cart
DESCRIPTION
PRICE (EACH)
SUBTOTAL
Close
ERROR: There was a store error when adding the item to your cart. [128]
Adding the item to your cart...

タンクレベル監視:ワイヤレスソリューションの3つのメリット

2018年6月11日

貯蔵タンクは、屋内外設置から地上や地下まで、多様な場所や環境に設置されています。こういったタンクの中を適切に監視して管理することによって、効率性を改善し、生産性と収益性を高めることができます。タンクレベルのワイヤレス監視のメリットに関するこの記事をお読みください。

タンクレベル監視ソリューションの選択

タンクレベルの測定に使用できる方法とツールには様々なものがあります。目視検査やフロートから超音波センサまで、正確性、信頼性、および費用の点で異なる多くの技術が選択肢に挙げられます。

目視検査と測定棒は比較的安価なソリューションかもしれませんが、手作業での報告に頼るものであるため、労働集約的であり、エラーが生じやすくなります。フロートや潜水可能な圧力トランデューサといったより正確なツールは、人の手に依存せずにレベルを測定できるため、プロセスを簡略化し、エラーのリスクを最小限に抑えることができます。ただし、一部の用途では、タンクの内容物を汚染しないように、非接触型のソリューションが好ましいことがあります。さらに、粘度または腐食性のある液体のような例では、長期に渡るタンクの内容物との接触によって測定ツールの性能や精度が劣化する恐れがあります。

超音波センサは、非接触型のソリューションが必要となる用途に最適なツールです。これらのセンサは音波を使用して物体を検出するため、測定する検出体に接触する必要がありません。ターゲットの色、反射性、または透明性に影響を受けることがなく、光の条件にも左右されません。比例制御アナログ出力対応の超音波センサはすぐれた良好な測定精度を実現し、こういった用途に好まれるツールです。

ワイヤレスネットワークの3つのメリット

タンクレベルのワイヤレス監視はコスト効率の良いソリューションで、リアルタイムのデータと多用途性により、業界の変化に後れを取らずにビジネスを進めることができます。ワイヤレスネットワークで超音波センサを使用するタンク監視システムを導入することには、多くのメリットがあります。ワイヤレスシステムはセットアップが簡単で費用対効果が高く、多大な労力もインフラを変更する必要もありません。多くの容器の監視が可能になるだけでなく、変化するニーズに応じた変更も容易に行えます。また、新しい容器の追加などの規模の変更にも対応します。

ワイヤレスタンク監視システムの最大のメリットには、次のような3つの項目があります。 

1. 設置時間とコストの節約

配線式技術に比べ、レベル測定ツールをワイヤレスネットワークに接続した方が、はるかにコスト効率性に優れています。ワイヤレスシステムに必要なインフラの変更は最小限であり、ワイヤレスシステムの実装は配線式システムに比べて非常に簡単です。

基本的なセットアップでは、ワイヤレスノードをワイヤレス超音波センサなどの測定装置に接続して容器に設置します。ネットワーク内の各ノードは、ワイヤレスゲートウェイまたはゲートウェイ内蔵コントローラにつなげられます。次に実地調査を行い、配備したノードとゲートウェイ間の接続を確認します。

その上で、システムを構成し、検査パラメータとアラームのしきい値を設定します。このようなシステムでは数多くの容z器の監視が可能になるだけでなく、配線式ネットワークにかかる数分の一の時間と費用でセットアップが完了します。

q45-universal-on-tank-closeup

K50Uワイヤレス超音波センサによってタンクレベルが監視されます。

2. リアルタイム監視と警告で効率性を改善

設備マネージャーは、接続された装置を使用して、タンクレベルのデータにリアルタイムで簡単にアクセスできるため、効率性と生産性が改善されます。たとえば、離れた場所にある容器のリアルタイム監視では、予測される容器レベルの期待値に基づいて担当者を容器の場所に送りこむ代わりに、実際のニーズに基づいて実地確認を戦略的に計画することができます。これにより、タンクが一杯であり、プロセスが円滑に稼働されていることを確実にする一方で、時間と費用を節約することができます。

