すべての組み立てとロボットソリューション

  1. • ローカル表示だけでなく使用可能なデータを拡張• 迅速に対処するために必要な情報を取得• これまで取得できなかったデータに基づいた効率の向上を促す

  2. • ワイヤレス部品/サービス/引き取りコールシステムによる効率の向上 • 最大で18か所のワークステーションと6台のフォークリフトの接続が可能 • ワークフローを中断することなく重大な問題を早期に解決

  3. • 一目で機械状態が分かる表示 • 機械状態の情報をさまざまな装置に送信 • テキストメッセージまたはEメールで重要な状況をスタッフおよび責任者に通知

  4. • 部品がなくなる前に、過剰在庫にならないように組立ステーションに在庫を補充 • 部品補給を行うフォークリフトオペレータと組立工の間でリアルタイムの対話を実現 • 搬送効率の監視

  5. • 完成したパレットを組立ステーションから迅速に回収 • 組立ステーションからAGVへ直接通信できる • 所要時間のデータを用いたプロセス効率の向上

  6. • すぐに目に入る警告表示 • フォークリフトの交通量が多いエリアでスタッフのリスクを最小限に抑える • 視界が悪いエリアで通行の流れをスムーズにする

  7. • 忙しい工場の現場で即座に視覚的なコミュニケーションを実現 • 総合設備効率 (OEE) を計算するために機械状態およびその他のデータを収集 • テキストメッセージまたは電子メールで重要な状況をスタッフに通知

  8. • 小さい問題が重大な問題に発展して機械の性能やアップタイムに影響を及ぼす前に問題を特定する • 離れた場所から環境データを入手 • テキストメッセージまたは電子メールで重要な状況をオペレータに通知

  9. • 深刻な損傷または予定外のダウンタイムが生じる前に機械の問題を見つける • テキストメッセージまたはEメールで状況の変化をスタッフに通知 • 一目で機械状態が分かるローカル表示

  10. • 明確な組み立て指示により製造ミスを最小限に抑える • 再配線することなく組立ステーションを再構成および移動できる • 製造効率の向上と施設空間の有効利用

  11. 生産の部品量と産出量を監視することで、機械のオペレータや責任者は、プロセスや設備に関する重大なデータを得ることができます。このデータにより、生産ラインにおける問題の特定と解消をより素早く行えるようになります。

  12. S22 Proシリーズのタッチボタンとインジケータによって制御パネルのデザインを簡素化することで、操作体験とパフォーマンスを改善することができます。Pro Editorソフトウェアは、S22 Proシリーズの持つ内蔵ディスプレイの機能性を拡大し、カスタムディスプレイを提供することができます。

  13. EZ-SCREEN LSセーフティライトカーテンには DIPスイッチはなく、エンドツーエンド検知が可能で、自動設定機能によって容易に設置できます。サイドマウント用ブラケットを使用してすばやく簡単に設置することができ、さらにEZ-SCREEN LSアレイの前側から調整することで、セットアップにかかる時間が短縮されます。機械のアップタイムを最大限に高め、修理や交換の費用が削減されるため、企業の競争力維持に役立ちます。

  14. バナーエンジニアリングのEZ-SCREEN LSは、自動カスケード機能によって危険に対して複数のアクセスポイントを防護する際の問題に対処できます。この高度な機能により、最大で4セットのライトスクリーンを、サイズや解像度に関係なく直列接続することができます。そのために必要なものは、制御キャビネットと接続するための1本のケーブルと、シングル/デュアルチャンネルのセーフティインターフェイスひとつのみで、パネルスペースを節約できます。

  15. バナーのXS26-2は使いやすい多用途の安全コントローラで、その直感的なプログラミング環境を利用することで、現在の機械工程に対処するだけでなく、機械オートメーションの拡張や変更に応じて最大で8台までのI/O拡張モジュールを追加できる柔軟性があります。多岐に渡る安全機器に対応しているため、複雑な用途の場合にも短時間で設定してコントローラにダウンロードすることができ、効率的な機械のコミッショニングに役立ちます。

  16. バナーのXS26-2拡張性安全コントローラは、複数の工程がある大規模な機械を含め、多様な種類の機械に合わせて適応できるスケーラブルな安全ソリューションです。最大で8台のI/O拡張モジュールを追加できるため、複数の危険個所やアクセスポイントがあるような設置面積の広い機械にも適応します。また、直感的に使用できるプログラミングソフトウェアには、あらかじめ設定された安全機能やロジックブロックが用意されています。

