Your Cart Is Currently Empty Ran into an error retrieving cart
  • 戻る

  • スマートファクトリーの登場:先進的な製造業者のための主要なIIoT機能

    文:Fritz Cleveland、2017年1月30日

    今、IIoTという言葉はおそらく工場自動化分野で最大のバズワードとなっており、IIoT技術はすでに工場の運営の仕方に影響を及ぼし始めています。そのため、この用語が持つ意味を理解し、IIoT技術がスマートファクトリーにどのように組み込まれているのかを認識し、将来に備えた事業の準備を始めることが極めて重要になります。下記の記事では、スマートファクトリーに不可欠な3つの IIoT機能:リモート監視、予知保全、プロセス最適化に注目します。 

    fabric processing machine details (includes vibration sensor)

    スマートファクトリーとは?

    スマートファクトリーはモノのインターネット (IoT) の重要な要素です。 IoTとは、家庭用電化製品から産業コンポーネントまであらゆるものをインターネットに接続する技術のことを言います。 一方で産業のモノのインターネット (またはIIoT) とは、このイノベーションの産業分野への影響のことを指します。

    IoT/IIoT技術により「スマート」ネットワークが構築されます。 例えば、スマートホームのワイヤレス技術を利用して、ガレージのドアから冷蔵庫まで、自宅にあるほぼすべてのものを接続してスマートフォンでリモートアクセスすることができます。  

    これと同じようなことがスマートファクトリーの工場でも行われます。工場にある機械をワイヤレス接続してリモートアクセスできる環境を整えておくことで、産業自動化設備と各種システム間の通信を自動化して各機械の動作に関する豊富なデータにもアクセスできるようになります。IIoTではさまざまなデータをより有益に事業に活用し、例えば機械の予知保全に役立てたりすることを目指しているため、データの可用性はIIoTの大きな特徴のひとつとなっています。   ワイヤレス接続およびIO-Linkに対応したセンサなどのスマートセンサは、スマートファクトリーを実現させるカギを握っています。 

    スマートファクトリーの主な機能

    スマートファクトリーの3つの主な機能は、リモート監視、予知保全、プロセス最適化です。 これらの機能がそれぞれ実際にスマートファクトリーでどのような働きをしているのかご紹介します。

    リモート監視

    各機械コンポーネントの動作状況の (履歴およびリアルタイム) データを利用してリモートでシステムを監視したり診断することで、機械の稼働率と生産性への影響が大きくなる前の問題の発見と解決に役立ちます。 

    例えば、ワイヤレス通信に対応したタワーライトを使うと、多大なコストをかけて延々とケーブルを引き回すことなく、機械性能のリモート監視を行えます。ライトが機械の状態を視覚的に知らせる一方で、更新データがセキュアなワイヤレスネットワークを通じてリモート装置に送信されて、機械で何らかの動作をトリガしたり、機械と離れたワークステーションにいるオペレータからの応答を待つ状態になります。

    このような装置で記録されたログデータは、OEE (総合設備効率) の計算にも使われます。 オペレータはアラート発生時に即座に対処することができるだけでなく、履歴データを使って機械のアップタイム、生産量、不合格の部品数などの重要な情報を追跡できます。

    予知保全

    予測分析を行うことで機械メンテナンスをより正確に計画することができ、機械のダウンタイムの短縮や平均故障間隔 (MTBF) の増加、無駄な予防保全および予備部品の在庫にかかるコストの削減に役立ちます。

    予知保全の際にも、機械自身から得られた履歴データとリアルタイムデータに基づいてどのようなメンテナンスを行うかを決定できるため、憶測から作業をすることが大幅に減ります。 例えば、バナー製QM42VTシリーズのようなワイヤレス振動・温度センサがあれば、機械のずれている部品やゆるんでいる部品、摩耗した部品を検出できます。 そしてこのワイヤレスセンサからワイヤレスコントローラにそのような情報が送信されると、すぐにこのデータを使用したり (テキストや電子メールのアラートとして) 長期的な分析に利用できます。   

    機械コンポーネントで振動の増加や温度の上昇をリアルタイムで監視することで、問題をすぐに検出して、状態が悪化して損傷箇所が増えたり計画外のダウンタイムが生じる前に問題を解決できます。 時が経つにつれて履歴データは有用な機械性能ログとなり、その正確で豊富な情報をラインでのメンテナンスの決定にいかすことができます。  

    プロセスの最適化

    IIoT技術によってもたらされる相互接続性により、機械、コンポーネント、人の間のシームレスな通信が可能になります。   この相互接続性をデータドリブンなプロセスの最適化に利用することで、効率と生産性の向上を実現できます。 

    例えば、ワイヤレス通知システムでマネージャーや技術スタッフに生産ラインで必要とされていることを知らせれば、マネージャーや技術スタッフが全生産ラインを絶えずチェックする必要はなくなり、作業員はサポートが必要な時にワークステーションを離れる必要がなくなります。 

    このようなシステムは、オペレータがボタンを押すかスイッチを入れたときにマネージャーや技術者に生産ラインで必要とされていることが知らされるようにセットアップしておくことができます。さらに、ゲートウェイの出力に接続されているタワーライトでどの生産ラインにチェックが必要かを示し、さらに色で技術スタッフ (黄色) かマネージャー (赤色) が必要とされているかを知らせることができます。  

    各装置を接続したワイヤレスネットワークを使用して通信を円滑化すれば、マネージャー、技術スタッフ、ライン作業員はそれぞれ自分の時間をより効果的に有効に使うことができるようになります。 それと同じように、 ピッキングライト や 部品要請 の用途にもワイヤレスソリューションを使用できます。 

    結論

    全体的に見て、IIoTの技術は当面の問題に対処するための短期間の投資やソリューションではなく、むしろ継続的な改善に役立つもので、何か新しいタイプの問題が生じたときにそれを解決するために活用し、投資の価値が時間とともに高まるものであると考えられます。 

    この記事で取り上げられた製品

    関連記事

    スマートファクトリーの登場:製造業者のためのIIoT機能
    スマートファクトリーの登場:製造業者のためのIIoT機能

    この記事では、スマートファクトリーに不可欠な3つの IIoT機能:リモート監視、予知保全、プロセス最適化に注目します。

    リーン生産方式:製薬産業のための4つの照明ソリューション
    リーン生産方式:製薬産業のための4つの照明ソリューション

    この記事では、照明が製薬産業で製品品質とFDA適合性を確保しながら効率の向上と無駄の削減に役立ついくつかの方法について説明します。

    IO-Link: What it Is and 5 Key Advantages
    IO-Link: What it Is and 5 Key Advantages

    This article explains what IO-Link is and the top 5 advantages IO-Link offers to a wide variety of applications.

    産業オートメーション業界の主要トレンド:2017年に最も注目を集めた5つの記事
    産業オートメーション業界の主要トレンド:2017年に最も注目を集めた5つの記事

    2017年に最も注目を集めた記事はどれ?産業オートメーション業界のトレンドをご紹介します。