さらに、自動アラートをセットアップして問題が生じる可能性を作業員に知らせるようにすることで、非常事態に発展するリスクを最小限に抑えます。思いがけない事態から、タンク充填レベルへの多大な変更が生じることがあります。たとえば、容器の中身によっては空のタンクは設備にマイナスの影響を及ぼすことがあり、プロセスの計画外停止へとつながるかもしれません。一方で、過充填は浪費であり、設備の損傷を招くだけでなく、環境に影響が及ぶ場合もあります。リアルタイムリモート監視システムであれば、タンクレベルが設定されたしきい値を外れた場合に、テキストメッセージや電子メールで担当者に警告することができるため、状況が悪化する前に、対応することができます。

リアルタイム警告のほかに、タンクレベルのデータをログ記録して分析することができるため、マネージャーは、設備についてより詳細な情報を得た上で、設備をどのように使用するのか、いつメンテナンスするのか、メンテナンスにどの作業員やリソースが必要であるのかといった決定を下すことができるようになります。 

3. ビジネスニーズの変化に適応

ビジネスニーズは常に変化するもので、その都度、ニーズに応じて現場に必要な容器を追加または移動する必要に迫られることがあります。ワイヤレスネットワークは多用途性と拡張性に優れており、変化する要件に簡単に適応します。容器は必要なだけ移動することができ、その都度、システムの変更や測定装置の接続解除を行う必要がありません。移動の最中にも容器の監視を続けることができます。新しい容器に設置する新しいノードを既存のネットワークに統合するか、有線ネットワークの変更にかかる時間や作業を要せずに、新しいタンクのグループに対応する新しいネットワークを配備することもできます。

結論

ワイヤレスネットワークで超音波センサを使用するタンク監視システムを導入することには、多くのメリットがあります。ワイヤレスシステムはセットアップが簡単で費用対効果が高く、多大な労力もインフラを変更する必要もありません。多くの容器の監視が可能になるだけでなく、変化するニーズに応じた変更も容易に行えます。また、新しい容器の追加などの規模の変更にも対応します。自動アラートをセットアップして問題が生じる可能性を作業員に知らせるようにすることで、非常事態に発展するリスクを最小限に抑えます。

このようなシステムで生成されたデータは正確で、随時どこからでもアクセスできます。そのためマネージャーは、設備についてより詳細な情報を得た上で、設備をどのように使用するのか、いつメンテナンスするのか、メンテナンスにどのスタッフおよびリソースが必要であるのかといった決定を下すことができるようになります。

タンクレベルのワイヤレス監視システムをセットアップする方法については、「タンクレベル監視ソリューションガイド」をご覧ください。

この記事で取り上げられた製品

ワイヤレス超音波センサ:K50Uシリーズ
ワイヤレス超音波センサ:K50Uシリーズ

移動式および離れた場所にあるタンクやトートタンクの監視を簡単に実施できるK50U 超音波センサです。

さらに読む
予知保全用のQ45ノード
予知保全のためのQ45ノード

Sure Cross® Q45 1-Wireシリアルノードはバナーの1-Wireシリアルセンサと動作するように事前にマッピングされています。リチウム電池内蔵型のコンパクトなサイズで、多種のセンサとの互換性によりリモート監視も容易です。

さらに読む
産業用ワイヤレスコントローラ:   DXMシリーズ
産業用ワイヤレスコントローラ: DXMシリーズ

DXMコントローラシリーズは、バナーのワイヤレス無線、セルラーおよびイーサネット接続性、およびローカルI/Oを統合し、インダストリアルIoT (IIoT) のプラットフォームを提供しています。

さらに読む
関連記事

スマートファクトリーの登場:製造業者のためのIIoT機能
スマートファクトリーの登場:製造業者のためのIIoT機能

この記事では、スマートファクトリーに不可欠な3つの IIoT機能:リモート監視、予知保全、プロセス最適化に注目します。

さらに読む
リーン生産方式:製薬産業のための4つの照明ソリューション
リーン生産方式:製薬産業のための4つの照明ソリューション

この記事では、照明が製薬産業で製品品質とFDA適合性を確保しながら効率の向上と無駄の削減に役立ついくつかの方法について説明します。

さらに読む