  17. バナーのSC26-2は、直感的なプログラミング環境を持つ、使いやすくフレキシブルな安全コントローラです。このプログラマブル安全コントローラを使うと、すべての安全機器を1台のモジュールで管理できます。SC26-2は安全機器の状態をイーサネットIPを通じて知らせる一方で、タワーライトを制御して安全機器の状態を視覚的に表示します。ベースコントローラにある26の入力のうち8つを出力として設定することができ、効率的なターミナルの利用が実現します。

  18. この例では、2人の作業員が取り付けおよび取り出し作業を行うため、熱カシメ機の両側にガードが必要になります。そこで、ステーション両側のそれぞれに2台のセーフティライトスクリーンを設置して作業員を保護します。1台は48"の角度の垂直なライトスクリーンとしてエリアガードを行い、もう1台は12"に傾斜したライトスクリーンで工具の取り付けおよび取り出しを行う作業箇所を防護します。

  19. 極めて堅牢なバナーのEZ-SCREEN LSは、 ヘビーデューティー設計の押し出しアルミニウム製IP65/67等級ハウジング、金属製エンドキャップ、埋め込み式の窓によって、材料の除去および不測の衝撃による衝突から守られています。さらに、12メートルの検知範囲により大型プレス機の防護が可能になり、オイルや埃の堆積による光学的な劣化の問題を回避できるため、機械に埃やオイルが堆積してシステム性能が低下することはありません。

  20. An LS Series safety light curtain with a mute arm kit in T-configuration combined with an XS26 Series safety controller is an easy-to-implement solution that protects staff from potential hazards without disrupting the flow of pallets to the depalletizer.

  21. A robotic weld cell is protected on multiple sides by hard guarding. Between work cycles operators must be able to access the weld cell to retrieve completed work pieces and load new material. Used to safeguard access points to the weld cell, an SX5-B safety laser scanner can increase machine uptime and productivity.

  22. Learn how SI-RF Series safety switches can be used to monitor multiple guard doors, ensuring the highest levels of safety, and making it easy to identify and resolve issues.

  23. Banner’s fixed-field K50 indicator detects gloved hands , sensing when operators select the correct parts during the kitting process. The K50 indicator’s logic function is then able to notify the operator that he/she picked correctly by changing from green to yellow—additional colors can be selected to suite to the manufacturer’s preference. The K50’s ability to detect black gloves is especially important for lean manufacturing processes where workers typically wear dark gloves.

  24. To reduce the risk of error in an assembly operation, a one-piece EZ-LIGHT PVD pick-to-light sensor is placed on the top rail of a shelf, looking down on the shelf opening. The PVD is interfaced with a process controller that is programmed to illuminate the PVD on the bin to pick. After the PVD detects that the assembler's hand has entered and left the bin, the controller signals the PVD on the next bin to pick.

  25. Each bin has an EZ-LIGHT VTB Verification Touch Button connected to a process controller programmed with each order manifest. The VTB's LED base glows to indicate which lens to select to fulfill an order. After selecting the lens, the worker places a finger in the touch zone of the VTB to verify the pick. The worker does not have to apply any pressure to, reducing the risk of repetitive motion injury.

  26. To reduce the risk of error in an assembly operation, a one-piece EZ-LIGHT PVD pick-to-light sensor with a 400 mm range is interfaced with a process controller programmed with the correct assembly sequence. The controller makes the PVDs light up in the correct order, to show the assembler which part to pick. After the PVD detects that the assembler's hand has entered and left the bin, the controller signals the PVD of the next bin in the pick sequence to light up.

  27. After the operator selects a washer or shim from a bin, the operator places the washer on the corresponding illuminated EZ-LIGHT indicator on a rolling cart.

  28. The EZ-LIGHT PVA pick-to-light sensors provide a reliable error-proofing solution for various operation systems. The light indicate to assemblers which items to pick and in which order to pick them.

  29. A supplier of door panels to a global car manufacturer wanted to implement a pick-to-light system to reduce errors and the lost time that results from picking the wrong part during assembly.

