cart
DESCRIPTION
PRICE (EACH)
SUBTOTAL
Close
ERROR: There was a store error when adding the item to your cart. [128]
Adding the item to your cart...

すべての包装ソリューション

  1. T-GAGE M18Tシリーズ温度センサは、温度を検出する非接触型の受動センサで、周囲温度より高い物体または低い物体を検出し、出力を作動する設計になっています。この用途では、包装材の折ぶたにホットグルーがあるかどうかをT-GAGE温度センサによって検出します。ホットグルーがある場合、工程はそのまま続行し、包装材は密封されます。ない場合は、その出力によってホットグルーを塗布するプロセスがトリガされます。

  2. バナーのT-GAGE M18T温度センサはホットシールの検証に最適です。このセンサは対象物から放出される赤外線エネルギーを検出し、0⁰C~300⁰Cまでの温度を測定します。この用途では、折ぶたに高温の接着剤があるかどうかをT-GAGE M18T温度センサによって検出します。接着剤があれば、その包装は製造ラインをそのまま進んでいきます。接着剤がない場合は、押し出しアームをトリガする出力によってその箱はコンベヤから落とされ、選別されます。

  3. 生産の部品量と産出量を監視することで、機械のオペレータや責任者は、プロセスや設備に関する重大なデータを得ることができます。このデータにより、生産ラインにおける問題の特定と解消をより素早く行えるようになります。

  4. コンベア上でパッケージを確認してカウントするためのセンサソリューション。ティーバッグのようなフォイルおよびフィルムのパッケージ、多色のパッケージ材料。

  5. 透明体感知モードのセンサを使用して、デネスティング工程中にプラスチックトレイを適切にステージングします。

  6. さまざまな形状の起伏がある透明プラスチック容器をカウントするためのセンサソリューション。

  7. 正確な前縁検出により高速用途で透明なガラスバイアルおよび瓶を認識するためのセンサソリューション。

  8. Hamer, LLCはミネソタ州にある多用途の自動印刷装置メーカーで、世界中に導入実績があります。ペットフードからペレット燃料まで、Hamer製の機械によってさまざまな重さと大きさの多様な製品が、1分当たり最大60袋のスピードで包装されます。このようなHamer製の装置に不可欠な要素のひとつは、高速で通過する包装材に記載されたマークを検出できるレジマークセンサです。マークが検出されると、包装材が所定の位置で切断され、廃棄部分が取り除かれてすべての包装袋が均一にできあがります。

  9. バナーのQ3Xは多用途の頑丈なレーザーコントラストセンサで、レジマークの検出用途に最適です。レーザースポットが小さく300 mmまで検出可能なQ3Xは、小さい白色のレジマークを確実に検出できます。Q3Xによって白色のレジマークが検出されると明暗度の読み取り精度が上がり、ディスクリート出力がトリガされて、白色のレジマークが存在すること、適切な包装が製造ラインを進んでいくことが知らされます。

  10. 高速かつ低コントラストのバナー製R58 Expertレジマークセンサは、ラベルが正しい位置で適切なタイミングで正確に切断されるように、ラベルが高速で通過するときにラベルに記載された見分けにくいレジマークを検出します。頻繁なラベル変更に対応するため、このセンサのLEDには複数の色が用意されており、コントラストを最適化するために最適な色がそのつど自動的に選択されます。

  11. 高い色分解能を持つバナー製R58 Expertレジマークセンサは、10 kHzの高速スイッチング周波数に対応した高性能センサで、通常は検出が困難な継ぎ目やその他の欠陥を高速で検出します。高感度のR58 Expertセンサでペーパーロールの目立たない継ぎ目を検出することで、印刷工程で継ぎ目の部分が印刷されないようにします。

  12. 空のチューブが製造ラインを進んでいくとき、歯磨き粉が充填されて封止される前に可視光センサでチューブに記載されたレジマークを検証することができます。バナー製の高速R58可視光色差センサはレジマーク用途向けの極めてパワフルなセンサで、高光沢で低コントラストの表面にあるマークも容易に読み取ることができ、広い色範囲全体の2パーセントほどの低い色差も検出します。

  13. Safeguarding palletizer machines present many challenges to keep personnel safe and maintain efficient production. The new SGS Safety Grid with muting arm bar kit protects the dangerous robotic machinery while allowing boxes to pass through the Grids without stopping production. The muting arms can recognize if anything other than a box passes through the Grids and will trigger a machine stop on the palletizer.

