれて工程が続行します。プレートの温度が十分でないと、T-GAGE温度センサの出力で生地注入機構がトリガされず、プレートはさらに加熱されます。

  17. 監視対象となるバルブ群の排出管温度をより迅速に、より高頻度で、より効率良くまとめてチェックするために、FlexPower熱電対ノードとFlexPower電池モジュール一式を設置します。バルブやパイプの温度測定値は、中央に取り付けられたDXM100ワイヤレスコントローラにワイヤレスで送信されます。DXM100に集められたデータはSCADAシステムに転送され、そこで温度データの管理およびグラフ表示が行われます。

  18. SureCrossワイヤレスセンサネットワークでは、ロータリーキルンなどの回転式または可動式の機械からのデータ取得に関連する煩わしさがすべて排除されます。熱電対またはRTDによって取得された温度データは、FlexPowerノードからプラントのコントロールセンターにあるリモートゲートウェイに送信されます。データは常に同じ場所に集められて処理や解析が行われるようになっており、手動によるデータ収集作業や作業員への物理的な危険性はなくなります。温度データのロギングおよび解析が可能であるほか、キルンが予期せず停止したことを示す温度が測定されたときや過度に温度が上昇したときにアラームが発せられるように設定することもできます。

  19. バナーのDX99ノードは、熱電対またはRTDを用いたモーターベアリングの温度監視に使用できます。このセンサおよび無線は消費電力が少なく、電池の寿命は最高で3年間持ちます。このノードによって温度データが集中制御システムにワイヤレスで送信され、そこでロギングと解析が行われます。ベアリング温度が予期せず上昇した場合は、モーターが焼き切れたり設備が損傷する前にメンテンナンスの手はずを整えることができます。この環境での温度データの監視はリスクが高く困難であるため、ワイヤレス技術を使用しないという選択は実用性が低いと考えられます。

  20. 通常は土壌水分および気温の検知範囲は1マイル未満ですが、実地調査では2マイルまで信号がテストされました。マルチホップ無線とそのアンテナは地中深くに設置し、マスター無線は大型の全方向性アンテナと一緒に設置することで通信範囲を最大限に広げます。

  21. 温度湿度センサに直接接続される電池内蔵型SureCross FlexPower™ノードは、多額のコストがかかる配管やケーブル配線の必要がなく、複数のセンサ箇所のデータを手動で収集する必要もなくなります。IP67対応の電子機器と多種のフィルタを持つこの製品は、温室内の広い範囲の温度および湿度に適しています。

  22. 測温抵抗体センサがウォークイン冷蔵庫内の温度を検知し、SureCross FlexPowerノードにデータを送信します。そうすると今度はノードがそのデータをゲートウェイに送信し、温度が許容値を超えているとゲートウェイからアラームが発せられます。DX80 FlexPowerノードはIP67等級に対応した頑丈な設計で、低温環境でも問題なく機能します。

  23. 2個の熱電対が装備されたSureCross FlexPower™ノードを使用すると、ウィンドロウやスタックの深さが異なる2箇所の場所で温度を自動的に監視することができ、手動でデータを収集する必要はなくなります。

  24. SureCross装置を使って、温度、振動、圧力を監視できます。熱電対を最大3個まで装備できるモバイルFlexPowerノードでベアリング温度を監視し、ロギングのためにゲートウェイにデータを送信します。保守作業員はこの情報を考慮し、性能指標に基づいて機械のメンテナンス作業を行うことでダウンタイムを最小限に抑えることができます。

  25. 通常、ロータリーキルンやロータリーテーブルなどの回転式の設備で計測を行うためには、複雑で高額なケーブル配線システムが必要になります。しかし、十分な対策を講じて専門の設備を使っても、ケーブルのもつれや破損がなくなることはありません。SureCrossワイヤレスネットワークでは、ロータリーキルンなどの回転式または可動式の機械からのデータ取得に関連する煩わしさがすべて排除されます。熱電対によって取得された温度データは、FlexPowered SureCrossノードからプラントのコントロールセンターにあるリモートゲートウェイに送信されます。

  26. T-GAGE M18Tシリーズ温度センサは、温度を検出する非接触型の受動センサで、周囲温度より高い物体または低い物体を検出し、出力を作動する設計になっています。この用途では、包装材の折ぶたにホットグルーがあるかどうかをT-GAGE温度センサによって検出します。ホットグルーがある場合、工程はそのまま続行し、包装材は密封されます。ない場合は、その出力によってホットグルーを塗布するプロセスがトリガされます。

  27. バナーのT-GAGE M18T温度センサはホットシールの検証に最適です。このセンサは対象物から放出される赤外線エネルギーを検出し、0⁰C~300⁰Cまでの温度を測定します。この用途では、折ぶたに高温の接着剤があるかどうかをT-GAGE M18T温度センサによって検出します。接着剤があれば、その包装は製造ラインをそのまま進んでいきます。接着剤がない場合は、押し出しアームをトリガする出力によってその箱はコンベヤから落とされ、選別されます。

  28. 半導体ファブでは加工工場の複数の箇所で、2キロメートルに及ぶプロセス配管システムに沿って、温度、相対湿度、酸素レベルを監視する必要があります。この用途には、温度、相対湿度、酸素レベルを監視し、複数のモニタリング地点から成るロケーションを形成して中央制御地点に全データを収集し、SCADAシステムのインターフェイスとなるソリューションが必要です。このソリューションは、工場で働く従業員全員のために効率的で安全な作業環境を確保することにつながります。2キロメートルを超える地下トンネルの配管システムでモニタリング地点までケーブルを敷設するには莫大なコストがかかります。

  29. 大手の家具製造業メーカーでは、大規模な製造施設内にある多くの部屋で温度および湿度を監視して管理する必要があります。以前は手動でこれらのデータを測定しており、この作業は工場全体で一週間を通じて定期的に行われていました。このような手動による測定では特定の時点のデータしか得ることができず、データの取得作業に3時間以上かかっていました。これでは工場環境の管理に役立つリアルタイムの正確な情報は得られません。手動でデータを収集してファンシステムを制御するやり方は時間の浪費になるだけでなく、制御ミスによって保管場所にある木材、加工中の材料、完成した製品が損傷してしまうことがありました。

  30. クリニックの検査室では、高いスループットを維持するためにサンプルの処理を迅速に行う必要があります。テスト手順に遅れが生じると、ワークフローが中断されてしまいます。K50L2などのLEDライトは機械状態を知らせる働きをします。このライトによって検査室の作業員は早期にミスを修正し、サンプルを処理して、結果データを収集することができます。

  31. • ローカル表示だけでなく使用可能なデータを拡張• 迅速に対処するために必要な情報を取得• これまで取得できなかったデータに基づいた効率の向上を促す

  32. • ワイヤレス部品/サービス/引き取りコールシステムによる効率の向上 • 最大で18か所のワークステーションと6台のフォークリフトの接続が可能 • ワークフローを中断することなく重大な問題を早期に解決

  33. • 一目で機械状態が分かる表示 • 機械状態の情報をさまざまな装置に送信 • テキストメッセージまたはEメールで重要な状況をスタッフおよび責任者に通知

  34. • 部品がなくなる前に、過剰在庫にならないように組立ステーションに在庫を補充 • 部品補給を行うフォークリフトオペレータと組立工の間でリアルタイムの対話を実現 • 搬送効率の監視

  35. • 完成したパレットを組立ステーションから迅速に回収 • 組立ステーションからAGVへ直接通信できる • 所要時間のデータを用いたプロセス効率の向上

  36. • すぐに目に入る警告表示 • フォークリフトの交通量が多いエリアでスタッフのリスクを最小限に抑える • 視界が悪いエリアで通行の流れをスムーズにする

  37. • 忙しい工場の現場で即座に視覚的なコミュニケーションを実現 • 総合設備効率 (OEE) を計算するために機械状態およびその他のデータを収集 • テキストメッセージまたは電子メールで重要な状況をスタッフに通知

  38. • 小さい問題が重大な問題に発展して機械の性能やアップタイムに影響を及ぼす前に問題を特定する • 離れた場所から環境データを入手 • テキストメッセージまたは電子メールで重要な状況をオペレータに通知

  39. • 深刻な損傷または予定外のダウンタイムが生じる前に機械の問題を見つける • テキストメッセージまたはEメールで状況の変化をスタッフに通知 • 一目で機械状態が分かるローカル表示

  40. • 明確な組み立て指示により製造ミスを最小限に抑える • 再配線することなく組立ステーションを再構成および移動できる • 製造効率の向上と施設空間の有効利用

  41. 生産の部品量と産出量を監視することで、機械のオペレータや責任者は、プロセスや設備に関する重大なデータを得ることができます。このデータにより、生産ラインにおける問題の特定と解消をより素早く行えるようになります。

  42. K50L 50 mmドーム型インジケータライトは、無人シャトルバスのステータス表示に非常に役立ちます。これらのバスは、バスに搭載の技術を多様な天候条件にさらす野外環境において、短距離を走行します。堅牢なK50LインジケータはIP67とIP69K等級に設計されており、過酷な環境での水の浸入に耐えることができます。

  43. S22 Proシリーズのタッチボタンとインジケータによって制御パネルのデザインを簡素化することで、操作体験とパフォーマンスを改善することができます。Pro Editorソフトウェアは、S22 Proシリーズの持つ内蔵ディスプレイの機能性を拡大し、カスタムディスプレイを提供することができます。

  44. 効率性と生産高を最適化するには、単一のウェーハ成膜機における複数のFOUPの進み具合を密接に監視する必要があります。作業員はこういった機械の近くで、タワーライトの輝度の高い光を長時間受けながら作業する必要があり、これによって引き起こされる眼精疲労から、さらには身体的、精神的な疲労を被ることがあります。この用途をTL30ベーシックタワーライトを使って解決する方法を説明いたします。

  45. IO-Link通信機能付きのK50 Proタッチボタンは、作業員の視界にタクトタイムを表示するため、組立作業のペースを維持し、生産目標を満たす上で役立ちます。

  46. Performanceシリーズの一体型ワイヤレス圧力センサでは、ネットワーク対応の場所から大型の複合システムの圧力レベルを簡単に監視できます。

  47. 問題解決型のスマートセンサは、過酷な産業環境においても困難な検査を確実に実施し、在庫要件を縮小し、切り替えプロセスを加速化できるため、時間とコストの節約に役立ちます。

  48. 透明で光沢のある物体の検出は、最も困難なセンサ用途の一つです。光によってターゲットが溶解したり、光g不規則に反射したりするため、正確な検出が難しくなります。

  49. 遮光体は、センサに反射する光の量が少ないため、検出が困難です。特に、黒を背景とする黒いターゲット (ターゲットと背景の間のコントラストが低い) の場合、その困難さが増します。

  50. パッケージングでは、反射率の異なる鮮やかな多色のグラフィックがターゲットに含まれことがよくあります。さまざまな色が移り変わる場合には特に、このように多様なターゲットを確実に検出するのは困難です。

  51. レジマーク検出や高速部品集計といった多くの用途では、速い速度で移動するターゲットを確実に検出するのに十分な応答速度を備えたセンサが必要です。

  52. 配線の削減、データ有用性の向上、リモート監視、簡単な装置交換、高度な診断など、IO-Linkには数多くのメリットがあります。

  53. IP等級がより高く指定されている製品は、標準センサであれば簡単に損傷し、誤った読み取りを行ってしまう過酷な環境において、性能をより発揮できるように設計されています。

  54. 熱成形された透明のプラスチック製容器やトレイ、クラムシェルパッケージは、多様な製品の包装に使用されています。包装業者には前縁を検出するシステムが必要になります。

