cart
DESCRIPTION
PRICE (EACH)
SUBTOTAL
Close
ERROR: There was a store error when adding the item to your cart. [128]
Adding the item to your cart...

すべての農業向けソリューション

  1. バナーのDX99ノードは、熱電対またはRTDを用いたモーターベアリングの温度監視に使用できます。このセンサおよび無線は消費電力が少なく、電池の寿命は最高で3年間持ちます。このノードによって温度データが集中制御システムにワイヤレスで送信され、そこでロギングと解析が行われます。ベアリング温度が予期せず上昇した場合は、モーターが焼き切れたり設備が損傷する前にメンテンナンスの手はずを整えることができます。この環境での温度データの監視はリスクが高く困難であるため、ワイヤレス技術を使用しないという選択は実用性が低いと考えられます。

  2. 通常は土壌水分および気温の検知範囲は1マイル未満ですが、実地調査では2マイルまで信号がテストされました。マルチホップ無線とそのアンテナは地中深くに設置し、マスター無線は大型の全方向性アンテナと一緒に設置することで通信範囲を最大限に広げます。

  3. 温度湿度センサに直接接続される電池内蔵型SureCross FlexPower™ノードは、多額のコストがかかる配管やケーブル配線の必要がなく、複数のセンサ箇所のデータを手動で収集する必要もなくなります。IP67対応の電子機器と多種のフィルタを持つこの製品は、温室内の広い範囲の温度および湿度に適しています。

  4. 測温抵抗体センサがウォークイン冷蔵庫内の温度を検知し、SureCross FlexPowerノードにデータを送信します。そうすると今度はノードがそのデータをゲートウェイに送信し、温度が許容値を超えているとゲートウェイからアラームが発せられます。DX80 FlexPowerノードはIP67等級に対応した頑丈な設計で、低温環境でも問題なく機能します。

  5. 2個の熱電対が装備されたSureCross FlexPower™ノードを使用すると、ウィンドロウやスタックの深さが異なる2箇所の場所で温度を自動的に監視することができ、手動でデータを収集する必要はなくなります。

  6. Performanceシリーズの一体型ワイヤレス圧力センサでは、ネットワーク対応の場所から大型の複合システムの圧力レベルを簡単に監視できます。

  7. ホッパーの上部に取り付けられたL-GAGE LT3レーザー距離測定センサは、材料の不規則な表面までの距離を測定するため、PLCはビンの充填レベルを計算することができます。

  8. この用途では、EZ-ARRAY測定ライトスクリーンを使用して、丸太の長さを測定しています。EZ-ARRAYは、丸太が遮るビームの合計数を判定し、MODBUS RTU-485出力の形態で、システムコントローラに情報を送信することによって、丸太の長さをオペレータステーションに通信します。オペレータステーションのコントローラは、オペレータにいくつかのオプションを提供し、オペレータはどのような切断処理を行うかを選択します。

  9. K50U超音波センサとQ45UワイヤレスノードをDXM100ワイヤレスコントローラとセットで使用することで、セットアップも結果の分析も容易に行え、ローカルまたはクラウドベースシステムによる監視が可能な、複数のタンクレベル測定用のワイヤレス監視システムを開発できます。

  10. この用途を解決するために、バナーエンジニアリングは、D10Dエキスパートの技術に、小さな物体のカウント用に最適化された光ファイバアレイを組み合わせ、Q10エキスパートスモールオブジェクトカウンターを作りました。スモールオブジェクトカウンターの光ファイバアレイを事前に構成することで、シングルポイントの投光器と受光器の光ファイバアセンブリを使用する場合に比べ、アライメントと物体の位置決め制御の重要性が低くなります。これにより、小さな物体のカウントを確実に一定して行うことができます。

  11. 長距離の検知範囲で車両の存在を検出するためのワイヤレスソリューション。

  12. ワイヤレスでレールカーの車両を検出して車軸のプッシュアームをトリガする。

  13. ゲートウェイ、またはワイヤレスネットワークコントローラは、水タンク内の水位を監視します。水位が低下すると、貯蔵ポンプと共に設置されたノードが、出力を使用してポンプのサイクルをオンまたはオフにします。一連のノードが、各果樹園に流入する水量を監視します。ゲートウェイに接続された1Wデータ無線からモバイルアセットまたは中央制御ステーションにデータが送信され、データ処理と水道料金の計算に使用されます。

  14. 米国中西部全域では、水の使用を最小限に抑え作物の健康を確保するためにセンターアームピボット灌漑システムが使用されています。センターピボットアセンブリのセクションは異なる速度で動作する必要があるため、各セクションを動かしているモーターを監視して、各セクションが適切な速度と時間で作動していることを確認する必要があります。

  15. 何らかの問題や設備の損傷などが発生した場合、ローププルケーブル (最大75メートル) の付近にいる作業者がケーブルを引くか、または機械の非常停止ボタンを押して機械の動作を停止させることができます。スイッチは過酷な条件下でも屋外での取り付けが可能なように頑丈に設計されています。スイッチは、ロープ張力表示と張力リモート監視用の補助出力を提供します。

  16. 丸太が皮剥ぎ機に向かって移動すると、EZ-ARRAY受光器は、ブロックされている光軸の総数を測定します。この受光器から皮剥ぎステーションの論理コントローラにアナログ信号が送信されます。このコントローラが丸太の直径を測定し、丸太グリッパと皮剥ぎ刃を丸太のサイズに合わせて調整します。丸太のサイズを正確に測定することでプロセスの安定性が確保され、皮剥ぎ機の損傷を防ぎます。

  17. ある自治体には、ピボット灌漑システムを使用して家庭雑排水で灌漑された30以上の農場があります。現地の規制は、灌漑システムが道路や溝に噴霧することを禁じています。顧客は、所定の位置座標に基づいてエンドノズルへの水の流れを確実に制御することができるソリューションを必要としています。