  14. Algus Packaging Inc.はヒートシールおよび熱シール・成形包装産業におけるリーディングカンパニーです。高性能シーリング機の設計、開発および製造のほか、熱成形包装、包装業務請負の包括的なサービスを提供しています。Algusが提供している機械およびサービスは、現在および将来のニーズに応じて変更および拡大できるようになっています。

  15. バナーのXS26-2は使いやすい多用途の安全コントローラで、その直感的なプログラミング環境を利用することで、現在の機械工程に対処するだけでなく、機械オートメーションの拡張や変更に応じて最大で8台までのI/O拡張モジュールを追加できる柔軟性があります。多岐に渡る安全機器に対応しているため、複雑な用途の場合にも短時間で設定してコントローラにダウンロードすることができ、効率的な機械のコミッショニングに役立ちます。

  16. EZ-SCREENセーフティライトスクリーンは、固定ブランキングと縮小分解能 (フローティングブランキングとも呼ばれる) により、平らな箱を機械内に搬入させます。固定ブランキングによって箱が無視され、縮小分解能によって箱の高さのわずかな違いが無視されます。箱の供給が止まり、固定ブランキングエリアに何もない状態になると、EZ-SCREENライトカーテンは機械を停止させて作業員が安全に箱を補充できるようにします。

  17. An LS Series safety light curtain with a mute arm kit in T-configuration combined with an XS26 Series safety controller is an easy-to-implement solution that protects staff from potential hazards without disrupting the flow of pallets to the depalletizer.

  18. 回転域検出機能付きのiVu BCRバーコードリーダーは、製品パッケージのバーコードを読み取り、熱密封を行えるようにパッケージが正しく配置されていることを確認します。

  19. バーコードのスキャンおよび検証には、バナーのTCNM線形バーコードスキャナを推奨します。多くの一般的な線形バーコードシンボルを解読することができるこのスキャナは、製造ラインでの効果的なボトルの流れの維持に役立ちます。TCNMリニアセンサを使うと、正しい製品をリアルタイムで確認する作業を自動化できます。

  20. ABRシリーズのバーコードリーダーはより小さなコードをより広いターゲットエリアでより遠くから読み取ることのできる高い解像度を備えているため、荷物追跡アプリケーションの解決に使用することができます。1.3 MPと2 MPの解像度を備えたABR 7000モデルに偏光機能が搭載されたため、反射面やグレアがあるターゲットでのパフォーマンスが向上しています。バナーの最高解像度カメラであるVEは、オリジナルのビジョンカメラ限定モデルのほかに、バーコード読み取り限定モデルでも提供しています。このため、VEシリーズはバナーの製品ポートフォリオの中で最も高解像度のバーコードリーダーとして、複雑なアプリケーションをより最適に解決するために設計されています。

  21. バナーのWLS28 LEDライトストリップを使用することで、オペレータは適切に箱詰めされていない冷凍食品に気づき、最小限のダウンタイムで問題を解決することができます。この耐久性に優れ長持ちする白色光のライトは、カートナー内部の照明に適したエネルギー効率の良いソリューションです。IP69K等級に対応しているため、頻繁に機械洗浄が行われる環境でも問題ありません。

  22. アナログ設定の2ポイントティーチオプションを使うと、フラットケースの前面を20 mAポイントとしてティーチし、4 mAの手動設定に対してケースの終端に簡単に調整できます。これにより、フラットケースの残数を計測し、ケース数が少なくなってきた場合にケースを追加することができます。存在検出にはデジタル出力も使用できます。これは、ピックアップできるケースがあることと、一度に1つのボックスのみがピックアップされることも確実にすることができます。