  55. さまざまな形状およびサイズの透明なガラスおよびプラスチック製ペットボトルの検出。洗浄環境、IP69K等級。

  56. ある機械メーカーで、複数の箇所で透明なペットボトルを確実に検出できるセンサを必要としていました。

  57. Q5Xレーザーセンサは、透明度の高いボトルから得られる信号が不安定である場合でも、ステージングエリアにボトルがなく、システムが次の容器レイヤに対応する準備ができているかどうかを確実に検出します。

  58. 高速のエア搬送システムで形状、サイズ、色、輪郭が異なる半透明のボトルを検出して隙間を把握するためのセンサソリューション。

  59. コンベア上でパッケージを確認してカウントするためのセンサソリューション。ティーバッグのようなフォイルおよびフィルムのパッケージ、多色のパッケージ材料。

  60. 過酷な化学洗浄環境で衛生的なセンサが必要とされる製薬・医療製造分野で透明なバイアルを検出するためのセンサソリューション。

  61. IP69K等級に対応した頻繁に高圧洗浄が行われる厳格な衛生環境で、食品充填用の透明ガラスジャーを検出するためのセンサソリューション。

  62. 製造ラインの切り替えで頻繁に変更されるボトルを検出するためのセンサソリューション。毎分800本のボトルを高温加工する高速ラベラー

  63. ボトルのサイズ、形状、色、半透明性が異なる場合に、反射板を使わず滞留を検出してラインプレッシャーを調整するためのセンサソリューション。

  64. コンベアベルト存在確認により前景抑制機能を用いてマイラーなどの反射性の食品包装紙を検出するためのセンサソリューション。

  65. 透明体感知モードのセンサを使用して、デネスティング工程中にプラスチックトレイを適切にステージングします。

  66. 早いレスポンスが必要とされる高速処理と厳しいライトコンディションで、半透明で反射性のあるガラスバイアルをカウントするためのセンサソリューション。

  67. 広い検知範囲で透明なプラスチックボトルの詰まりがないかコンベアを監視するためのセンサソリューション。

  68. さまざまな形状の起伏がある透明プラスチック容器をカウントするためのセンサソリューション。

  69. 高い反射性の表面と円筒形の形状を持つリングをコンベアベルト上でカウントするためのセンサソリューション。

  70. 高速設備を使って大量の材料加工が行われる工程で、半透明プラスチック袋の連続ウェブのミシン目を検出するためのセンサソリューション。

  71. 無菌のステンレス鋼環境で、透明な液体が充填された円形のガラスバイアル瓶を検出するためのセンサソリューション。

  72. 長距離の検出能力が求められる自動車組み立てラインでムーンルーフの存在を検出するためのセンサソリューション。

  73. 正確な前縁検出により高速用途で透明なガラスバイアルおよび瓶を認識するためのセンサソリューション。

  74. 設備が定期的に高温にさらされる清浄な産業環境でコンベア上にあるガラスの低コントラストエッジを検出するためのセンサソリューション

  75. 数多くの監視箇所がある長いボトリングラインで透明な液体が充填された半透明のボトルを検出するためのセンサソリューション。

  76. 早いレスポンスが求められる高速システムで色と半透明性が異なるプラスチックボトルを検出するためのセンサソリューション。正確な分類。

  77. IVバッグ、ガラスバイアル、シリンジや医薬品包装を検出するためのセンサソリューション。充填レベル検査によって製品の内容量が正確であることを確認。

  78. サイズや形状、色、表面が異なる、倒れた半透明ボトルの検出。複数の場所で監視する大規模なシステム、倒れたボトルをすばやく除去。

  79. 製造ラインの複数の箇所に小さい設置スペースで検出するためのセンサソリューション。反射性の缶を正確に検出することで製品のスムーズな流れを維持。

  80. サイズ、形状、色、半透明性、材料が異なるボトルを検出するためのセンサソリューション。定期的に過酷な洗浄にさらされる設備。

  81. 定期的に洗浄にさらされる設備の洗ビン機で、サイズ、形状、色、輪郭、半透明性が異なるボトルを検出するためのセンサソリューション。

  82. 食品産業のホッパーと充填ステーションでQ4Xがどのように透明なプラスチックトレイを検出するのかご紹介します。

  83. Hamer, LLCはミネソタ州にある多用途の自動印刷装置メーカーで、世界中に導入実績があります。ペットフードからペレット燃料まで、Hamer製の機械によってさまざまな重さと大きさの多様な製品が、1分当たり最大60袋のスピードで包装されます。このようなHamer製の装置に不可欠な要素のひとつは、高速で通過する包装材に記載されたマークを検出できるレジマークセンサです。マークが検出されると、包装材が所定の位置で切断され、廃棄部分が取り除かれてすべての包装袋が均一にできあがります。

  84. バナーのQ3Xは多用途の頑丈なレーザーコントラストセンサで、レジマークの検出用途に最適です。レーザースポットが小さく300 mmまで検出可能なQ3Xは、小さい白色のレジマークを確実に検出できます。Q3Xによって白色のレジマークが検出されると明暗度の読み取り精度が上がり、ディスクリート出力がトリガされて、白色のレジマークが存在すること、適切な包装が製造ラインを進んでいくことが知らされます。

  85. 高速かつ低コントラストのバナー製R58 Expertレジマークセンサは、ラベルが正しい位置で適切なタイミングで正確に切断されるように、ラベルが高速で通過するときにラベルに記載された見分けにくいレジマークを検出します。頻繁なラベル変更に対応するため、このセンサのLEDには複数の色が用意されており、コントラストを最適化するために最適な色がそのつど自動的に選択されます。

  86. 高い色分解能を持つバナー製R58 Expertレジマークセンサは、10 kHzの高速スイッチング周波数に対応した高性能センサで、通常は検出が困難な継ぎ目やその他の欠陥を高速で検出します。高感度のR58 Expertセンサでペーパーロールの目立たない継ぎ目を検出することで、印刷工程で継ぎ目の部分が印刷されないようにします。

  87. 空のチューブが製造ラインを進んでいくとき、歯磨き粉が充填されて封止される前に可視光センサでチューブに記載されたレジマークを検証することができます。バナー製の高速R58可視光色差センサはレジマーク用途向けの極めてパワフルなセンサで、高光沢で低コントラストの表面にあるマークも容易に読み取ることができ、広い色範囲全体の2パーセントほどの低い色差も検出します。

  88. バナー製R58 Expertレジマークカラーコントラストセンサは、レジマークを高速検出できるスイッチング周波数10 kHzの高性能センサで、チューブ位置検出の用途に最適です。高光沢の表面やコントラストが低い状況でも、R58 Expertでは充填済みチューブのレジマークを容易に検出してどの方向に向けるべきかを判定できます。

  89. バナーエンジニアリング製R58B Expertレジマークセンサは、ウェブ上のレジマークの位置を確認する働きをします。それに応じて機械の送り込み設定を少し調整すれば、ラベルは適切な位置で切断され、すべてのラベルが均一かつ完全に作成されます。ラベルが適切に切断されていなかった場合、そのラベルを瓶詰めラインから除去する作業によってダウンタイムと材料の無駄が生じ、相当のコストがかかります。このような場合にスループットを急激に向上するには、使いやすい高速のセンサが必要です。

  90. 3 4月 2019

    レーザー測定ソリューションは、受注処理用途におけるパッケージ仕分けを高速化して失敗率を抑制するため、最終的にコストの削減と収益の最大化に役立ちます。

  91. 生産性を犠牲にすることなく高レベルの安全性を確保するための、容易に導入できる機械/周辺防護用ソリューション。

  92. Industrial safety controllers provide an interface between safety devices and the machines and processes those devices monitor for an easy-to-use safety control solution.

  93. The point of operation on a machine is where the work is performed. Because workers are in close proximity to pinch points, safety is critical.

  94. Perimeter guarding applications require guarding on multiple sides of the machine. Meanwhile, access guarding protects an access point into the hazardous area.

  95. Operators must be able to safely start (initiate) machine processes as well as safely stop them in an emergency.

  96. Safeguarding palletizer machines present many challenges to keep personnel safe and maintain efficient production. The new SGS Safety Grid with muting arm bar kit protects the dangerous robotic machinery while allowing boxes to pass through the Grids without stopping production. The muting arms can recognize if anything other than a box passes through the Grids and will trigger a machine stop on the palletizer.

  97. ボトルには多大な圧力がかかっていて、炭酸飲料やジュースなどの腐食性液体が含まれていることがあるため、パレタイザの安全防護は容易ではありません。衛生仕様のエンクロージャによってライトカーテンを腐食性液体から守り、衛生要件を満たしている場合は、センサの性能に影響が及びません。

  98. ミートスライサーに取り付けたセーフティライトスクリーンによって、マシン動作中に鋭利な刃から作業員を守ります。これは頻繁に化学洗浄にさらされる過酷な環境です。衛生仕様のエンクロージャを持つEZ-SCREEN LSは作業員の安全を確保する一方で、水や化学的な損傷からライトスクリーンを守ります。

  99. Algus Packaging Inc.はヒートシールおよび熱シール・成形包装産業におけるリーディングカンパニーです。高性能シーリング機の設計、開発および製造のほか、熱成形包装、包装業務請負の包括的なサービスを提供しています。Algusが提供している機械およびサービスは、現在および将来のニーズに応じて変更および拡大できるようになっています。

  100. EZ-SCREEN LSセーフティライトカーテンには DIPスイッチはなく、エンドツーエンド検知が可能で、自動設定機能によって容易に設置できます。サイドマウント用ブラケットを使用してすばやく簡単に設置することができ、さらにEZ-SCREEN LSアレイの前側から調整することで、セットアップにかかる時間が短縮されます。機械のアップタイムを最大限に高め、修理や交換の費用が削減されるため、企業の競争力維持に役立ちます。

  101. バナーエンジニアリングのEZ-SCREEN LSは、自動カスケード機能によって危険に対して複数のアクセスポイントを防護する際の問題に対処できます。この高度な機能により、最大で4セットのライトスクリーンを、サイズや解像度に関係なく直列接続することができます。そのために必要なものは、制御キャビネットと接続するための1本のケーブルと、シングル/デュアルチャンネルのセーフティインターフェイスひとつのみで、パネルスペースを節約できます。

  102. LSライトカーテンは、機械の安全対策に使用する直感的で使いやすい安全装置です。製造とパッケージングの両環境に共通して見られる課題に耐えられるよう製造されています。LS-Sモデルでは、PCソフトウェアやDIPスイッチなどの装置を使わずに、素早く簡単に構成することができます。視認性の高い光軸調整インジケータと直感的な診断ツールが備わっているため、セットアップとトラブルシューティングを実施しやすく、システムダウンタイムを最小限に抑えることができます。

  103. バナーのXS26-2は使いやすい多用途の安全コントローラで、その直感的なプログラミング環境を利用することで、現在の機械工程に対処するだけでなく、機械オートメーションの拡張や変更に応じて最大で8台までのI/O拡張モジュールを追加できる柔軟性があります。多岐に渡る安全機器に対応しているため、複雑な用途の場合にも短時間で設定してコントローラにダウンロードすることができ、効率的な機械のコミッショニングに役立ちます。

  104. バナーのXS26-2拡張性安全コントローラは、複数の工程がある大規模な機械を含め、多様な種類の機械に合わせて適応できるスケーラブルな安全ソリューションです。最大で8台のI/O拡張モジュールを追加できるため、複数の危険個所やアクセスポイントがあるような設置面積の広い機械にも適応します。また、直感的に使用できるプログラミングソフトウェアには、あらかじめ設定された安全機能やロジックブロックが用意されています。

  105. バナーのSC26-2は、直感的なプログラミング環境を持つ、使いやすくフレキシブルな安全コントローラです。このプログラマブル安全コントローラを使うと、すべての安全機器を1台のモジュールで管理できます。SC26-2は安全機器の状態をイーサネットIPを通じて知らせる一方で、タワーライトを制御して安全機器の状態を視覚的に表示します。ベースコントローラにある26の入力のうち8つを出力として設定することができ、効率的なターミナルの利用が実現します。

  106. このソリューションには、隙間のない連続的なエンドツーエンド検知が可能で、機械開口部の中にぴったり収まるセンサが必要です。その場合、機械の危険箇所から最小の距離でライトスクリーンを設置することができ、据え付け面積も最小となるため (作業員の接近を削減)、作業員が引っかかったり外観を妨げることはなくなります。バナーのEZ-SCREEN LPセーフティライトスクリーンのサイズは28 mm x 26 mm (1.1" x 1") と非常にコンパクトで、狭いスペースにも取り付けできます。

  107. バナーEZ-SCREEN® シリーズのセーフティライトカーテンシステムは、溶接設備の過酷な要件に対応した確かなソリューションです。複数のセグメントをカスケード接続 (直列接続) できるため、このような水平/垂直セットの設定でも標準ハードウェア (非マスター/スレーブモデル) を使って容易に導入できます。

  108. Type 2 EZ-SCREENセーフティライトスクリーンは、回転棚の可動部に手や指が当たったり挟まれたりして擦り傷や打撲傷を負わないように守る働きをします。

  109. Type 2 EZ-SCREENセーフティライトスクリーンを使って、可動部品があるチップシューターへの開口部を防護します。防護しないと、痛みが伴う一時的な怪我をするおそれがあります。

  110. 2個のアングルミラーによってEZ-SCREENセーフティライトスクリーンポイントの投光器から受光器へビームがはね返され、1つのポイントが2ポイントの働きをします。

  111. ロボットワークセルのオープンになっている2つの面にEZ-SCREENセーフティライトスクリーンをL字型に連結またはカスケード接続して、アクセスポイントの垂直面 (安全距離を減少) および水平面 (連続検知) をガードします。EZ-SCREENライトスクリーンは最大で4セットまで接続できます。

  112. 広い範囲をカバーするEZ-SCREENグリッドセーフティライトスクリーンが、作業エリア周辺を経済的に防護します。このグリッドは危険要因から十分に離れているため、人や物体がグリッドを通過したときも動作を停止する時間を確保できます。

  113. パイプベンダーのワークセル周辺をガードするために、自立型のコーナーミラーを2台設置し、検知領域を投光器から周辺領域の角を回って受光器まで反射させます。1セットの投光器/受光器でエリアの複数の側面をガードするため、コーナーミラーを使ってEZ-SCREENセーフティライトスクリーンの検知範囲を最大限に利用できて経済的です。

  114. EZ-SCREENセーフティライトスクリーンは、固定ブランキングと縮小分解能 (フローティングブランキングとも呼ばれる) により、平らな箱を機械内に搬入させます。固定ブランキングによって箱が無視され、縮小分解能によって箱の高さのわずかな違いが無視されます。箱の供給が止まり、固定ブランキングエリアに何もない状態になると、EZ-SCREENライトカーテンは機械を停止させて作業員が安全に箱を補充できるようにします。

  115. EZ-SCREENグリッドでガードされている危険区域内に続くコンベアに沿って車が走行します。車が危険区域に接近するとEZ-SCREENグリッドがミューティング機能によって一時的に無効になり、コンベアを停止することなく車は通過します。グリッドのミュート中、作業員がインターロックされたブレークアウェイガードを通って危険区域内に入り、作業員が危険な状況になり走行する車に衝突するリスクがあります。

  116. このような用途では、機械オペレータはウエハキャリアステーションにアクセスする必要があります。EZ-SCREEN ESDセーフティライトカーテンシステムの投光器、受光器、ミラーを使ってステーションの3つの面を囲むように設定して、工程およびオペレータを安全防護します。物理的な柵よりセーフティライトカーテンの方が簡単にすぐにアクセスすることができる一方で、オペレータが危険ゾーンに入ったときには機械動作を止める働きをします。