  30. A Banner wireless solution is a simple way to optimize inventory, reduce errors, and minimize waste. Each SureCross Performance Node with I/O Mapping can be equipped with up to six EZ-LIGHT operator indicator lights. The SureCross Gateway is conveniently located at a central location where maintenance personnel and management can monitor the parts consumption throughout the site.

  31. PTL110 pick-to-light devices on a multiproduct assembly station are a highly effective way to prevent errors and speed up build time. The optical sensors on PTL devices detect hands as they pass by, confirming that a pick was made.

  32. Banner’s K50 Series of single-point pick-to-light sensors are a simple, easy-to-use error-proofing solution in assembly applications. In this application, the job light is Green while the job input is active, indicating the correct bin for the next pick. The presence of the assembler’s hand initiates an output change of state, turning the job light red. The job light above the next pick location will then turn Green.

  33. The EZ-LIGHT K50 sensor lights above a bin to show the assembler which part to pick. If the assembler reaches into a different bin, that bin's EZ-LIGHT K50 sensor lights up in the designated warning color—in this example, red— to indicate the error.

  34. The EZ-LIGHT K50 sensor in retroreflective mode indicates that the next part in the assembly sequence is the sunroof. When the operator selects the sunroof from its wide bin, the K50 detects the pick.

  35. In an order fulfillment operation for a candy distributor, bins are equipped with EZ-LIGHT K50 sensors connected to a process controller programmed with the order. Based on the order, the K50 illuminates to show which items to pick. When the worker places a hand into the bin, the indicator detects the presence of the hand, and the controller triggers the K50 on the next bin to pick.

  36. ある設備メーカーは自動車産業向けに検査・測定用機械を製造しています。オペレータは、制御キャビネットを使って機械システムにアクセスしています。キャビネットの強い照明により、機械のメンテナンスと管理を簡単に実施しています。以前は、このタスクには、AC接続の蛍光照明器具が複数使用されていました。

  37. American Hoffmann Corporation chose WLB32 LED light bars to illuminate work areas, enclosures and control cabinets, replacing fluorescent light fixtures. The superior light distribution offered by the WLB32 LED lights lights, as well as the ease of installation were key factors in the company's decision.

  38. エネルギー効率が良く、簡単に設置できるWLB92は、さまざまなモデルにより、広範な用途のニーズに対応します。照明は非常に明るく、ロボットセルエリアを効果的に照らします。AC電気配線モデルは、セル全体に簡単に設置できます。高品質のWLB92 LED照明は、美しい外観を得るように設計されているだけでなく、産業環境でも十分な堅朗性を備えています。

  39. 会社は、大規模な製品検査機器の複数のワークステーションに輝度の高い照明を提供する、コスト効率の良い照明ソリューションを求めていました。

  40. バナーのWLB32産業LEDライトバーは、堅牢な金属製ハウジングと飛散防止照明カバーを備えており、産業ロボットセル環境に理想的です。WLB32の輝度は非常に高く、グレアもありません。バナーのLEDライトバーは、従来的な蛍光照明よりも優れた産業照明ソリューションです。蛍光照明の分散光が360度であるのに対し、このLEDライトバーの照明効果は120度で、指向性の照明効果があります。

  41. 高輝度の非常に明るい製造業向けの照明ソリューションを見つけるのは至難の業です。コンベアの広いエリアを正しく照らすには複数の照明が必要となるため、照明を簡単につなぐ取り付けオプションが必要です。

  42. 自動車用品製造メーカーは、多様な車両システムを生産しています。座席システムには、構造とデザインに快適性と安全性を強化する特徴が取り入れられています。座席の下部に設置される重量センサは、車両の安全システムと連携して座席占有者のサイズと位置を判別します。事故が発生した場合にエアバックを作動させるかまたはどのように作動させるかという判断を左右するのが、こういった要因です。

  43. 組み立て時、座席の高さの調整、前進および後退の動き、および正位置とリクライニングの動きを測定するために、検査が行われます。それぞれの検査には、2つのセンサが使用されます。センサはコンベヤラインの外に配備されており、座席への簡単なアクセスと座席の自由な動きが確保されています。検査中、最大可動範囲において、座席はセンサから最大1メートル離れることがあります。