  23. デネスターのトレイレベルの追跡によって、製品が適時に補充され、生産に影響を及ぼさないようにすることができます。

  24. 超音波センサ:バナーのT30UX 超音波センサは高精度の距離検出能力を持ち、非接触式の方法でフィルムのロール直径を測定します。縦型製袋充填機はロールの半径を測定して残りのフィルムの量を計算し、少なくなるとオペレータにそのことを知らせます。希望する袋または包装の長さと同じ距離を事前に設定し、その距離だけ材料を送られなければなりません。

  25. 透明なプラスチックの検出は常に問題があります。従来型の光電センサの光学ビームは透明な材料を透過するため、信頼性の高い検知結果は得られません。

  26. バナーのT30UX超音波センサは、ループ制御のための透明材料の検出に最適なセンサです。 このセンサでは光ではなく音を使用するため、このような特殊な用途において高精度の性能と優れたコスト効率が得られます。材料は透明であっても固体の表面があるため、超音波センサが音波を反射させることができます。T30UXは、透明材料の検出に使用できる他のセンサより高精度のトランスデューサがあり、デッドゾーンも小さく、検出距離も短いという特徴があります。

  27. バナーのLXシリーズは、冷凍食品用容器などのフラットな対象物の前縁を検出するための経済的なソリューションです。LXシリーズのパーツ検知用ライトスクリーンは、ライトスクリーンを通過する物体をその位置に関係なく変調光の膜で検出します。

  28. 複数の色が推移する暗色系のパッケージは、従来の赤いLEDセンサでは検出しにくいことがあります。バナーエンジニアリングの小型VS8光電センサは青いLEDを使用しており、反射性の低いラベルで良く機能し、加圧缶に詰められた冷蔵食品のパッケージを検出することができます。小型センサは狭いスペースにもフィットし、短距離の用途に利用できます。青いLEDは小さなスポットサイズにより、ラベル上の色の推移効果を最小限に押さえます。

  29. 会社では品質管理に関する問題がいくつか発生していました。ボトルがラインから外れ、ラベルの欠落、ゆがみ、重複貼付が起きていました。その結果、ラベルエラーのあったボトルを除外して、再利用に向けてプラスチックを粉砕するというプロセスで、顧客は月に2,000本を超えるボトルを廃棄していました。さらに、顧客からはラベルエラーに対する深刻な苦情が届くようになりました。さらなるボトルの廃棄と上顧客の喪失を避けるため、同社はバナーのラベル検査ソリューションに関心を持ちました。

  30. 倉庫型店舗での販売用としてブリストレイに誤ってパッキングされたボトルは、製品ラベルの表示に誤りがあったため、会社に返品されました。

  31. 316Lグレードのステンレス鋼で作られたバナーのQ4Xレーザーセンサは、調剤環境やその他の無菌充填エリアに非常に適したセンサです。Q4Xの検出範囲は25~300 mmで、精度の高いビームのスポットサイズを備え、キャップがフィーダーボウルを出る際にその向きを効果的に検出することができます。キャップが逆さまになっている場合、Q4Xは高さの違いを検知し、そのキャップを取り除きます。

  32. この用途を解決するために、バナーエンジニアリングは、D10Dエキスパートの技術に、小さな物体のカウント用に最適化された光ファイバアレイを組み合わせ、Q10エキスパートスモールオブジェクトカウンターを作りました。スモールオブジェクトカウンターの光ファイバアレイを事前に構成することで、シングルポイントの投光器と受光器の光ファイバアセンブリを使用する場合に比べ、アライメントと物体の位置決め制御の重要性が低くなります。これにより、小さな物体のカウントを確実に一定して行うことができます。