  117. この例では、2人の作業員が取り付けおよび取り出し作業を行うため、熱カシメ機の両側にガードが必要になります。そこで、ステーション両側のそれぞれに2台のセーフティライトスクリーンを設置して作業員を保護します。1台は48"の角度の垂直なライトスクリーンとしてエリアガードを行い、もう1台は12"に傾斜したライトスクリーンで工具の取り付けおよび取り出しを行う作業箇所を防護します。

  118. スイープバーの動きからデパレタイザの作業員を防護するために、EZ-Screen LPsタイプ4のセーフティライトスクリーンを使用します。スイープバーから作業員を防護するため、14mmのビーム間の分解能で作業員の接近と怪我を防ぎます。作業員や何らかの物体によってEZ-Screenのビームが遮断されると、危害が及ばないようにスイープバーの動きが停止します。この薄型のライトカーテンは機械に容易に取り付けることができ、セットアップにPCや追加設備は不要です。

  119. 極めて堅牢なバナーのEZ-SCREEN LSは、 ヘビーデューティー設計の押し出しアルミニウム製IP65/67等級ハウジング、金属製エンドキャップ、埋め込み式の窓によって、材料の除去および不測の衝撃による衝突から守られています。さらに、12メートルの検知範囲により大型プレス機の防護が可能になり、オイルや埃の堆積による光学的な劣化の問題を回避できるため、機械に埃やオイルが堆積してシステム性能が低下することはありません。

  120. EZ-SCREENミューティングライトカーテンはパレットのスムーズな流れを確保しながら危険なエリアを防護し、誰かがその空間に入ってくると機械を停止します。EZ-SCREENのミューティングオプションによって機械を停止したりリセットすることなくパレットが搬送され、製造ラインのスピードが落ちることはありません。飲料品産業では、組み立て工程をスムーズに進めるためにミューティングオプションが必要になることがあります。

  121. この用途では、作業員が入らないように危険なワークセルを完全にガードします。部品および材料をエリア内に効率良く搬送するために、入口と出口の領域はオープンにしておく必要があります。この領域の前側にEZ-SCREENセーフティライトスクリーンを設置して、作業員がこの領域に入ってきたり通過しようとしたときに機械の危険な動作を停止します。

  122. 複数の危険箇所があるため、パレタイザおよびストレッチ包装機周辺エリアの安全防護は容易ではありません。スケーラブルな安全コントローラがパレタイザおよびストレッチ包装機に関連する危険を管理すると同時に、効果的な安全防護工程を確保します。

  123. 熱シーラー内部の危険な領域から作業員を守るマグネットスイッチについてご紹介します。

  124. An LS Series safety light curtain with a mute arm kit in T-configuration combined with an XS26 Series safety controller is an easy-to-implement solution that protects staff from potential hazards without disrupting the flow of pallets to the depalletizer.

  125. An SLC4 safety light curtain safeguards a small access point on a compact machine without disrupting access or operation

  126. A robotic weld cell is protected on multiple sides by hard guarding. Between work cycles operators must be able to access the weld cell to retrieve completed work pieces and load new material. Used to safeguard access points to the weld cell, an SX5-B safety laser scanner can increase machine uptime and productivity.

  127. Pallet transfer conveyors are used to move heavy loads to the shipping area. Both the pallets and the conveyor pose risks for accident and injury and must be safeguarded. An SX5-B safety laser scanners safeguards the loading and unloading stations on the conveyor and enables a continuous flow of pallets through the system.

  128. Learn how SI-RF Series safety switches can be used to monitor multiple guard doors, ensuring the highest levels of safety, and making it easy to identify and resolve issues.

  129. An SC10 Series safety controller replaces the functionality of three safety relays with one compact, cost-effective device offering intuitive operation and advanced capabilities.

  130. 追跡ソリューションは、コードをスキャンする装置の信頼性にのみ依存するため、信頼できる識別技術を選択することが重要です。バナーのトレーサビリティーに関するソリューションについて。

  131. リコールは実際に発生するものであり、それが発生した場合には、メーカーは迅速な対応によって影響のある製品を特定し、タイムリーに回収を開始することで損害を最小限に抑えることが重要です。

  132. 食品包装施設では、製品のバーコードを複数のポイントで確認することで、品質に問題のある製品を迅速に特定・隔離し、安全なフードチェーンを確保しています。

  133. 医薬品のトレーサビリティは、偽造品の排除、患者の安全性の確保、法規制の遵守などのために必要です。

  134. WIP (仕掛品) 追跡とは、効率性、正確性、トレーサビリティを確保するために、製造プロセス全体を通して生産中の各アイテムを追跡することを指します。

  135. DPM (ダイレクトパートマーク) とは、部品の表面に直接エッチングまたは印刷されたコードを指します。劣悪なコントラストでは、読み取りが非常に困難な場合があります。

  136. 回転域検出機能付きのiVu BCRバーコードリーダーは、製品パッケージのバーコードを読み取り、熱密封を行えるようにパッケージが正しく配置されていることを確認します。

  137. ある自動車サンバイザーメーカーは、各自動車ブランドの組み立て業者に製品を出荷する前に、すべてのサンバイザーの安全ラベルにデータマトリックスUVバーコードが印字されているか確認する必要があります。お客様は、目に見えない2次元データマトリックスバーコードを読み取り、そのデータをイーサネットIPからトレーサビリティ/エラー検査を行うPLCに送信する方法がないかバナーに相談しました。

  138. バーコードのスキャンおよび検証には、バナーのTCNM線形バーコードスキャナを推奨します。多くの一般的な線形バーコードシンボルを解読することができるこのスキャナは、製造ラインでの効果的なボトルの流れの維持に役立ちます。TCNMリニアセンサを使うと、正しい製品をリアルタイムで確認する作業を自動化できます。

  139. ABRシリーズのバーコードリーダーはより小さなコードをより広いターゲットエリアでより遠くから読み取ることのできる高い解像度を備えているため、荷物追跡アプリケーションの解決に使用することができます。1.3 MPと2 MPの解像度を備えたABR 7000モデルに偏光機能が搭載されたため、反射面やグレアがあるターゲットでのパフォーマンスが向上しています。バナーの最高解像度カメラであるVEは、オリジナルのビジョンカメラ限定モデルのほかに、バーコード読み取り限定モデルでも提供しています。このため、VEシリーズはバナーの製品ポートフォリオの中で最も高解像度のバーコードリーダーとして、複雑なアプリケーションをより最適に解決するために設計されています。

  140. バナーのABRバーコードリーダー ABRシリーズは、2MP (1600 × 1200ピクセル) の撮像装置を搭載したバーコードリーダーで、小さなバーコードや複雑なバーコードを幅や視野が広くても確実に読み取ることができ、流通センターでの説明責任と効率的な荷物の流れの管理に役立ちます。ABRバーコードリーダーは初期設定のままスキャンすることができ、デバイスで直接コードをティーチングできるようにスマートティーチ用のプッシュボタンが備わっています。

  141. バナーのiVu BCRはリモートディスプレイ付きの使いやすいバーコード読み取りソリューションで、製品のラベルの確認に使用します。iVu BCRモデルでは、フル分解能が必要な小さいバーコードを読み取るための精密検出モードと、スピードが求められる用途向けの粗検出モードの2つのモードを使用できます。

  142. 薬瓶のラベルには、線形バーコードと2次元バーコードの両方が記載されています。PresencePLUS P4 BCRは2つのコードを同時に読み取り、正しいか検証します。

  143. PresencePLUS P4 BCR工業用バーコードスキャナは、携帯電話部品に貼られた小さい2次元バーコードを読み取って検証します。

  144. バーコードリーダーツールを備えたProは、医薬製品を識別および追跡することで連邦規制への適合性を強化します。

  145. 低コントラスト環境でバーコードを検出するには、UVリングライトを備えたiVu BCRが最適なソリューションです。iVuはUV照明と組み合わせて一体型のソリューションを形成し、透明なラベルのコントラストを改善してバーコードを検出しやすくします。

  146. PresencePLUS P4 BCR工業用バーコードリーダーは、金属歯車に刻印された小さい2次元バーコードを検出および検証し、製造工程中および現場で追跡できるようにします。

  147. 多くの郵送用途でiVu BCRを使用することで、ダイレクトメール業者は複数の小さい仕分け工程を大きい工程にまとめることができます。

  148. バーコード検査プロセスの構成や監視のためにロボットの動作を停止するのは困難であり、コストがかかります。リモートディスプレイ付きのiVu BCRバーコードリーダーは、センサから最大16 m (50 フィート) 離れた場所に設置できるため、ロボットの動作中にリモート監視やトラブルシューティングを行うことができます。

  149. PresencePLUS Proバーコードリーダーは、金属部品に刻印された2次元バーコードを検出して検証します。多様なバーコードに対応しているだけでなく、見えにくいコードも検出できます。

  150. 部品のトラッキングには、線形バーコードと2次元バーコードの両方が使用されます。高分解能のPresencePLUS P4 BCR 1.3は2つのコードを同時に読み取り、正しいか検証します。

  151. 出荷用コンテナにバーコードのラベルを貼っておけば、どの製品があり出荷準備が完了しているのかを簡単に把握できます。その際、シュリンク包装された最終製品に正しくラベルが付けられているか、内容物が一致しているかを確認するための検出ソリューションが必要になります。

  152. 25 mmマイクロレンズ付きiVu Plus BCR Gen 2は、手持ち式のバーコードリーダーに代わって、自動車トランスミッションに印字された高密度で読み取りにくいQRコードからデータを収集します。WL50S高輝度LEDスポットライトがターゲットエリアを明るく照らします。

  153. バーコードの位置はコンベア上の各ボックスの位置によって異なり、ボックスの高さも変わります。ABR 7000バーコードリーダーは、1回の検査で広い範囲の複数の1次元および2次元バーコードを、その位置や方向に関係なく解読します。

  154. 包装された青果物はサプライチェーン全工程でバーコードを使って追跡されており、そのバーコードには包装中の複数のポイントで検証される重要な商品情報が含まれています。ABR 3000バーコードリーダーは、各パッケージのバーコードの有無とそれが正しいものであることを確認します。

  155. DPM (ダイレクトパーツマーク) コードは小さく複雑で、刻印された材料との区別が困難な場合があります。ABR 7000バーコードリーダーには、このような低コントラストとDPMの困難な用途を解決するために特別に設計されたモデルがあります。

  156. 薬瓶の2次元コードは、製品回収などの品質保証のために適切に検証されることが重要です。

  157. 電子機器の組み立てラインでは、小さな2次元のDPM (ダイレクトパートマーキング) コードを確実に識別し、読み取ることが不可欠です。情報が密に埋め込まれたこれらのコードは、シリアル番号や製造日などのコンポーネントレベルのデータを追跡します。

  158. Pick-to-light devices from Banner Engineering create a versatile, scalable solution to improve the efficiency and accuracy of a wide variety of picking applications. We help you identify a light-guided picking solution to match your application requirements, from small assembly stations to large order fulfillment racks.

  159. Pick-to-light systems support lean manufacturing initiatives by reducing the risk of human error in production and assembly processes.

  160. Put-to-light solutions improve the efficiency and accuracy of stocking and replenishment activities and can help prevent downtime by reducing delays due to misplaced or incorrect parts.

  161. Light-guided kitting and sequencing solutions allow operators to focus on building high-quality products while maintaining efficiency.

  162. Quick, accurate picking increases customer satisfaction by ensuring that customers receive the correct order in a timely manner.

  163. A Henshaw customer manufactures drivetrain and powertrain systems for the automotive industry. The company had experienced productivity losses due to errors in the assembly of transmission valve bodies. Henshaw was tasked with developing a system that would reduce errors and improve the assembly process.

  164. Banner’s fixed-field K50 indicator detects gloved hands , sensing when operators select the correct parts during the kitting process. The K50 indicator’s logic function is then able to notify the operator that he/she picked correctly by changing from green to yellow—additional colors can be selected to suite to the manufacturer’s preference. The K50’s ability to detect black gloves is especially important for lean manufacturing processes where workers typically wear dark gloves.

  165. Banner’s K50 Optical Pick-to-Light series is a compact, self-contained, three color indicator with integral sensor. Green typically indicates which part to pick, and when the internal sensor detects the hand, the indicator changes to yellow to confirm the task is complete. An optional third message is to display red for a mispick.

  166. The system controller issues an instruction to pick an item from a particular location. The controller turns on the PVA’s job lights at the specified location. The job lights go off when an item from that location is removed. If multiple items are required from one location, the job light stays on until the correct number of items are removed. The bright light of the EZ-LIGHT PVA pick-to-light sensor makes it possible to see which part to pick from a distance, saving time.

  167. A pair of EZ-LIGHT PVA pick-to-light sensors are mounted to a rack on either side of a bin. In response to a signal from a process controller, the PVA illuminates to show the assembler which part to pick next. When the assembler's hand enters and leaves the bin, the controller recognizes that the part is picked and lights up the PVA for the next bin in the pick sequence.

  168. The PVL provides 100% reliability over a large area and can be mounted directly to the racking profile. The PVL can also be mounted in a vertical or horizontal orientation to suite application needs. This versatility allows for a quick set up and quick and efficient processes.

  169. Several technologies and solutions are available for bin-picking applications for error-proofing processes. Light arrays prompt the operator for part selection with integral job lights, then reliably sense retrieval of the part, using an array of visible red or infrared sensing beams located in front of the bin.

