食品包装向けカートン組立ソリューション

トレイの密封が完了し、すべての検査に合格したら、それらを正しい箱に詰める必要があります。カートナー装置は、平らな食品包装箱を組み立てて、保管または販売向けに食品を密封します。

各カートンにトレイが配置されると、フラップが密封されて、次の包装ステージに送られます。この装置で最も一般的にみられる用途は、フラップの検出、カートンのスタック高さ、およびバーコードの読み取りです。

 

カートナー装置の画像

バーコード確認は、食品が正しいカートンに梱包されたことを確認する方法の1つです。カートンのラベルが誤っている場合、主な回収原因となるアレルゲンの未開示につながる可能性があるため、このプロセスには重要な意味があります。

また、バーコードを迅速かつ正確に認識することによって、生産ラインの減速や渋滞を防止することができます。フラップと粘着剤の検出では、粘着剤がフラップに塗布されていること確認することで、正しく密封することができます。密封エラーのある箱も製品の回収や廃棄の原因となります。

ライン変更によって梱包材のグラフィックや色を変えることができます。変更に長時間のダウンタイムを強いることなく、多様な梱包材の検出を確実に行うには、多用途性の高いセンサが必要です。バナーエンジニアリングはさまざまな色、表面、および材料を確実に検出するソリューションを数多く用意しています。Q4Xなどのレーザー変位センサも提供しており、特に、表示が一定しない光沢のあるフォイルや鮮やかなグラフィックが使用された困難な梱包材の検出で性能を発揮します。

この記事で取り上げられた用途

日付/ロットコード印刷のためのカートンのトリガ
日付/ロットコード印刷のためのカートンのトリガ

QS18LLPレーザー偏光回帰反射センサは、小さく明るいスポットを投影する狭いビームを備え、様々な装置のトリガで正確に位置を制御します。この用途では、QS18LLPは、コンベアを流れる光沢のあるカートンを (プロキシングなしで) 正しく検出し、インクジェットプリンタをトリガして日付/ロットコードをカートンに印刷します。第二センサは、P4 OMNIをトリガして日付/ロットコードを検査し、読み取り可能かつ正確であることを確認します。

カートンのスタック高さ
カートンのスタック高さ

頻繁な製品の転換、セットアップ時間の短縮

薄くフレキシブルなエッジがある包装の前縁検出
薄くフレキシブルなエッジがある包装の前縁検出

バナーのLXシリーズは、冷凍食品用容器などのフラットな対象物の前縁を検出するための経済的なソリューションです。LXシリーズのパーツ検知用ライトスクリーンは、ライトスクリーンを通過する物体をその位置に関係なく変調光の膜で検出します。

カートナー内部の照明
カートナー内部の照明

バナーのWLS28 LEDライトストリップを使用することで、オペレータは適切に箱詰めされていない冷凍食品に気づき、最小限のダウンタイムで問題を解決することができます。この耐久性に優れ長持ちする白色光のライトは、カートナー内部の照明に適したエネルギー効率の良いソリューションです。IP69K等級に対応しているため、頻繁に機械洗浄が行われる環境でも問題ありません。

加工冷凍食品の折ぶたの検出
加工冷凍食品の折ぶたの検出

QS18LDレーザー反射センサは、包装材の上部をスキャンし、折ぶたが開いていないかどうかを確認します。レーザー反射センサは、正確に検出を行い、加工冷凍食品が正しく密封されているかどうかを確認します。