  33. お客様は、パッケージを素早く検出し、設置とメンテナンスが簡単で、必要に応じて大量に購入できるほど入手しやすい単一出力ソリューションを求めていました。

  34. QS18LDレーザー反射センサは、包装材の上部をスキャンし、折ぶたが開いていないかどうかを確認します。レーザー反射センサは、正確に検出を行い、加工冷凍食品が正しく密封されているかどうかを確認します。

  35. バナーの頑丈なPresencePLUS P4 Sealed OMNIビジョンセンサは、光学文字確認 (OCV) 検査を使用して、日付とロット番号が正しく読み取りとれるように印刷されていることを確認するため、日付/ロット番号に使用することができます。IP68等級のハウジングの使用により、過酷な洗浄環境に耐えられるため、センサは食品や飲料品用途に最適です。P4 OMNIセンサは、ボックスの端を確認することによって、日付/ロット番号を検査する必要のあるカートンマガジンの領域を簡単に特定することができます。Wi

  36. VEシリーズスマートカメラは、歯磨き粉チューブが挿入される前に、容器上のロゴを検査します。検査工程に流れてきた容器はライン上のセンサによって検出され、センサの出力をトリガとして受け取ったカメラが検査領域 (ROI) の画像を撮影します。商品ロゴと周囲のコントラストを向上させるため、カメラから電源供給を受ける赤色LEDのリングライトが使用されます。

  37. 製造ラインを流れてくる箱が正しいか確認するため、iVuシリーズセンサは360度の回転に対応した一致検査用に設定されます。まず、正しい箱の画像が1枚捕捉されます。そして、それをもとにセンサが不適切な箱を検出すると、不合格の出力が製造ラインに送信され、その製品ははじかれます。

  38. 各製品を検査するために、iVuシリーズセンサは一致検査用に設定されます。まず、合格品の包装の画像が捕捉されます。そして、検査中にラベルがない包装や異なるラベルが検出されると、センサから製造ラインに不合格の出力が送信され、その製品ははじかれます。

  39. iVu TG画像センサにはマッチングセンサを含む4つのタイプがあり、あらゆるラベル検査の用途に対応しています。マッチングセンサはラベル上のパターンが参照パターンに一致しているか、その向きが正しいかを判断します。iVu画像センサではボタンを押すだけ、あるいはPLCによるリモート操作で簡単に正しいラベルパターンを認識および適合できるようにティーチすることができ、画像処理のスキルは必要ありません。

  40. PresencePLUS P4 COLOR OMNIビジョンセンサを使って、同じキャップのボトルが所定の数だけケース内に包装されているか確認します。ケース内に足りないボトルがないか、キャップが付いていないボトルはないか、間違った色のキャップがないかが検出されます。

  41. この例では、プラスチックフィルムの包装材はさまざまな役割を持っています。まず、不正開封防止シールとしての役割、搬送中にキャップが外れないように保護する役割、そして、缶に対してアプリケーターツールを保持する役割もあります。それ以外にも、プラスチックはフールプルーフとしての機能も果たし、使用前に中身がこぼれたときに利用者を守る働きをします。このような理由から、プラスチックフィルムが付いていない缶は不合格となります。

  42. この用途には、一致検査用に設定されたiVuシリーズのセンサを使用します。音楽ラベルが上を向いており、位置がわずかな許容誤差内であることを確認します。不適切な向きのCDがセンサによって検出されると、製造ラインに不合格品が通知され、そのCDは取り除かれます。

  43. プラスチック製のボトルがWORLD-BEAM Q12センサの下を通過するとき、限定反射型ビームによってキャップ付きのボトルが、キャップの色に関係なく識別されます。キャップがないボトルは製造ラインからはじかれます。Q12のレーザーのようなLEDビームにより、15 mm、30 mm、50 mmでの正確なカットオフが可能で、ボトルの内容物がキャップに間違われることはありません。

  44. スペースが限られた場所にも問題なく設置できるWORLD-BEAM Q20センサは、ラベルが製品に貼られる前にラベルの有無を確認します。

  45. このソリューションには、一致検査用に設定されたiVuシリーズのセンサを使用します。このセンサは各プラスチックボトルを評価し、ボトルの形状が正しくない場合、製造ラインに不合格の出力が送信され、そのプラスチックボトルは不合格となります。