  170. To reduce the risk of error in an assembly operation, a one-piece EZ-LIGHT PVD pick-to-light sensor is placed on the top rail of a shelf, looking down on the shelf opening. The PVD is interfaced with a process controller that is programmed to illuminate the PVD on the bin to pick. After the PVD detects that the assembler's hand has entered and left the bin, the controller signals the PVD on the next bin to pick.

  171. Each bin has an EZ-LIGHT VTB Verification Touch Button connected to a process controller programmed with each order manifest. The VTB's LED base glows to indicate which lens to select to fulfill an order. After selecting the lens, the worker places a finger in the touch zone of the VTB to verify the pick. The worker does not have to apply any pressure to, reducing the risk of repetitive motion injury.

  172. To reduce the risk of error in an assembly operation, a one-piece EZ-LIGHT PVD pick-to-light sensor with a 400 mm range is interfaced with a process controller programmed with the correct assembly sequence. The controller makes the PVDs light up in the correct order, to show the assembler which part to pick. After the PVD detects that the assembler's hand has entered and left the bin, the controller signals the PVD of the next bin in the pick sequence to light up.

  173. Each wide shelf is equipped with a one-piece EZ-LIGHT PVD pick-to-light sensor in retroreflective mode, which has a range of up to 2 m. The PVD lights up on the bin from which the worker should select the map to ship.

  174. After the operator selects a washer or shim from a bin, the operator places the washer on the corresponding illuminated EZ-LIGHT indicator on a rolling cart.

  175. In a book packing warehouse, the rack above each carton of books is equipped with a one-piece EZ-LIGHT PVD pick-to-light sensor. A worker fills orders by selecting the quantity of each book specified on the packing slip. To make it easier for the worker to find the cartons from which to pick books, the PVDs above those cartons are illuminated. The PVD detects the workers hand in the carton to verify that the title was picked.

  176. The EZ-LIGHT PVA pick-to-light sensors provide a reliable error-proofing solution for various operation systems. The light indicate to assemblers which items to pick and in which order to pick them.

  177. A supplier of door panels to a global car manufacturer wanted to implement a pick-to-light system to reduce errors and the lost time that results from picking the wrong part during assembly.

  178. A Banner wireless solution is a simple way to optimize inventory, reduce errors, and minimize waste. Each SureCross Performance Node with I/O Mapping can be equipped with up to six EZ-LIGHT operator indicator lights. The SureCross Gateway is conveniently located at a central location where maintenance personnel and management can monitor the parts consumption throughout the site.

  179. PTL110 pick-to-light devices on a multiproduct assembly station are a highly effective way to prevent errors and speed up build time. The optical sensors on PTL devices detect hands as they pass by, confirming that a pick was made.

  180. Manual kit building at large stations can be time-consuming and subject to human error, especially if storage racks are difficult to navigate. The PTL110 series pick-to-lights are scalable for large systems and highly versatile to complete numerous tasks.

  181. Banner’s K50 Series of single-point pick-to-light sensors are a simple, easy-to-use error-proofing solution in assembly applications. In this application, the job light is Green while the job input is active, indicating the correct bin for the next pick. The presence of the assembler’s hand initiates an output change of state, turning the job light red. The job light above the next pick location will then turn Green.

  182. The EZ-LIGHT K50 sensor lights above a bin to show the assembler which part to pick. If the assembler reaches into a different bin, that bin's EZ-LIGHT K50 sensor lights up in the designated warning color—in this example, red— to indicate the error.

  183. The EZ-LIGHT K50 sensor in retroreflective mode indicates that the next part in the assembly sequence is the sunroof. When the operator selects the sunroof from its wide bin, the K50 detects the pick.

  184. In an order fulfillment operation for a candy distributor, bins are equipped with EZ-LIGHT K50 sensors connected to a process controller programmed with the order. Based on the order, the K50 illuminates to show which items to pick. When the worker places a hand into the bin, the indicator detects the presence of the hand, and the controller triggers the K50 on the next bin to pick.

  185. Push-button EZ-LIGHT K50 pick-to-light sensors on a rack of parts light up to indicate which parts to pick. After picking a part, the worker pushes the button on the indicator light to verify that the pick is complete.

  186. Read more to learn how the Pick-to-Light Solutions Kit improved pick sequences and ensured a high level of quality assurance at mutiproduct assembly workstations.

  187. バナーは、最も過酷な環境でも使用できる耐久性の高い照明を提供しています。バナーの高性能LED照明は、5万時間を超える照光寿命を備え、その間のメンテナンスもほとんど要りません。長期間、障害なく動作することができます。

  188. 十分に明るい機械は、より簡単に監視、トラブルシューティング、およびメンテナンスできます。耐久性の高いLED照明は過酷な環境でも稼働できるように作られており、長年にわたり明るく照光し続けます。

  189. 適切な照明は、組み立てや検査タスク中にエラーが発生するリスクを抑え、時間とコストの節約にも役立ちます。また、作業員のエルゴノミクスの改善や眼精疲労の軽減にも役立ちます。

  190. コンパクトなLED照明はエラーの軽減に役立つほか、設備のキャビネットやその他のエンクロージャなどの狭いスペースにおけるメンテナンス作業を加速化します。

  191. 部品やコンポーネントを目視検査することによって、メーカーは問題を早期に特定し、無駄な時間やコストを最小限に抑えることができます。こういった用途では、適切な照明が不可欠です。

  192. EZ-STATUS装置には、白色とカラーのLEDが備わっています。この装置は、タスク表示とステータス表示の両方の機能を1台のユニットで実行できます。

  193. ある設備メーカーは自動車産業向けに検査・測定用機械を製造しています。オペレータは、制御キャビネットを使って機械システムにアクセスしています。キャビネットの強い照明により、機械のメンテナンスと管理を簡単に実施しています。以前は、このタスクには、AC接続の蛍光照明器具が複数使用されていました。

  194. バナーのWLS28 ワークライトストリップは、作業エリアやエンクロージャ内部を照らす、動作寿命が長く、耐久性を備えた白色光を放つ、エネルギー効率に優れたソリューションです。このLEDライトストリップは、非常に輝度の高い光で均一にキャビネットを照らすだけでなく、エンクロージャにも簡単に収めることができ、場内に備えられた電源に差し込むことができます。

  195. American Hoffmann Corporation chose WLB32 LED light bars to illuminate work areas, enclosures and control cabinets, replacing fluorescent light fixtures. The superior light distribution offered by the WLB32 LED lights lights, as well as the ease of installation were key factors in the company's decision.

  196. 白い光には青色の波長が含まれており、感光性材料に悪影響を与えるため、フォトリソグラフィープロセス中の照明は困難です。WLS15ストリップライトは、フォトリソグラフィー中に安全に使用できるように、2つの色を切り替えます。

  197. プリント基板組立機械の上方にEZ-STATUS付きWLS27マルチカラーLEDストリップライトを設置して、この頑丈で多用途の照明1台でエリア照明と状態表示を行います。機械の状態に何らかの変化が現れると、WLS27の役割は照明から状態表示に切り替わり、機械全体が対応する色で照らされます。このような表示灯を利用することで、オペレータが手元のタスクに専念しながらも機械状態の変化を見落とすことをなくすことできます。

  198. 自動化された臨床検査室内の機械照明によって、サンプルや設備を見たり使用したりする作業員をサポートします。このような環境では試験や洗浄の際に試薬や化学薬品が使用されるため、従来型の照明では対応が難しくなります。WL28-2はIP69K等級に対応し、化学薬品や洗浄に耐えることができます。

  199. CNC工作機械向けの照明ソリューションは、過酷な環境における耐薬品性と耐熱性を備えたバナーのLED高耐久機械照明の導入により簡単に解決できます。高輝度の照明は、IP68、IP68g、およびIP69K等級対応の耐油性、耐薬品性、耐水性を備えているため、CNC洗浄環境を含む多様な産業照明用途に最適です。

  200. バナーのWLS28 LEDライトストリップを使用することで、オペレータは適切に箱詰めされていない冷凍食品に気づき、最小限のダウンタイムで問題を解決することができます。この耐久性に優れ長持ちする白色光のライトは、カートナー内部の照明に適したエネルギー効率の良いソリューションです。IP69K等級に対応しているため、頻繁に機械洗浄が行われる環境でも問題ありません。

  201. 工場内で人と移動式設備が交差点を共有する状況では、事故が発生する可能性があります。マルチカラーライトを使って交差点を管理する方法をご紹介します。

  202. 製紙用乾燥機の内部を照明できれば製紙ラインの一般的な作業やメンテナンスに便利ですが、機械内部の高温と湿った環境により照明は困難です。WLH60の耐高温性LED照明は、最大100℃の熱への耐性を備えており、さらにIP67、IP68G、およびIP69K等級に対応しているため、耐水性、耐油性、耐薬品性にすぐれています。

  203. 緑色LEDのタスクライトがどのように製造材料の表面の欠陥を見つける作業で役立つのか説明します。

  204. 自動車の検査には、自動車部品を検査するためにグレアが少ないムラのない明るい光が必要です。照明を改善することで、作業員の生産性が向上し、眼精疲労を権限できます。

  205. 液体投与用医薬品の包装検査では人による念入りな外観目視点検が行われるため、明るく均一な照明を確保することが重要になります。

  206. フレキソ印刷における製品の検査では、照明によって印刷機のパフォーマンスの監視が左右されるため、視認性の高さが重要となります。HLS27 LEDストリップライトは、ディビジョン2危険区域で安全に機能するように設計されているため、フレキソ印刷機の周辺での使用に最適です。明るい光が印刷機能を照らすため、目視検査に役立ちます。

  207. バナーのWLB32産業ライトバーは、ワークステーションでの利用に理想的な照明です。高/低/オフ のスイッチを備えているため、オペレータは照明レベルを制御し、作業終了後にLEDライトバーの電源を切ることができます。WLB32は輝度の高い均一した光を発するため、作業員はコンピュータ操作を含むワークステーションでのさまざまなタスクを実行することができます。

  208. オン/オフ スイッチが備わったバナーのWLS28 ワークライトストリップは、作業エリアやエンクロージャ内部を照らす、動作寿命が長く、エネルギー効率に優れたソリューションです。このLEDライトストリップは、非常に輝度の高い光を均一に照らし、スペースに限りのある場所にも簡単に収めることができます。ワークライトは、場内に備えられた電源に差し込むだけで簡単に作動します。

  209. エネルギー効率が良く、簡単に設置できるWLB92は、さまざまなモデルにより、広範な用途のニーズに対応します。照明は非常に明るく、ロボットセルエリアを効果的に照らします。AC電気配線モデルは、セル全体に簡単に設置できます。高品質のWLB92 LED照明は、美しい外観を得るように設計されているだけでなく、産業環境でも十分な堅朗性を備えています。

  210. WLS27 LEDストリップライトは、このような困難な環境において明るく均一した照明を提供します。各照明は、飛散防止加工された耐水ポリカーボネート製シェルにより、環境的な障壁や腐食から保護されています。冗長的に密閉することで水の浸入を防止し、IEC IP66、IP67、およびIP69K等級に対応しています。コスト効率の良いこれらのLEDストリップライトは、低電力でメンテナンスフリーの鮮明な照明を、その5万時間を超える寿命期間中、提供することができます。

  211. 会社は、大規模な製品検査機器の複数のワークステーションに輝度の高い照明を提供する、コスト効率の良い照明ソリューションを求めていました。

  212. バナーエンジニアリングの高耐久性省エネWLB92は、倉庫全体に一定した照明を提供する、非常に明るい照明ソリューションを提供します。この工場用LED照明は非常に明るいく、統一した輝度を出力するため、照明数を抑えることができ、照明と設置時間にかかる総コストを削減することができます。

  213. バナーのWLB32産業LEDライトバーは、堅牢な金属製ハウジングと飛散防止照明カバーを備えており、産業ロボットセル環境に理想的です。WLB32の輝度は非常に高く、グレアもありません。バナーのLEDライトバーは、従来的な蛍光照明よりも優れた産業照明ソリューションです。蛍光照明の分散光が360度であるのに対し、このLEDライトバーの照明効果は120度で、指向性の照明効果があります。

  214. バナーのWLS27は耐久性に優れたLEDストリップライトで、特に困難な環境と限られたスペースで鮮やかで均一な照明を提供するように開発されました。これらの照明には、省スペース型の空気力学の原理を応用した設計が施されており、防護シェルに完全密封され、幅広い照明色オプションで提供されています。機械設計者は、照明に費用のかかる、または時間のかかる変更を適用することなく、作業エリアを照らすために最適な場所に、WLS27 LEDストリップライトを設置することができます。

  215. 高輝度の非常に明るい製造業向けの照明ソリューションを見つけるのは至難の業です。コンベアの広いエリアを正しく照らすには複数の照明が必要となるため、照明を簡単につなぐ取り付けオプションが必要です。

  216. Banner’s WLB72 Inspection is a very bright LED luminaire that features an even light output for a no glare glow. This LED light bar uses advanced LED technology to provide a high-quality and maintenance free industrial lighting solution. The unique lensing provides a dark-to-light-to-dark transition on a vehicle surface suitable for detailed inspection tasks.

  217. The WLS27 Pro with IO-Link is one of two new models of the WLS27 Pro series strip light. It now includes programmable RGBW LEDs for use in indication, illumination, and inspection applications. Learn how the WLS27 Pro with IO-Link provided operators the necessary information and illumination to decrease product changeover times and maximize productivity.

  218. The WLS27 Pro with discrete control and configured by Banner’s Pro Editor software is one of two new models of the WLS27 Pro series strip light. It now includes programmable RGBW LEDs for use in illumination, indication and inspection applications. Learn how the configurable WS27 Pro provided forklift guidance for warehouse operators.