  44. ピックアンドプレースユニットには小型の光ファイバが最適です。DF-G1増幅器はファイバから分離できるため、作業員はデジタルデュアルディスプレイの画面を見やすい場所でデータを監視できます。また、クロストーク回避アルゴリズムが搭載されているため、複数の増幅器を近い距離で同時に使用することができます。

  45. バナーエンジニアリングでは、清浄な産業環境で透明体を検出するために特別設計された特別バージョンをEZ-ARRAYシリーズに加えました。低コントラストの検出と短い距離 (30~1500 mm) の検知を実現するため、標準仕様のEZ-ARRAY受光器をカスタマイズして開発されたEZ-ARRAY透明体測定用ライトカーテンは、ガラスや透明ウェブなどの半透明の対象物を検出することができます。

  46. バナーのTL70ワイヤレスモジュラー式タワーライトおよびK50タッチボタンは、部品の追加要請についてフォークリフトドライバーと簡単かつ効率的にコミュニケーションをとるためのシステムを提供します。ワークステーションのカートン数が少なくなると、オペレータは人間工学に配慮されたK50タッチボタンをタッチし、それにより接続されたTL70ワイヤレスタワーライトのステータスが赤に変わります。

  47. 部品ビンへの信号の設置は、部品ビンの部品を常に確保し組み立てラインの生産性を維持するためのシンプルなソリューションです。EZ-LIGHT K80コールライトは、部品がなくなる前にオペレータが点灯する、大型の照光信号です。K80は赤色で点滅して、ストック担当員にサプライの追加を指示します。フレキシブル生産環境では、オペレータステーションと作業セルが、組み立てラインと製造ラインへの迅速な変化に対応できることが必要です。

  48. バナーエンジニアリングのLXシリーズ部品検出ライトスクリーンは、マルチビームの赤外線パターンを生成し、そのビームを通過するアイテムを検出し、小さな物体に対する優れた感度を実現します。小さな部品がフィーダボウルからプラスチック製のバッグに落下すると、LXセンサはそれぞれの部品を検知し、バッグに特定の数の部品が含まれるとラインを先に進めるようにトリガします。

  49. EZ-LIGHT K50L表示灯が設置される以前、オペレータは機械に部品を取り付けてから、作業エリアを出て部品の適切な設置状態を確認するためにスタックライトを確認していました。設置状態が正しくない場合、その部品を使った機械を作動する前に、この取り付け・確認のプロセスを繰り返す必要がありました。ワークステーション内にK50Lが設置されてからは、単純なY字接合により、部品の正しい取り付け状態を即時に見分けることができるようになりました。

  50. この用途を解決するために、バナーエンジニアリングは、D10Dエキスパートの技術に、小さな物体のカウント用に最適化された光ファイバアレイを組み合わせ、Q10エキスパートスモールオブジェクトカウンターを作りました。この用途では、オペレータはキャップを取り外し、ファンネルに投入します。すると、キャップはスモールオブジェクトカウンターによって検知され、キャップが取り外されており、組み立てプロセスを続行できることが確認されます。

  51. バナーのQ4Xアナログセンサは、オペレータにリアルタイムの測定フィードバックを送り、次のオペレーションに進む前に部品の有無と正しく配置されていることを確認します。この用途では、最終アセンブリで正しくフィットするように、溶接ナット周りの両フランジが正しく配置されていることが重要となります。Q4Xのアナログ測定は、両フランジが適切に配置されているかどうかを判定することができます。

  52. 三角測量法をベースとしたバナーの問題解決型Q4Xレーザーセンサは、背景と対象物の高さが違っていれば、暗い背景で暗い色の対象物を問題なく検出できます。Q4Xはクラス最高の過剰ゲインを持つ高信頼性のセンシングソリューションで、色や反射性ではなく距離に基づいて合格/不合格を判断します。

  53. 小さい金属部品に所定数の穴があけられていることを確認するため、マルチポイント検査に対応したiVu Plus TG画像センサを複数の検査領域 (ROI) 用に設定して、穴があること、穴が正しい場所に打ち抜かれていることを確認します。iVuをエリア検査用にセットアップして、スタンピング加工部品の複数の箇所をスキャンし、特定の特徴または検査特徴の有無を確認します。