  46. コンベアの近くに取り付けられたPresencePLUS P4 COLOR OMNIでチョコレート12個入りの箱を検査し、各紙カップに正しい種類のチョコレートが入っていることを、色に基づいて確認します。カップに間違ったチョコレートが入っている場合や、チョコレートがなかったり破損している場合には、それらの箱は不合格になります。

  47. PresencePLUS P4 COLOR OMNIビジョンセンサが洗剤ボトルに差し込まれた注ぎ口を検査します。注ぎ口の有無、注ぎ口が完全に差し込まれているか、注ぎ口の色がボトルの色と一致するかが確認されます。特別なブラケットによって、コントラストと色の視認性が最大限に高まるようにエリア照明が配置されます。

  48. サラダ用ドレッシングの瓶がラベルステーションを通過する際、マッチツールが設定されたiVuシリーズ ビジョンセンサによってラベル検査が行われ、事前に設定された基準画像とラベルの比較が行われます。こうすることで、瓶のラベルの有無と貼付状態が正しいことを確認します。

  49. コンベアの上方に設置されたバナー製センサによって通過する箱を順に検査し、チョコレートの数が足りないものがないか確かめます。Q12透過型センサセットから放射されたトリガビームが通過する箱によって遮断されると、箱の上方に設置されているQS18AFセンサアレイによってチョコレートが欠けていないかそれぞれの位置が検査されます。箱に入っているチョコレートの個数が不適切であることが検出されると、包装ラインのメインコントローラに出力信号がリレーされ、不合格の条件を知らせます。

  50. 製品が品質基準を満たしており、外観とブランドの整合性を維持するには、各ボトルを検査して、正しいボトルキャップが存在しており、それが適切に配置されていることを確認する必要があります。

  51. A leading manufacturer of labeling equipment offers high-speed shrink sleeve label applicators designed to process 800 bottles per minute. To maximize the machine’s performance potential, the company wanted to install sensors capable of consistent detection and output for high-speed bottling.

  52. A leading manufacturer of conveying equipment designs and builds high-quality, low-cost conveyance solutions. The pallet equipment they develop is expected to reliably convey, palletize and depalletize thousands of pallets and unit loads annually. This equipment must be able to sense a wide range of different pallet types and sizes to ensure the proper packing and unpacking of pallets and avoid line slow-downs, pallet crashes and collapses.

  53. Banner’s Q45 wireless call sensor communicates to a wireless DX80, signaling that forklift drivers can remove the completed pallet for shipping. This helps keep the conveyor clear, keep it moving faster and leads to more productivity. Since forklift drivers are being called to action more quickly, it allows for more productivity.

  54. バナーのQ30FF600背景抑制センサは、製品が出口シュートに入ったときに仕分けシステムから外れたことを確認し、製品シュートに詰まりが無いことを確認します。Q30FF600は、多くのシュートの規格幅である600 mmまでの長距離検知が可能です。

  55. S18-2回帰反射センサは、自動誘導コンベアステーションに沿って長距離で効果的な検知を行います。偏光センサは、偽トリガを減らすことで光沢のある表面を効果的に検出します。S18-2回帰反射センサはバレルマウント方式の費用対効果の高いセンサで、検証の目的でコンベアに沿って容易に設置が可能で、回帰反射型、透過型、反射型、限定反射型をご用意しています。

  56. バナーのDS18センサとゾーン制御モジュールを組み合わせることで、生産性を向上させ、および状態の変化を示して製品フローを最適にする費用対効果の高いソリューションが提供されます。そうすることで、箱の衝突を防ぎ、箱の内容物を傷つけないようにゾーンを停止させることができます。

  57. コンベア上を移動するカートンが2つのLE550レーザーセンサ間を通過するときに、カートンの幅が測定され適切に仕分けが行われます。LE550センサは、カートンの形状認識向けの経済的なソリューションです。アナログ出力からPLCに信号が送信され、カートンが正しい保管場所に送られます。バナーのLE550は繰り返し精度と精度を確保しながら、カートンの高さ、長さ、幅を測定します。レーザーセンサは直感的なユーザーインターフェイスを備えており、設定を容易に調整できます。