  219. 機械ステータスインジケータによって工場内の通信を改善することができます。機械ステータスインジケータは、問題への迅速な対応を可能にするため、ダウンタイムの軽減と生産性の向上に役立ちます。

  220. 局所表示ソリューションでは、オペレータと工場マネージャーの目線で視認性の高いステータスを表示することができます。

  221. 明るくカラフルなLEDインジケータとワイヤレス技術を組み合わせることで業務をリモート監視することができます。あらゆる場所でリアルタイムに見識を得られるため、トラブルシューティングを加速化できます。

  222. 高度なプログラミング機能を備えたLEDインジケータは、充填レベル、タクトタイム、機械の中間状態などの動的なステータスを表示できます。

  223. EZ-STATUS装置には、白とカラーのLEDが備わっています。この装置は、タスク表示とステータス表示の両方の機能を1台のユニットで実行できます。

  224. 自動車製造で生産目標を達成するには、効率性を最大化することが非常に重要となります。組立ステーションで遅延が発生すると、その下流におけるプロセスが停滞し、高額な時間の浪費と生産目標の達成不可につながります。TL50 Proタワーライトを使えば、組立担当者は期待されるサイクルタイムを満たせるようになり、総合的なタクトタイム要件をサポートできるようになります。

  225. TL50 Proタワーライトは、高度なアクションモード照明パターンを使って、メンテナンス手順が進行中であることを明確に示すことができます。

  226. トラック洗車ステーションを通過するトラフィックはインジケータライトによって直感的に誘導されるため、洗車場を通過する車両のフローを効率化することができます。しかし、高圧洗浄、洗剤、そして屋外環境といった条件により、ステータス表示は困難です。WLS27のセグメント式ストリップライトが従来的に使用される信号より優れており、トラック洗車ステーションの効率性を改善できる理由についてお読みください。

  227. S15Lシリーズ インラインセンサステータスインジケータは、電源と出力ステータスを表示する2色表示灯です。インライン接続のオーバーモールド設計と輝度の高い表示により、出力機能を備えたほとんどの4ピンまたは5ピン装置に適用できるコスト効率の良いソリューションを作り出します。

  228. バナーエンジニアリングのスマートレーザー測定センサは、実際の環境でみられる最も困難な測定・検査用途を確実に解決します。

  229. レベル測定ソリューションは、多種多様なコンテナやタンクの充填レベルを評価し、正確なリアルタイムデータを提供します。

  230. 非常に厳しい許容要件には、サイズ、厚み、向き、位置などのわずかなずれを検出するためにマイクロメートルレベルで部品を測定する信頼性の高いソリューションが求められます。

  231. ウェブ材の適切な張力レベルを維持することで、品質を確保し、予定外のダウンタイムを縮減することができます。ウェブの適切な張力を維持するには、ロール径の測定が不可欠です。

  232. ウェブおよびエッジを確実にガイドすることで、機械プロセスで製品のスムーズな流れを確保し、ダウンタイムを最小限に抑え、材料の損傷や損失を防ぐことができます。

  233. K50Uワイヤレス超音波センサは、非接触式レベル監視ソリューションとして特別に設計されました。補充中にドラム内のエポキシのレベルを監視すると、潜在的なオーバーフローが問題へと発展する前に、スタッフにアラートが送信されます。

  234. バナーのU-GAGE QT50U超音波アナログ長距離センサは、タンクの壁面に干渉されることなく、タンクなどのスペースに限りのある場所で機能し、最大8 mの拡張範囲で検出する狭幅検出ビームを使用しています。超音波センサは、余分な液体をポンプで抜き出し、追加の液体をポンプで注入するタイミングを通知しながら、干渉なくビームがタンク上に広がり、液体レベルを検出できるように中央に取り付けられます。

  235. バナーは、高い過剰ゲインを提供するWORLD-BEAM QS30透過モードセンサの技術と、水の吸収体に特別に調整された1450 nm赤外線検出ビームを合わせ、QS30H2O水中センサを作りました。この用途では、QS30H2Oの強力な検出ビームは、容器の不透明なプラスチックを透過してしまいます。1450 nmでは、水は別の波長のエネルギーの1000倍を吸収し、ビームが容器内の液体を透過するのを防止できます。

  236. エレベーター、エスカレーター、および可動式歩道は、いかなる施設のインフラストラクチャにおいても多大な投資です。この設備は、長年にわたり、メンテナンスにおける最小限のダウンタイムによって、安全で確実に稼働することが期待されています。この期待に応えるために、バーティカル移送とコンベア移送設備の大規模製造メーカーは、すべてのシステムコンポーネントに対して厳しい試験を実施しています。収集されるデータは、会社がコンポーネントの寿命を予測し、サービスのスケジュールを計画するために役立ちます。

  237. Q4Xアナログセンサは、トリガモードでセットアップされており、平均化機能を使用して、より一定した充填レベルの測定を行います。出力ワイヤがQ4Xのリモート入力ワイヤに接続されたバナーのQ3Xセンサは、錠剤ボトルの前縁を検出するために使用されるもので、Q4Xの測定のタイミングと期間を判定するために、コンベアの速度に基づくワンショット出力タイマが設定されています。

  238. 自動車用品製造メーカーは、多様な車両システムを生産しています。座席システムには、構造とデザインに快適性と安全性を強化する特徴が取り入れられています。座席の下部に設置される重量センサは、車両の安全システムと連携して座席占有者のサイズと位置を判別します。事故が発生した場合にエアバックを作動させるかまたはどのように作動させるかという判断を左右するのが、こういった要因です。

  239. LHレーザー変位センサは、精度が高くミクロンレベルで厚みを測定するため、完璧なソリューションです。また、L-GAGE LHシリーズは継続的にミクロンレベルで暗色系のターゲットを見ています。LHの1024ピクセルCMOSリニア画像装置は、1~10ミクロンの範囲でマイクロメートルレベルの解像度を発揮できるため、シートメタルの厚みを素早く正確に測定することができます。

  240. バナーのU-GAGE QT50U超音波センサは、一貫性やコントラストが異なる場合でも、固い表面に反射して、最も困難なレベル用途で性能を発揮します。センサには、テフロン加工のトランスデューサカバーが付いており、過酷な化学薬品に耐えることができるため、食品や飲料品産業に最適です。超音波センサは、信号を連続的に送信して現在のタンクの深さを測定することで、ポンプ制御のタンクを正確に監視できます。

  241. バナーのSureCrossワイヤレスシステムは、温度、圧力、および充填レベルを簡単にローカルPLCに送信できます。オペレータは、ボトル詰めが求められる充填レベルより低い状態である場合に、ワイヤレスシステムからシームレスにアラートを受け取ります。このため、エラーを防止し、ボトル詰めされた飲料の一貫性がより高くなります。充填レベルが一貫していれば、回収は行われません。つまり、無駄な商品が生まれないということです。ワイヤレスシステムを使用すると、ロータリーフィラーでスリップリングを使用する必要性もなくなるため、その分メンテナンス費用が削減されます。

  242. ワイヤレスレベル監視を使用して、データンクの充填レベルを継続的に監視し、材料を特定の量で維持できるようになりました。こういったタンクはゆっくりと充填するか減っていくため、誤って読み取ることなく、もしくはタンクの壁が干渉することなく、超音波センサを使ってタンクレベルを測定することができます。SureCrossワイヤレスネットワークにより、電源またはI/Oデータ送信用にケーブルを配線せずに、各タンクにFlexPower™ノードを配備することができます。バナーには特有の電源管理機能が備わっているため、1つのDX81バッテリ電源で、T30UF超音波アナログレベルセンサが搭載されたノードを長期間に渡り稼働することができます。離れた場所にあるタンクセンサの読み取り値は、データ追跡、メールアラート送信、または特定イベントのトリガを実施するために、ホストシステムに転送することができます。タンクリソースは、顧客が定義するレベルを維持するために、必要に応じてのみ充填されます。補充が必要でないタンクにルーチンの補充作業を行って時間を無駄にすることがありません。

  243. 組み立て時、座席の高さの調整、前進および後退の動き、および正位置とリクライニングの動きを測定するために、検査が行われます。それぞれの検査には、2つのセンサが使用されます。センサはコンベヤラインの外に配備されており、座席への簡単なアクセスと座席の自由な動きが確保されています。検査中、最大可動範囲において、座席はセンサから最大1メートル離れることがあります。

  244. 一杯または空のマガジンをティーチするには、Q4Xアナログレーザー測定センサの2ポイントティーチオプションを使用します。出力の詳細なチューニングには手動調整を使用できます。アナログ出力は、スタック高さのリアルタイム計測を提供します。このため、カートナーには、手作業でセンサを移動せずに、複数の「部品要請」セットポイントを指定できます。Q4Xは堅牢で頑丈なステンレス鋼製センサで、多くの産業・工場環境での使用に最適です。

  245. CID1ハウジングに格納されたバナーのDX99 900 MHz無線とB/Wプロスティック磁歪レベル装置によって、別のデータ収集ソリューションを作ることができます。適切なアンテナバリアを使用すると、施設内の任意の場所にリアルタイムのデータを提供する、クラス1区分1のワイヤレス監視ソリューションになります。バッテリ駆動のDX99ユニットとループ駆動のプロスティックを使用すれば、8インチフランジ付きタンクへの設置はわずか数分で完了です。

  246. アナログ設定の2ポイントティーチオプションを使うと、フラットケースの前面を20 mAポイントとしてティーチし、4 mAの手動設定に対してケースの終端に簡単に調整できます。これにより、フラットケースの残数を計測し、ケース数が少なくなってきた場合にケースを追加することができます。存在検出にはデジタル出力も使用できます。これは、ピックアップできるケースがあることと、一度に1つのボックスのみがピックアップされることも確実にすることができます。

  247. ある工場直営パブでは、EZ-LIGHT表示灯を、醸造タンクレベルのステータスのリモートディスプレイとして使用しています。インジケータは、簡単に監視できないタンクの中にある超音波センサに接続されています。

  248. ガス田におけるタンクレベルの自動監視と汲み出しの自動制御により、ヒューマンエラーをなくし、多額の流出をより素早く防止することができます。一連の海水タンクが満杯になると、タンクバッテリからフィールドポンプに信号がワイヤレス送信され、ガス田をシャットダウンします。タンクバッテリとポンプが数マイル離れた場所にある場合、バナーのマルチホップ無線を最適なソリューションとして使用できます。

  249. SureCrossワイヤレスネットワークにより、電源またはI/Oデータ送信用にケーブルを配線せずに、各タンクにFlexPowerノードを配備することができます。バナーには特有の電源管理機能が備わっているため、1つのDX81バッテリ電源で、加圧センサが搭載されたノードを長期間に渡り稼働することができます。

  250. この会社が持つ多数の人気朝食シリアルの1つに使用される生地は、完璧なフレークに仕上がるように、特定の範囲内の高さパラメータを保持している必要があります。粘度の高すぎる生地は、焼き上がりが固く、消化しにくくなります、逆に粘度が低すぎると、砕けやすくなります。これは最終製品の品質、味、および舌ざわりだけでなく、製品の重量と包装にも影響を与えます。同社の厳しい品質基準を満たさない製品は、消費者市場向けに出荷もしくは販売されません。

  251. バナーのSureCross DX99ワイヤレスFlexPowerノードは、本質安全作業が必要な設置において、クラスI、II、およびIII、区分1およびゾーン0認定を提供します。SureCrossワイヤレスネットワークにより、電源またはI/Oデータ送信用にケーブルを配線せずに、各タンクにFlexPowerノードを配備することができます。バナーには特有の電源管理機能が備わっているため、1つのDX81バッテリ電源で、加圧センサが搭載されたノードを長期間に渡り稼働することができます。

  252. ロータリーフィラーのレベル、圧力、および温度をワイヤレスに監視して報告するために、それぞれのロータリーフィラーにFlexPowerノードとDX81P6 6パックのバッテリー電源を搭載しました。FlexPowerノードには、2つの0-20 mAアナログ入力と1つのサーミスタ入力が備わっており、1年以上の間、バッテリパックによってノードとセンサへの電源を供給しました。レベルプローブ、圧力送信器、およびサーミスタ (非バナー提供品) は、FlexPowerノードに接続され、ロータリータンク内に設置されました。

  253. ホッパーの上部に取り付けられたL-GAGE LT3レーザー距離測定センサは、材料の不規則な表面までの距離を測定するため、PLCはビンの充填レベルを計算することができます。

  254. EZ-LIGHT TL50タワーライトといったバナーのタワーライトソリューションは、ポンプのステータスを簡単に伝達するために、ポンプパネルの上部に取り付けることができます。照明タワーの可視性は非常に高いため、従業員はパネルドアを開かずに、パネルを素早く確認することができます。複数の照明を同時に点灯できるため、一度に複数のメッセージを示すことができ、ブザーを使用したアラートにより、ポンプの過熱状態や即時対応の必要性を示すことができます。

  255. ワイヤレスネットワークに接続されたセンサが、貯蔵タンク内の液体レベルを監視します。タンクでは120V AC電源のみを利用できるため、利用できるライン電源をSureCrossワイヤレスネットワークによって変換します。天候に対する耐性を備えたSureCross装置は、さまざまな環境要素から保護されており、時間のかかるメンテナンスの手間を省くことができます。

  256. WORLD-BEAM QS18U超音波センサは、洗車機のタンク内の洗剤のレベルを監視します。センサはタンクの上部に取り付けられており、透明な上部に向けられています。音波は、液体の表面から跳ね返されます。

  257. この用途では、EZ-ARRAY測定ライトスクリーンを使用して、丸太の長さを測定しています。EZ-ARRAYは、丸太が遮るビームの合計数を判定し、MODBUS RTU-485出力の形態で、システムコントローラに情報を送信することによって、丸太の長さをオペレータステーションに通信します。オペレータステーションのコントローラは、オペレータにいくつかのオプションを提供し、オペレータはどのような切断処理を行うかを選択します。

