組み立てとロボットの成功事例

  1. ある設備メーカーは自動車産業向けに検査・測定用機械を製造しています。オペレータは、制御キャビネットを使って機械システムにアクセスしています。キャビネットの強い照明により、機械のメンテナンスと管理を簡単に実施しています。以前は、このタスクには、AC接続の蛍光照明器具が複数使用されていました。

  2. American Hoffmann Corporation chose WLB32 LED light bars to illuminate work areas, enclosures and control cabinets, replacing fluorescent light fixtures. The superior light distribution offered by the WLB32 LED lights lights, as well as the ease of installation were key factors in the company's decision.

  3. 会社は、大規模な製品検査機器の複数のワークステーションに輝度の高い照明を提供する、コスト効率の良い照明ソリューションを求めていました。

  4. 自動車用品製造メーカーは、多様な車両システムを生産しています。座席システムには、構造とデザインに快適性と安全性を強化する特徴が取り入れられています。座席の下部に設置される重量センサは、車両の安全システムと連携して座席占有者のサイズと位置を判別します。事故が発生した場合にエアバックを作動させるかまたはどのように作動させるかという判断を左右するのが、こういった要因です。

  5. 組み立て時、座席の高さの調整、前進および後退の動き、および正位置とリクライニングの動きを測定するために、検査が行われます。それぞれの検査には、2つのセンサが使用されます。センサはコンベヤラインの外に配備されており、座席への簡単なアクセスと座席の自由な動きが確保されています。検査中、最大可動範囲において、座席はセンサから最大1メートル離れることがあります。

  6. During normal operation, operators load a welding machine with the frame components to be welded. The customer needed accurate machine run time data to determine why production goals were not being met.

  7. To improve efficiency, assemblers at work stations need a way to call for parts and service that doesn’t involve them leaving their work stations. Getting parts more quickly would improve production efficiency, and using a system of remote indicators would let the supervisors to see the status of each work station, allowing the supervisors to fix production problems quickly and to collect production metrics.

  8. オーブンを通過する部品が多くなってくると、積み降ろされるアイテムの流れのペースに合わせることはますます困難になります。仕分けエリアでの停滞が高まり、アイテムが誤った方向へ流されたり、破損することさえあります。部品の流れを一時的に停止するば、アイテムを積み降ろすオペレータは間違いを訂正し、ピックアップステーションを一掃することができます。しかし、積み下ろしエリアと積み込みエリアとの間の距離と周囲の機械から得る干渉により、オペレータ同士のコミュニケーションが困難になります。

  9. Betty Machineは、バナーエンジニアリングのSureCross® DX80 FlexPower®ワイヤレスネットワークを選択しました。汎用性があり拡張性の高いこのソリューションは、複数のエンドポイントノードとの双方向通信が可能なゲートウェイを中心に構築されています。