cart
DESCRIPTION
PRICE (EACH)
SUBTOTAL
Close
ERROR: There was a store error when adding the item to your cart. [128]
Adding the item to your cart...

錠剤の計数に光電センサを使用する方法

錠剤計数の用途

画像:高速錠剤計数の用途 

概要:錠剤計数センシング技術は、医薬品包装の瓶詰め、臨床試験の個数検証、さらには病院や薬局の自動処方機をはじめとする多様な製薬分野で使用されています。

光電センサは、高い計数精度、高速な応答速度、清潔な非接触アプローチなど、錠剤検出に重要なメリットを提供します。 

質問:錠剤計数アプリケーションの仕様を決めるとき、考慮すべき主要パラメータは何ですか?

3つの主要パラメータとして、錠剤の特徴、検知ゾーン、錠剤分配経路が挙げられます。そのうち最も重要な要件は、錠剤の特徴です。錠剤のサイズ、形状、色、反射性、そしてカプセルやジェルカプセルの場合は透明性も考慮されます。検知ゾーンについては、検知領域のサイズと形状に注目します。最後に、錠剤分配経路には、錠剤間の分離距離、軌道、自然落下速度に関連する情報が含まれます。これらの3つの要件を考慮することで、最適な感度を得るお手伝いをいたします。

質問:錠剤の計数にはどの種類のセンサを使用できますか?

一般的に、透過型センサ (透過ビームとも呼ばれる) は錠剤の色や反射性に影響されないため、最も信頼性が高い検知アプローチであると言えます。しかし、それぞれの用途の要件に照らし合わせて他の検知方法もお考えください。光ファイバアレイを使用すると、検知領域全体における被覆率や感度をカスタマイズできます。また、マイクロプロセッサ技術を取り入れることで、感度および出力能力を高めることができます。

質問:光電センサで検出可能な最小サイズの錠剤はどれぐらいの大きさですか?

これまでの経験から、そして、このような用途に対する理解に基づき、製薬産業で製造される最小の錠剤は約2 mmであると考えられます。適切な検知方法と高分解能の光ファイバアレイを用いることで、Bannerの光学センサで直径2 mmまたはそれより小さい錠剤を高い信頼性で繰り返し検出できます。ただし、検知領域の被覆率を高くするとそれだけ分解能が低下しますのでご注意ください。

質問:素錠のほこりが堆積しないようにするにはどうしたらいいですか?

素錠のほこりや粉末がセンサのレンズに溜まると、信号が劣化して精度が低下することがあります。定期的な清掃とメンテナンスのスケジュールを作り、検知領域にほこりがちりがないようにしてください。最新式のセンサには、光学レベルを追跡するための能動的な光学監視機能があります。このような機能があるセンサでは、動作を延長するためにゲインレベルを補償したり、センサの精度が落ちる前にメンテナンスを促すアラームを出力することができます。

質問:ビジョンセンサを使って錠剤の計数を行えますか?

現時点では、非接触式の高速錠剤計数および個数検証用途には、光電センサが最も費用対効果が高く、実用的な方法であると考えられています。ビジョンスキャナやラインスキャナなどの新しく出てきた技術は、不完全な錠剤や不適切な錠剤の色など、錠剤計数動作に関する詳細な情報にも対応しています。現在、このようなビジョンシステムは、追加の機能を得るためと考えると比較的高額です。

質問:ホッパから同時に2個の錠剤が出てきたらどうなりますか?透過ビームで両方の錠剤が検知されますか?

自然落下する錠剤にはランダム配向などの数多くの変数があり、高精度の計数に影響することがあります。多くの場合、所定の時間に検知ゾーンを通過する錠剤が複数であるかどうかを光電センサで確実に検知することはできません。そのため、錠剤が検知領域に入る前に、機械で個々の錠剤が分離されるようにすることが重要になります。分配機では、錠剤を1個ずつ分けるために、割り出しホイール、振動プラットフォーム、機械的なゲートなどが使用されます。

質問:使用している機械には透過ビームを設置できません。他の方法はありませんか?

当社では透過型 (透過ビームとも呼ばれる) センサを強く推奨しています。スペースの制約や配線の制限により透過型センサを使用できない場合、特に錠剤の色や反射性が問題でない場合は、回帰反射型センサをこのような用途に使用してみるという選択肢もあります。バナーの窓口にお問い合わせになり、解決策についてご相談ください。

質問:光電センサはどのような種類の出力に対応していますか?

錠剤計数用途に一般的に使用される出力には2つのタイプがあります。1つめは錠剤の個数を検証するための専用出力です。2つめは、打錠機の障害や低い光学信号などのプロセスの異常を知らせるアラーム出力です。また、3つめの出力タイプとしてヘルスアラーム出力がある場合もあり、これはセンサの動作状態を監視すために使用されます。バナーではお好きなタイプのセンサにお好きなタイプの出力を組み合わせることができます。

詳細について

詳細については、 当社の専門スタッフに問い合わせる か、以下でサインアップして今後の最新情報をチェックしてください。

この記事で取り上げられた製品

DF-G2シリーズ 高速光ファイバ増幅器
DF-G2シリーズ 高速光ファイバ増幅器

部品カウントまたはレジマーク検出などの用途向けに高速 (10 μs) を実現するIO-Link機能を搭載したファイバ増幅器です。NPNまたはPNP出力。

もっと読む
D10シリーズ 高性能光ファイバ検出
D10シリーズ 高性能光ファイバ検出

温度に敏感な環境で配線を減らすためにバスパワー電源とともに提供。高性能低コントラストのプラスチック光ファイバセンサです。

もっと読む

関連記事

リーン生産方式:製薬産業のための4つの照明ソリューション
リーン生産方式:製薬産業のための4つの照明ソリューション

20 2月 2017

この記事では、照明が製薬産業で製品品質とFDA適合性を確保しながら効率の向上と無駄の削減に役立ついくつかの方法について説明します。

光電センサを使用して錠剤を計数する方法
光電センサを使用して錠剤を計数する方法

27 3月 2017

錠剤の計数に光電センサを使用することで、高い精度、高速な応答速度、清潔な非接触アプローチなど数多くのメリットがあります。