  258. FlexPowerを備えたSureCrossノードとバナーのU-GAGE QT50Uアナログセンサは、新たに構築や配線を行わずに監視要件を素早く簡単に実装できます。FlexPowerノードはセンサデータをゲートウェイ装置に送信します。ゲートウェイProを使用する場合、データはログ記録され、液体レベルが深刻なレベルに達するとアラートを送信することができます。

  259. ほとんどの汚水施設では、電力供給やデータ送信を行うための配線がなされていません。SureCrossワイヤレスネットワークを使用すると、電源またはI/Oデータ送信用にケーブルを配線せずに、各汚物集合ユニットにFlexPowerノードを配備することができます。バナーには特有の電源管理機能が備わっているため、1つのDX81バッテリ電源で、超音波アナログレベルセンサが搭載されたノードを長期間に渡り稼働することができます。

  260. 数々のステージに分かれるベーカリーのベーキングプロセスは、混合から始まり、練り上げと一次発酵を経て、二次発酵、焼成、そして冷却で完了します。各ステージにおいて、経験豊かなパン職人が、外観、質感、サイズ、および重量に関する品質検査を行います。工場の標準を満たさないローフは、消費者への販売から除外されます。工場には、資源の管理と品質標準の維持を改善できる組み込みシステムが必要でした。

  261. ある倉庫で、飛行時間型L-GAGE LT7レーザーセンサは、センサから最大250 m離れた取得シャトルの位置を計測します。

  262. 時折、ワークステーションとコンベアに、検出しようとしている素材の近くにセンサを取り付けられるスペースがない場合があります。こういったシナリオでは、長距離から小さなアイテムを検出できるソリューションが必要です。

  263. SureCrossワイヤレスネットワークにより、電源またはI/Oデータ送信用にケーブルを配線せずに、各タンクにFlexPowerノードを配備することができます。バナーには特有の電源管理機能が備わっているため、1つのDX81バッテリ電源で、超音波アナログレベルセンサが搭載されたノードを長期間に渡り稼働することができます。DX80 FlexPowerノードは、ディスクリートおよびアナログのI/Oを単一のパッケージに合わせ、時間のかかる手作業によるデータ収集作業を排除します。

  264. ほとんどの汚水施設または石油貯蔵施設では、電力供給やデータ送信を行うための配線がなされていません。SureCrossワイヤレスノードと圧力または超音波センサは、重要な貯蔵タンクレベルを正確に監視し、リモート管理センターのSureCrossゲートウェイにデータを送信することができます。充填レベル、pH、伝導性、温度、またはフローといった複数のデータポイントの監視は、4つのアナログ入力を備えた1つのFlexPowerノードを使用して簡略化することができます。

  265. ベーキングは、創造性、精密、および細部への注意が融合した作業です。ウィルキンソンベーキングカンパニーは、その融合に技術的な革新を加えました。ウィルキンソンパン焼き機は、小型の完全アンプ内蔵型全自動パン焼き機です。このユニークな機械には、技術に、1時間に40斤の速さで単純な原材料から焼きたてのパンを作り出す伝統が組み合わせられています。

  266. セラミック成型を作成するには、水溶液に懸濁しているセラミックファイバに真空を適用します。ファイバがフロートに付着して稼働できなくなるため、浮選機構はレベル制御には非効果的です。代わりに、生産ラインの背後に電源と24ボルトDCリレーをNEMA 12エンクロージャに格納した、ポンプ入出論理を使ったT30 UHPA超音波センサを使用します。センサは各シフトの最後に行われる洗浄の影響を受けません。

  267. サウスカロライナ州モンクスコーナーにある既存の湖水レベル測定システムは老朽化が進み、より新しい技術に更新する必要がありました。ところが、新しいコンポーネントでは、ダムの上流からダム管理室までの約4分の1マイル離れた場所までデータ送信用のワイヤを敷かなくてよいように、ワイヤレス技術を使用する必要がありました。

  268. FlexPower™ノードに接続された水中圧力センサとフロートスイッチは、給水塔レベルの継続監視を行い、ポンプ近くに取り付けられたゲートウェイにデータをワイヤレス送信します。

  269. 大型の施設には、広く分散した土地にいくつかの流出水用調整池が設けられていることがあります。ワイヤレス監視システムを使用することで、それぞれの調整池に赴いて推移を監視する必要性がなくなります。

  270. カウンタ入力と水中圧力センサ/送信器が備わった1つのFlexPower™ ノードを使って、浸出液のレベルとポンプの両方を確実に監視することができます。水中圧力送信器は、カウンタが浸出液の排出に使用されたポンプのストローク数を数えながら、浸出液のレベルを監視します。

  271. 1Rマッピングオプションを使用したパフォーマンスマッピング (PM2) ゲートウェイと2つのPM2ノード (900 MHz、1 Wモデル) は、貯蔵タンクからポンプステーションまで信号を送信します。ノードの1つは、フロートスイッチを入力として、貯蔵タンクにインストールされました。フロートスイッチとノードの電源にはソーラーパネルが使用されました。同様にソーラーパネルから電力を得るゲートウェイは、丘陵の向こう側に中継器として設置され、貯蔵タンクとポンプステーション間の強い信号が確保されました。2つ目のノードは、ポンプステーションのPLCにワイヤ接続されました。フロートスイッチからの信号が貯蔵タンクレベルが低いことを示すと、ポンプが作動しました。

  272. トルティーヤやトスタダといった伝統的なメキシコ料理のアメリカ国内製造メーカーは、最高の味と最も新鮮な商品を消費者に提供し続けています。この目標を達成するには、包装ラインの一貫性が重要です。同社は、トルティーヤの不均一性を無くす方法を求めていました。生産ラインで生地の厚みを継続的に監視する方法がなかったため、生地の高さが高すぎたり低すぎたりし、結果的にトルティーヤのサイズと重量にばらつきが出ていました。トルティーヤの包装が重量不足であれば、廃棄する必要があります。無駄をなくして商品の一貫性を改善するために、同社はバナーの協力を得て、監視ソリューションを探しました。

  273. さまざまなシステムを十分に考慮した末、埋め立て地のオペレータは、強制的なすべての標準を満たし、埋め立て地に配備済みのほかの装置と円滑に共存できる唯一のソリューションがバナーのワイヤレスシステムであるとの結論に達しました。インテグレータであるウィルソンモール社の力を借り、地下からデータを取得して、エンドユーザーの机上でアクセスできるようにするシステムを構築することができました。それぞれの穴の上に設置された1つのバッテリ駆動ノードから、無線と超音波アナログレベルセンサへの電力を得ています。各ノードには特殊な低電力4-20 mAアナログレベルセンサが備わっており、1つの10-30V DC駆動ゲートウェイでシステムが管理されます。データ無線とModbusマスターコントローラモジュールがデータの移植性を強化し、全方向式アンテナによって、ゲートウェイとノード間の通信の範囲を丘陵上と埋め立て地全体に拡張しています。長距離に渡るケーブル配線は、最新の電力管理機能と内蔵バッテリにより不要となり、設置にかかる費用の大幅な削減に貢献しています。ワイヤレス装置には、完全シャットダウンの前にアラームを送信する診断プロパティが内蔵されているため、ダウンタイムを最小限に抑えることができます。また、完全に拡張可能であるため、オペレータが地下穴を埋めて新しい穴を作るたびにシステムを適応させることもできます。

  274. バナーのQS30H2Oセンサは、水や水ベースの液体の存在を検知する際の課題に対処するために特別に設計されたセンサです。QS30H20は、スルービーム検出モードで動作し、投光器は水を貫通しないように調整された波長を使用します。センサの高い過剰ゲインによって、さまざまな種類のプラスチック容器とガラス容器を透視できる程度に強力なセンサです。2つのセンサのセットを使用して、充填レベルが最小限に達していても、過充填ではないことを判定できるため、製品が無駄になりません。開口部を受光器の終端に配置することで、ビームパターンを最小限に抑え、用途の精度を向上することができます。このため、充填レベルの基準を満たしていない製品が処理または出荷されることが防止されます。

  275. バナーのLTFシリーズレーザー測定センサには、高い過剰ゲイン、優れた信号制御、および自動適応レーザー出力制御が備わっています。これらの機能によって、最大12メートル離れた場所から、ホッパー内の色や反射面に関係なく、チューインガムを確実に検出することができます。

  276. LTFシリーズ レーザー測定センサは、距離に対する優れた精度を備えており、ターゲットの色や反射性による影響を受けないため、トレッドゴムのループを監視するためのソリューションに最適です。高い過剰ゲイン、優れた信号制御、および自動適応レーザー出力制御が備わっています。こういった機能を合わせることで、黒く反射性のある困難なターゲットを遠くから斜めに、確実に検出することができます。

  277. LTFシリーズ レーザー測定センサは、最大24メートルの検出範囲をサポートしており、角度から物体を検出できるため、検査エリアから離れた、設備と接触しない場所や危険にさらされていない場所にセンサを設置することができます。

  278. デネスターのトレイレベルの追跡によって、製品が適時に補充され、生産に影響を及ぼさないようにすることができます。

  279. K50U超音波センサとQ45UワイヤレスノードをDXM100ワイヤレスコントローラとセットで使用することで、セットアップも結果の分析も容易に行え、ローカルまたはクラウドベースシステムによる監視が可能な、複数のタンクレベル測定用のワイヤレス監視システムを開発できます。

  280. クランクシャフトの軸振れの許容要件を満たすには、クランクシャフトの軸振れの測定を連続的に監視する必要があります。LMシリーズ レーザー測定センサを使ってこの困難な用途をどのように解決できるかを説明します。

  281. 印刷用紙のロールに向けられたL-GAGE LT7がその直径を常時監視し、プリンタに紙が送られる速度を測定します。

  282. バナーのLE550は出荷時に100~1000 mmの検出範囲が設定されており、すぐに測定を開始できます。この範囲を調整する必要がある場合は、レーザーセンサに付属の8文字2行ディスプレイの直感的なユーザーフェイスを使って、自動的または手動で設定を簡単に調整できます。LE550は、金属から黒色のラバーまで、検出が困難な対象物に対して高い繰り返し精度および精度を発揮するため、シュリンクフィルムの測定も高い信頼性で行えます。

  283. 製品のデモンストレーションで確信を得たこの企業は、超音波センサの代わりとして巻取機にバナーのL-GAGE® LE550レーザーゲージセンサを採用することを決めました。光学センサと同じように、LE550は施設内の隙間風の影響を受けません。そして光学センサとは違って、LE550は色の影響も受けません。LE550はリニアアレイ技術によって、光学センサでは最も検出が困難であった色であっても、色に関係なくロールを測定できます。

  284. バナーのLE550は出荷時に100~1000 mmの検出範囲が設定されており、すぐに測定を開始できます。この範囲を調整する必要がある場合は、レーザーセンサに付属の8文字2行ディスプレイの直感的なユーザーフェイスを使って、自動的または手動で設定を簡単に調整できます。LE550は、金属から黒色のゴムまで、検出が困難な対象物に対して高い繰り返し精度および精度を発揮するため、紺色の材料の測定も高い信頼性で行えます。

  285. バナーのLE550は、金属のような光沢があり反射性のある表面をはじめとする、検出が困難な対象物に対して高い繰り返し精度および精度を発揮します。このレーザーセンサには直感的に操作できるユーザーインターフェイスがあり、ロール径用途のセットアップや設定調整を、メタルロールを巻き出さずに簡単に行えます。アナログ出力を使用して、巻き取り速度または巻き出し速度を制御できます。

  286. S18Uシリーズ超音波センサは食品包装ラインでループ制御を監視し、透明なプラスチックフィルムが破れたりちぎれていないか検出します。S18Uは色や透明性に関係なく対象物を検出します。

  287. 超音波センサ:バナーのT30UX 超音波センサは高精度の距離検出能力を持ち、非接触式の方法でフィルムのロール直径を測定します。縦型製袋充填機はロールの半径を測定して残りのフィルムの量を計算し、少なくなるとオペレータにそのことを知らせます。希望する袋または包装の長さと同じ距離を事前に設定し、その距離だけ材料を送られなければなりません。

  288. D10 Expertは、張力がゆるすぎるためにウェブがたるんでセンサのビームに触れたときにウェブを検出します。そして、速度を適切に調整するためにコントローラに信号を送信します。

  289. 透明なプラスチックの検出は常に問題があります。従来型の光電センサの光学ビームは透明な材料を透過するため、信頼性の高い検知結果は得られません。

  290. バナーのT30UX超音波センサは、ループ制御のための透明材料の検出に最適なセンサです。 このセンサでは光ではなく音を使用するため、このような特殊な用途において高精度の性能と優れたコスト効率が得られます。材料は透明であっても固体の表面があるため、超音波センサが音波を反射させることができます。T30UXは、透明材料の検出に使用できる他のセンサより高精度のトランスデューサがあり、デッドゾーンも小さく、検出距離も短いという特徴があります。

  291. 飲料品産業では、高い製造水準を維持するために、ボトルにミスなく高速にラベルを貼る必要があります。その際、ラベルのスプールの厚さを正確に監視して巻き出し速度を制御することは、工程をスムーズに進めるために非常に重要になります。製造工程中に材料がなくなってしまい、製造に遅れが生じるのを防ぐために、スプールの材料レベルを正確に監視して報告できるソリューションが必要です。