  58. バナーのS18-2バレルセンサは、このような用途で使用できるコスト効率の良い確実な検出方法です。小型であるため製造ラインに容易に組み込むことができ、競争力のある価格により、複数のセンサが必要な用途に最適です。S18センサは、強力で明るく見やすい赤色投光器ビームにより、セットアップ中に簡単に調整できます。

  59. QS18LLPレーザー偏光回帰反射センサは、小さく明るいスポットを投影する狭いビームを備え、様々な装置のトリガで正確に位置を制御します。この用途では、QS18LLPは、コンベアを流れる光沢のあるカートンを (プロキシングなしで) 正しく検出し、インクジェットプリンタをトリガして日付/ロットコードをカートンに印刷します。第二センサは、P4 OMNIをトリガして日付/ロットコードを検査し、読み取り可能かつ正確であることを確認します。

  60. WLS28ワークライトストリップ: 明るく長持ちするLEDライトストリップにより、使い勝手を損ずること無くオペレータが箱詰め機内の状態を視認することが容易になります セーフティヒンジスイッチ: ステンレス鋼製の耐荷重式のセーフティヒンジスイッチが箱詰め機のドアを支え、ドアが開かれている場合は機械を停止し、故意の過失のリスクを最小限に抑えます。

  61. この用途の検知の特徴はシンプルでありながらユニークです。反射率の高い白色の背景の上にセンサを配置することにより、濃淡が様々に異なる暗色で低コントラストの物体を検知します。EZ-BEAM T18限定反射センサは理想的なソリューションです。検出カットオフが鋭く、色のバリエーションの影響を受けません。特定の範囲内にある物体の有無を知らせ、背景を無視します。

  62. 超音波センサは確実なパレット検出を実現します。超音波センサは音波を発信し、ターゲットから跳ね返る音波の戻りエコーを「リスンします」。確実な背景(この場合はコンベア)をセンサにティーチすることで、センサはコンベアから戻る音波をリスンします。センサとコンベアの間を通過する物体が検出され、出力が切り替わります。

  63. バナーのWORLD-BEAM QS18LPレーザーセンサは、コンベア上を通過するすべてのカートンを正確に検査し、ロボットをトリガして、カートンを容器に装填します。QS18LPは、目に見えるレーザー感知ビームにより正確に位置を制御し、近い検出範囲にあるカートンの正確な計数を保証します。頑丈なQS18LPは狭い空間にも理想的で、コンベア周りに容易に設置して、正確な検知を実現します。非常に明るいLEDを装備しているため、動作ステータスを360℃から確認できます。

  64. バナーのRP-LS42安全ロープは、非常事態を知らせるためにラインコンベアを引っ張り、即座にコンベアを停止します。非常時にロープを引いた状態が発生すると、引っ張られた場所を正確に突き止めるのが難しい場合があります。K30インジケータライトをローププルとセットにするで、ロープが引かれた場所を示すことができます。これにより、非常事態が発生した場所を迅速かつ簡単に表示し、できるだけ早く通常動作に戻ることができます。

  65. 飲料業界における効率的な製造ラインを維持するためには、あらゆる安全性の問題を即時に通知することは基本事項です。視覚的な指示およびブザーを使用して安全性の問題を特定することで、作業者はエラーを迅速に発見および修正し、システムを適時に正常な動作状態に戻すことができます。

  66. バナーエンジニアリングQM26洗浄センサは、重量検査機に近づく暗色のプラスチック製食品トレイを検出し、充填されたトレイの正確な重量を確認します。

  67. 充填された食品トレイは確実に密閉され、透明なフィルムのレイヤで包装される必要があります。熱シーラーにVSMシリーズセンサを設置すると、ロールのフィルム材料の残量を正確に監視できます。