  292. ピックアンドプレースユニットには小型の光ファイバが最適です。DF-G1増幅器はファイバから分離できるため、作業員はデジタルデュアルディスプレイの画面を見やすい場所でデータを監視できます。また、クロストーク回避アルゴリズムが搭載されているため、複数の増幅器を近い距離で同時に使用することができます。

  293. バナーエンジニアリングでは、清浄な産業環境で透明体を検出するために特別設計された特別バージョンをEZ-ARRAYシリーズに加えました。低コントラストの検出と短い距離 (30~1500 mm) の検知を実現するため、標準仕様のEZ-ARRAY受光器をカスタマイズして開発されたEZ-ARRAY透明体測定用ライトカーテンは、ガラスや透明ウェブなどの半透明の対象物を検出することができます。

  294. バナーのLXシリーズは、冷凍食品用容器などのフラットな対象物の前縁を検出するための経済的なソリューションです。LXシリーズのパーツ検知用ライトスクリーンは、ライトスクリーンを通過する物体をその位置に関係なく変調光の膜で検出します。

  295. ウェブの処理中にこのエッジを測定して監視する方が、製造後の検査で多額の廃棄材料を出すより簡単で、コスト効率も優れています。EZ-ARRAY測定ライトカーテンの2つの装置の間をカーペットウェブが通過するとき、ナップ検出モードに設定されたライトカーテンによって処理中の工程が監視されます。EZ-ARRAYは縁のエッジとタフトのエッジを検出するとウェブ制御システムにそのデータを送信し、制御システムではカーペットをまっすぐにするために必要な調整が行われます。

  296. タイヤ製造機でタイヤ成形を行う前に、PresencePLUS P4 OMNI 1.3ビジョンセンサによってプライの検査行われ、逆方向に交差するバイヤスが交互に積み重ねられているかチェックされます。その際、同じ方向のバイヤスが連続して重ねられたままタイヤが成形されて製造工程を進んでいくと、釣り合いテストで不合格となり、廃棄処分されることになります。

  297. リチウムイオン電池の組み立て時のエッジガイドには、プラスチックファイバが使用されたDF-G3光ファイバ増幅器が精度の高いソリューションとして最適です。適切なエッジガイドにより、製品の廃棄数を縮小します。

  298. 検出、ビジョン、ピックトゥライト、および産業照明技術分野におけるバナーの専門知識を活用し、生産性を高めながら、欠陥検出、コンポーネント測定、許容監視、製品属性確認、ミスやエラーの可能性の軽減を実施・実現する最適なソリューションを提供しています。

  299. 品質管理を自動化することで、部品やコンポーネントを一定して確実に検査できるため、メーカーは製造プロセスの早い段階で潜在的な問題を特定することができます。

  300. エラーとミスの原因を特定して状況を修正することは、エラー防止 (ポカヨケ) の基本であり、リーン生産環境の促進に役立ちます。

  301. 部品やコンポーネントを目視検査することによって、メーカーは問題を早期に特定し、無駄な時間やコストを最小限に抑えることができます。こういった用途では、適切な照明が不可欠です。

  302. ピックトゥライトシステムは、生産とアセンブリプロセスにおけるヒューマンエラーのリスクを軽減することで、リーン生産イニシアチブをサポートし、品質を改善します。

  303. 複数の色が推移する暗色系のパッケージは、従来の赤いLEDセンサでは検出しにくいことがあります。バナーエンジニアリングの小型VS8光電センサは青いLEDを使用しており、反射性の低いラベルで良く機能し、加圧缶に詰められた冷蔵食品のパッケージを検出することができます。小型センサは狭いスペースにもフィットし、短距離の用途に利用できます。青いLEDは小さなスポットサイズにより、ラベル上の色の推移効果を最小限に押さえます。

  304. バナーエンジニアリングの小型VS8センサは、接着剤が塗布される過程でその有無を正確に検出するために、グルーガンの上に設置されます。VS8にはグルーガンとPCB間の距離がティーチングされているため、接着剤が塗布された後のほんのわずかな高さの距離を検出し、接着剤のムラや気泡があるかどうかを認識できます。小型センサは、電子機器のアセンブリに多い、狭いスペースにフィットします。

  305. 大規模な流通施設では、製品は分類トレイに載せられて、適切な出荷先に応じたビンに配送されます。分類が始まる前、コンベアにアイテムを配置して次の場所まで送られるように、各トレイは空である必要があります。5メガピクセルVEスマートカメラは非常に精細なレベルの詳細を認識し、ほぼすべてのサイズのアイテムを検出して、トレイ上のアイテムの有無を確認することができます。

  306. バナーエンジニアリングのQ12アンプ内蔵型ミニセンサは、自動化された臨床ラボを通過する過程で、バイアルが入ったパックを検出します。低性能のセンサはエラーの原因となり、ラボのスループットを遅らせることになります。Q12は小型で、結果を左右することなくスペースに限りのある場所にフィットするため、臨床ラボでの使用に最適です。固定フィールドセンサは、パックの色に関係なく検出することもできます。

  307. • ICチップの有無と向きを確認• センサは複数の機能を一度に実行• コストの削減と多用途性

  308. 会社では品質管理に関する問題がいくつか発生していました。ボトルがラインから外れ、ラベルの欠落、ゆがみ、重複貼付が起きていました。その結果、ラベルエラーのあったボトルを除外して、再利用に向けてプラスチックを粉砕するというプロセスで、顧客は月に2,000本を超えるボトルを廃棄していました。さらに、顧客からはラベルエラーに対する深刻な苦情が届くようになりました。さらなるボトルの廃棄と上顧客の喪失を避けるため、同社はバナーのラベル検査ソリューションに関心を持ちました。

  309. 倉庫型店舗での販売用としてブリストレイに誤ってパッキングされたボトルは、製品ラベルの表示に誤りがあったため、会社に返品されました。

  310. 大手機械製造業者は、正確でタイムリー、かつコスト効率の良い電池アセンブリ向けのワークステーションを製造しました。ワークステーションコンポーネントには、オペレータガイド装置が付加価値として装備されています。この装置は、組立プロセスの開始と停止、選択・インストールする部品の指示、および緊急時のライン作業の完全停止を行います。OEMは、これらの装置の組み立てと取り付けに費用が掛かりすぎることから、バナーにすべて込みのソリューションの提供を求めました。OEMのお客様 (バッテリサプライヤ市場の主要中堅企業) のスケジュール要件に合わせて、8週間でソリューションを提供する必要がありました。

  311. バナーのTL70ワイヤレスモジュラー式タワーライトおよびK50タッチボタンは、部品の追加要請についてフォークリフトドライバーと簡単かつ効率的にコミュニケーションをとるためのシステムを提供します。ワークステーションのカートン数が少なくなると、オペレータは人間工学に配慮されたK50タッチボタンをタッチし、それにより接続されたTL70ワイヤレスタワーライトのステータスが赤に変わります。

  312. 316Lグレードのステンレス鋼で作られたバナーのQ4Xレーザーセンサは、調剤環境やその他の無菌充填エリアに非常に適したセンサです。Q4Xの検出範囲は25~300 mmで、精度の高いビームのスポットサイズを備え、キャップがフィーダーボウルを出る際にその向きを効果的に検出することができます。キャップが逆さまになっている場合、Q4Xは高さの違いを検知し、そのキャップを取り除きます。

  313. バナーのL-GAGE LHレーザー変位センサは、部品の正確な位置が重要となる用途に最適です。L-GAGE LHシリーズは継続的にマイクロンレベルで暗色系のターゲットを見ています。バナーのレーザー変位センサは非常に正確で、エンジンブロックの位置決めといった精密な位置決め用途に使用できます。センサは、エンジンブロックの製造に良く使用される鋳鉄やアルミニウム合金など、実質的にあらゆる表面を測定できます。

  314. バナーのDF-G2小物検出ファイバ増幅器は、小さな物体の検出とカウントの用途に最適です。DF-G2増幅器の応答速度は非常に素早く、3 mmの錠剤や丸薬といった非常に小さなサイズを検出できます。錠剤がボトルに落下すると、DF-G2ファイバ増幅器に出力を発し、それにより錠剤の数を数え続けます。

  315. この用途を解決するために、バナーエンジニアリングは、D10Dエキスパートの技術に、小さな物体のカウント用に最適化された光ファイバアレイを組み合わせ、Q10エキスパートスモールオブジェクトカウンターを作りました。スモールオブジェクトカウンターの光ファイバアレイを事前に構成することで、シングルポイントの投光器と受光器の光ファイバアセンブリを使用する場合に比べ、アライメントと物体の位置決め制御の重要性が低くなります。これにより、小さな物体のカウントを確実に一定して行うことができます。

  316. 自動車組立工場では、一部の部品を一時的に取り付けるために、「グレネードピン」と呼ばれる一時ピンが使用されます。グレネードピンの除去を確認するために、点検ステーションには、EZ-LIGHT PVAピッキングセンサが装備されたピン用のコンテナがあります。

  317. バナーのDF-G1シリーズは、小さい部品のカウント向けにセットアップと較正を簡単に行える増幅器です。増幅器のセットアップが完了したら、信号レベルやしきい値を同時に表示する、読み取りやすいデジタル式のデュアルディスプレイにより、簡単に操作を可視化できます。

  318. 部品ビンへの信号の設置は、部品ビンの部品を常に確保し組み立てラインの生産性を維持するためのシンプルなソリューションです。EZ-LIGHT K80コールライトは、部品がなくなる前にオペレータが点灯する、大型の照光信号です。K80は赤色で点滅して、ストック担当員にサプライの追加を指示します。フレキシブル生産環境では、オペレータステーションと作業セルが、組み立てラインと製造ラインへの迅速な変化に対応できることが必要です。

  319. この用途を解決するために、バナーエンジニアリングは、D10Dエキスパートの技術に、小さな物体のカウント用に最適化された光ファイバアレイを組み合わせ、Q10エキスパートスモールオブジェクトカウンターを作りました。スモールオブジェクトカウンターの光ファイバアレイを事前に構成することで、シングルポイントの投光器と受光器の光ファイバアセンブリを使用する場合に比べ、アライメントと物体の位置決め制御の重要性が低くなります。これにより、小さな物体のカウントを確実に一定して行うことができます。

  320. このソリューションには、一致検査用に設定されたiVuシリーズ センサが使用されています。基準となる「良好」の識別子がセンサにティーチされています。生産ラインで使用する際、センサは、コンポーネントに正しいIDがない場合に検出して不合格の出力を送信すると、その部品が除外されます。

  321. バナーエンジニアリングのLXシリーズ部品検出ライトスクリーンは、マルチビームの赤外線パターンを生成し、そのビームを通過するアイテムを検出し、小さな物体に対する優れた感度を実現します。小さな部品がフィーダボウルからプラスチック製のバッグに落下すると、LXセンサはそれぞれの部品を検知し、バッグに特定の数の部品が含まれるとラインを先に進めるようにトリガします。

  322. DF-G1増幅器は、ロボットが接着剤を塗布する位置に近づけられた光ファイバの検出端部により、接着剤がICチップに塗布されたことを確認します。対向する一組のVS2センサは、充填されたウエハーのトレイの高さが事前設定された高さを超えたときに検出します。

  323. バナーのQ4X多用途レーザーセンサは、高さのわずかな変化を伴う困難な用途においても、小型の黒い検出体が光沢のある金属製部品上に存在することを確認するなどの有無の検出に最適です。鋳造アルミ製のエンジンブロックにはワッシャが存在します。Q4Xが高さのわずかな違いを検出すると、その違いが1 mmであっても、信号を送信し、ゴム製ワッシャがないこと、複数のワッシャがあることをオペレータに警告します。Q4Xは、前景抑制モードで、特有のウィンドウ調整機能により、重複するゴム製ワッシャを検出できます。

  324. WORLD-BEAM QS18LD反射モードレーザーセンサは、パッケージがコンベアに移動する際の検査を正確に実施するために使用することができます。センサは、パッケージを密封するために使用するテープに向かって可視性のクラス1レーザー検知ビームを発光します。ボックスの上部が正しく閉じられて密封されている場合、テープは受光器に検知ビームを反射します。

  325. EZ-LIGHT K50L表示灯が設置される以前、オペレータは機械に部品を取り付けてから、作業エリアを出て部品の適切な設置状態を確認するためにスタックライトを確認していました。設置状態が正しくない場合、その部品を使った機械を作動する前に、この取り付け・確認のプロセスを繰り返す必要がありました。ワークステーション内にK50Lが設置されてからは、単純なY字接合により、部品の正しい取り付け状態を即時に見分けることができるようになりました。

  326. この用途を解決するために、バナーエンジニアリングは、D10Dエキスパートの技術に、小さな物体のカウント用に最適化された光ファイバアレイを組み合わせ、Q10エキスパートスモールオブジェクトカウンターを作りました。この用途では、オペレータはキャップを取り外し、ファンネルに投入します。すると、キャップはスモールオブジェクトカウンターによって検知され、キャップが取り外されており、組み立てプロセスを続行できることが確認されます。

  327. バナーのR55F光ファイバセンサには、キャップの色やサイズに関係なくキャップの有無を検出する能力が備わっています。多様なボトルキャップや頻繁なライン変更のある産業における明確なメリットです。この種の用途では、キャップ間の長い休止状態を認識し、機械のオペレータに詰まりを知らせるために、光ファイバセンサが使用されています。ファイバはコンパクトであるため、スペースに限りがあり、通常、アクセスが困難な場所でも、簡単に取り付けることができます。

  328. バナーのQ4Xアナログセンサは、オペレータにリアルタイムの測定フィードバックを送り、次のオペレーションに進む前に部品の有無と正しく配置されていることを確認します。この用途では、最終アセンブリで正しくフィットするように、溶接ナット周りの両フランジが正しく配置されていることが重要となります。Q4Xのアナログ測定は、両フランジが適切に配置されているかどうかを判定することができます。

  329. 生産オペレータに各種サプライが必要となると、オペレータはワイヤレスQ45に接続されたスイッチを切り替えます。ディスプレイボード上の対応するK50 EZ-LIGHTライトが点灯し、必要とされるフォークリフトドライバーに伝えることができます。

  330. 過酷な洗浄環境にある食品加工ラインの重量検査ステーションで不合格ステータスをオペレータに警告します。

  331. お客様は、パッケージを素早く検出し、設置とメンテナンスが簡単で、必要に応じて大量に購入できるほど入手しやすい単一出力ソリューションを求めていました。

  332. 食品産業のホッパーと充填ステーションでQ4Xがどのように黒色のトレイを検出するのかご紹介します。

  333. QS18LDレーザー反射センサは、包装材の上部をスキャンし、折ぶたが開いていないかどうかを確認します。レーザー反射センサは、正確に検出を行い、加工冷凍食品が正しく密封されているかどうかを確認します。

  334. バナーの頑丈なPresencePLUS P4 Sealed OMNIビジョンセンサは、光学文字確認 (OCV) 検査を使用して、日付とロット番号が正しく読み取りとれるように印刷されていることを確認するため、日付/ロット番号に使用することができます。IP68等級のハウジングの使用により、過酷な洗浄環境に耐えられるため、センサは食品や飲料品用途に最適です。P4 OMNIセンサは、ボックスの端を確認することによって、日付/ロット番号を検査する必要のあるカートンマガジンの領域を簡単に特定することができます。Wi

  335. ネスト内の集積回路 (IC) チップの有無と正しい向きを確認するには、高精度測定ソリューションが必要です。LMレーザー測定センサを使ってこの用途をどのように解決できるかを説明します。

  336. プログラミング可能なK50 Proタッチボタンの特殊な表示とPro Editorソフトウェアを使用することで、汎用性の高い、さまざまな機械ステータスの表示や現場でのカスタマイズを実現できます。多色表示または照明パターンによって、作業セル内で発生するエラーを素早く識別することができます。

  337. VEシリーズスマートカメラは、ビードツールを使用して各ドアパネルの接着剤の存在と均一性を検査します。カメラに搭載された広角2メガピクセルの撮像素子は、塗布された接着剤のわずかな不均一性も検出する能力を持っています。

  338. 三角測量法をベースとしたバナーの問題解決型Q4Xレーザーセンサは、背景と対象物の高さが違っていれば、暗い背景で暗い色の対象物を問題なく検出できます。Q4Xはクラス最高の過剰ゲインを持つ高信頼性のセンシングソリューションで、色や反射性ではなく距離に基づいて合格/不合格を判断します。

  339. iVu Plus Gen 2ビジョンセンサとQ4XおよびLEDRBバックライトのセットは、信頼性のある結果が得られるソリューションを提供します。

  340. 各ブリスターを確認するために、エリア検査用に設定されたiVuシリーズセンサを使用します。ブリスターパックを検査して、各ブリスターに含まれる錠剤が破損していないか確認します。

  341. 小さい金属部品に所定数の穴があけられていることを確認するため、マルチポイント検査に対応したiVu Plus TG画像センサを複数の検査領域 (ROI) 用に設定して、穴があること、穴が正しい場所に打ち抜かれていることを確認します。iVuをエリア検査用にセットアップして、スタンピング加工部品の複数の箇所をスキャンし、特定の特徴または検査特徴の有無を確認します。

  342. 1台のVEシリーズスマートカメラを包装機の出口に置くことにより、複数列のブリスター包装シートを一度に検査できます。カメラは製造ラインの頭上およそ36 cmの所に設置され、LEDバックライトはラインの10 cm下に置かれます。

  343. バナーQ3Xレーザー拡散型センサは、わずかなコントラストの変化で向きを検出することが求められる用途に最適です。

  344. 高速な検出が求められる用途には、多用途に対応したバナーの頑丈なQ3Xレーザーコントラストセンサが最適です。部品がコンベア上を進んでいくとき、Q3Xはティーチされたコントラストの差に基づいてOリングの有無を検出します。Oリングがない場合、Q3Xは明るい信号レベルを認識し、PLCに出力を送信します。それによって欠陥を修正するか部品を製造ラインから取り除く必要性があることを作業員に知らせます。

  345. 従来のセンサでは、ねじ山の有無の検出が困難になる場合が多くあります。WORLD-BEAM QS30の細いレーザービームを使うと、最大で800 mmの距離からマニホールドの穴がねじ切りされているかどうかを検出できます。

  346. まだ固定されていない小型金属部品に所定数の穴があけられていることを確認するため、モーションエリア用に設定されたiVuシリーズのセンサを使用します。穴が打ちぬかれた後、センサによってすべての穴を評価し、穴が開いていること、穴の大きさが適切であることを確認します。そうでない場合、センサによって製造ラインに不合格の出力が送信され、その製品ははじかれます。

  347. あるグローバルなヘルスケア製品会社では、ビジョンマシンを使って液体薬剤に入っている粒状物質を検出していました。そして、マシンでは必要とされるレベルでの汚染物質の検出ができなくなり、人による目視検査に移行することになりました。混入する粒状物質は極めて小さいことが多く、製品品質を効果的に確認できるように社内のワークステーションに明るく均一な照明を設ける必要がありました。

  348. VEシリーズスマートカメラは、歯磨き粉チューブが挿入される前に、容器上のロゴを検査します。検査工程に流れてきた容器はライン上のセンサによって検出され、センサの出力をトリガとして受け取ったカメラが検査領域 (ROI) の画像を撮影します。商品ロゴと周囲のコントラストを向上させるため、カメラから電源供給を受ける赤色LEDのリングライトが使用されます。

  349. パッケージに日付/ロットコードが印刷されていることを確認するため、一致検査用に設定されたiVuシリーズのセンサを使用します。まず、データ/ロットコードの画像が1枚捕捉されます。そして、検査中に日付/ロットコードが記載されていないパッケージが検出されると、センサから不合格の出力が製造ラインに送信され、その製品は取り除かれます。

  350. 製造ラインを流れてくる箱が正しいか確認するため、iVuシリーズセンサは360度の回転に対応した一致検査用に設定されます。まず、正しい箱の画像が1枚捕捉されます。そして、それをもとにセンサが不適切な箱を検出すると、不合格の出力が製造ラインに送信され、その製品ははじかれます。

  351. この用途には、エリア検査用に設定されたiVuシリーズのセンサを使用します。穴が打ちぬかれた後、センサによってすべての穴を評価し、穴が開いていること、穴の大きさが適切であることを確認します。そうでない場合、センサによって製造ラインに不合格の出力が送信され、その製品ははじかれます。

  352. 包装ライン上にiVuシリーズセンサを設置して、各ユニットに製品情報文書が入っていることを確認します。このセンサは一致検査用に設定されており、それぞれの医薬品のパッケージの中に製品情報文書が入っているか点検します。このとき文書の表が上に来ていれば、どの向きであっても構いません。このセンサは360度まで回転した文書を検出できます。

  353. 充填ステーションから搬出されたバイアルの栓が正しく差し込まれていることを確認するため、モーションエリア用途向けにセットアップされたiVu シリーズセンサが、バイアルの首に栓が差し込まれているか、栓の位置が正しい位置にありガラスバイアルがきちんと密封されているか検査します。栓がない場合や正しい位置にない場合、センサから製造ラインに不合格の出力が送信されます。

  354. 密閉されたPresencePLUS Pro COLORビジョンセンサはエンクロージャに収納されており、湿潤環境でのダメージから守られます。このProセンサはラベルの有無と位置を点検する働きをします。

  355. このソリューションでは、一致検査用に設定されたiVuシリーズセンサを用いて、ベアリングアセンブリを含む各コンポーネントにすべてのベアリングがあることを確認します。1個または複数のベアリングが欠けていることをセンサが検出すると、製造ラインに不合格の出力が送信され、そのコンポーネントはラインからはじかれます。

  356. 各製品を検査するために、iVuシリーズセンサは一致検査用に設定されます。まず、合格品の包装の画像が捕捉されます。そして、検査中にラベルがない包装や異なるラベルが検出されると、センサから製造ラインに不合格の出力が送信され、その製品ははじかれます。

  357. バナーのDF-G2と4台の透過型PLIS-1光ファイバを使って、ウエハがロボットアームのエンドエフェクターに正しく配置されていることを確認し、チャンバー内に搬送されたときにウエハが損傷するのを防ぎます。

  358. パーツ位置確認プロセスにはバナーのLE550レーザーセンサが最適です。長距離からのパーツ位置確認の用途において、信頼性が高く極めて高精度の性能を発揮します。デジタル出力によって厚さ3 mmの対象物を測定し、固定クリップがあること、エンジンブロックが適切な場所にあることを確認します。

  359. iVu ビジョンセンサは、振動フィーダーボウルから排出されるナットを検査し、ナットの正しい面が上を向いていることを確認します。iVuには、直感的な操作環境が備わっているため、ユーザーは検査を素早く装置に適用し、簡単にサポートすることができます。

  360. バナーエンジニアリングのiVuビジョンセンサは、慌ただしいボトリングラインの通気管やスプレッダーワッシャーの有無を検査します。50 mmのCマウント式レンズを使ってセンサの稼働範囲を拡大しているため、スプレーや液体に接触することがありません。

  361. この用途では、集積回路を確認するために、モーションエリア用途に設定したiVuシリーズセンサを使用します。はんだボールが欠けているあるいは損傷している部品または異物が検出されると、センサから製造ラインに不合格の出力が送信されて、その部品ははじかれます。

  362. iVu BCRセンサは、薬瓶とその添付文書が入れられた箱が並ぶコンベアの8~12インチ上方に設置します。iVu BCR産業用バーコードスキャナーによって添付文書に記載されたデータマトリックスコードが読み取られ、それが包装ラインの製品と一致しているか確認されます。不適切な添付文書が入っている箱や添付文書そのものが入っていない箱がiVu BCRの検査領域を通過すると、不合格の条件が検出され、製造ラインに出力アラームが送信されます。

  363. iVuシリーズ ビジョンセンサは、特定の品質基準を満たすように、材料を監視することができます。ユーザーは、製品のセットアップと監視を完全に制御することができ、素早くフィードバックを得ることができます。この用途に最も適した欠陥センサを含む、複数のセンサタイプが備わっています。

  364. このソリューションには、PresencePLUS P4 OMNI、標準の16 mmレンズ、同軸反射型LEDライトが使用されます。検査ファイルを作成するために使用した幾何学カウントツールが、画像全体で正常なバイアルのパターンをサーチします。このパターンは、バイアル開口部の内径および外径 (IDおよびOD) のエッジの輪郭を表すものです。バイアル内部の底からの反射を除去するためにマスクが使用されます。

  365. マルチポイント検査機能を持つバナーのiVu TGビジョンセンサは、TE (不正開封防止) バンドの検出および位置評価に最適です。この例では、TEバンドはキャップとボトルの首部分の両方を覆う位置になければなりません。TEバンドの位置が高すぎるまたは低すぎる場合やバンド自体がない場合は、不合格と見なされます。マルチポイント検査に対応したiVu TGビジョンセンサは、TEバンドがないボトルやバンドが正しく配置されていないバンドを同時に検出できます。

  366. この例は、フィーダーボウルから出てきたばかりの精密機械加工されたボルトがフィーダーボウルレール上を次の自動プロセスまで搬送されていく場面です。このボルトがレール上を進んでいくとき、WORLD-BEAM QS18がボルトを検出し、検査センサであるiVu画像センサにトリガ信号を送信します。iVuは、フランジの欠陥やボルトヘッドのでこぼこ形状、またはその他の欠陥がないか検出するために設定されています。

  367. 高い色解像度を持つR55Fセンサを使って溶接機のチップが仕様に適合しているか点検することで、製造される部品が仕様に適合することにもつながります。このカラーコントラストセンサには耐久性と熱耐性を高めるためにグラスファイバが使われており、過酷な環境にも対応します。

  368. 背景抑制機能を備えたWORLD-BEAM QS18距離設定反射型センサは、3インチのスキャン距離が必要な部品位置の確認用途に最適です。高ゲイン特性、正確に調整可能なカットオフ、許容可能な可視赤色ビームが特徴のこのセンサは、過酷な環境でも長持ちします。

  369. 栓の位置を確認することは非常に重要です。バイアルが適切に密封されていなかったり栓の位置が正しくないと、製品の完全性が損なわれることがあります。ビジョン検査は、バイアル充填工程で密封品質と栓の位置を検査するためのフレキシブルで強力な、効率の高い方法を提供します。完全挿入の栓の場合は、バイアルの最上部と栓の最下部の距離が最小になる場所を検出します。

  370. iVu TG画像センサにはマッチングセンサを含む4つのタイプがあり、あらゆるラベル検査の用途に対応しています。マッチングセンサはラベル上のパターンが参照パターンに一致しているか、その向きが正しいかを判断します。iVu画像センサではボタンを押すだけ、あるいはPLCによるリモート操作で簡単に正しいラベルパターンを認識および適合できるようにティーチすることができ、画像処理のスキルは必要ありません。

  371. ディスク表面は反射性があるため、多くのセンサではハードディスクがハードドライブに適切に取り付けられているかを検出するのは困難になります。バナーエンジニアリングのQ3XおよびQ4Xセンサは、さまざまな色、質感、材料の反射性のある表面を検出できる設計になっています。