  54. まだ固定されていない小型金属部品に所定数の穴があけられていることを確認するため、モーションエリア用に設定されたiVuシリーズのセンサを使用します。穴が打ちぬかれた後、センサによってすべての穴を評価し、穴が開いていること、穴の大きさが適切であることを確認します。そうでない場合、センサによって製造ラインに不合格の出力が送信され、その製品ははじかれます。

  55. iVu ビジョンセンサは、振動フィーダーボウルから排出されるナットを検査し、ナットの正しい面が上を向いていることを確認します。iVuには、直感的な操作環境が備わっているため、ユーザーは検査を素早く装置に適用し、簡単にサポートすることができます。

  56. During normal operation, operators load a welding machine with the frame components to be welded. The customer needed accurate machine run time data to determine why production goals were not being met.

  57. To improve efficiency, assemblers at work stations need a way to call for parts and service that doesn’t involve them leaving their work stations. Getting parts more quickly would improve production efficiency, and using a system of remote indicators would let the supervisors to see the status of each work station, allowing the supervisors to fix production problems quickly and to collect production metrics.

  58. オーブンを通過する部品が多くなってくると、積み降ろされるアイテムの流れのペースに合わせることはますます困難になります。仕分けエリアでの停滞が高まり、アイテムが誤った方向へ流されたり、破損することさえあります。部品の流れを一時的に停止するば、アイテムを積み降ろすオペレータは間違いを訂正し、ピックアップステーションを一掃することができます。しかし、積み下ろしエリアと積み込みエリアとの間の距離と周囲の機械から得る干渉により、オペレータ同士のコミュニケーションが困難になります。

  59. 頑丈で費用対効果が高く容易に取り付けが可能なバナーのK30 Touchピッキングライトインジケータは、指のタッチで簡単に作動し、産業オートメーションメーカーのエラーリスクを軽減するので、こういった用途に最適です。このインジケータは、素手でも手袋をはめた状態でも作動させることができます。

  60. メーカーは、DX70セット、タワーライト、およびスイッチボックスを設置することで、ワイヤレス通知ネットワークを作成し、工場の現場全体で通信することができます。作業者は、スイッチを入れて管理者を生産ラインに呼んだり、技術者を呼び出したり、部品やサプライ品を要求したりすることもできます。タワーライト通知システムを使用することで、技術者や管理者が各生産ラインを常に確認する必要性がなくなります。

  61. トランスファプレスは、工具の損傷や低品質部品を発生させることなく機械シャトルシステムを稼動させ続けるために、確実な部品の取り外しまたは供給検知を必要とします。金属シートの配置または移動が正確に制御されていないと、ダウンタイムや大量の廃物が発生する可能性があります。

  62. 窓がキャビネットの直ぐ後ろにある場合、非常に明るく長持ちするLED表示灯によって、一日を通して視認性の高い表示を提供することができます。バナーのEZ-LIGHT K50ビーコンは、昼間でも非常に目立ち、長持ちするエネルギー効率の高いLEDによる高耐久性があるため、特にこのようなキャビネットの条件で多くの指示ステータスの用途に最適です。

  63. バナーは6〜100 mのスパンのローププルスイッチをご用意しているため、様々なコンベアベルトの長さに対応しています。また、ローププルスイッチは過酷な環境に適したヘビーデューティハウジングを装備しています。緊急事態下では、作業者はラインに沿ってどこからでもロープを引っ張り、コンベアと危険な動きを直ちに停止させることができます。

  64. プルロープはコンベアの長さに沿って走行するので、オペレータはどこからでも掴んで引っ張り、すぐにコンベアを停止させることができます。

  65. DX80 SureCross Wireless製品は、様々な業界において、無人搬送車 (AGV) との間の最適な通信手段となっています。SureCrossワイヤレスノードに接続されたリモートのアンプ内蔵型押しボタンは、組立ラインのワークステーションに設置できます。特定の部品が必要な場合は、操作用押しボタンを有効にし、ワイヤレスゲートウェイが装備されたAGVに信号を送信することで、部品を補充することができます。

  66. SureCross FlexPower™ノードと低電力センサを組み合わせることで、既存の自動保管および回収システム (AS/RS) クレーンと即座に統合できるポータブル監視システムを構成します。バナーの信頼性の高いワイヤレスソリューションと独自の電力管理機能の組み合わせにより、一連の簡易化された監視アプリケーションがAS/RSクレーンに搭載されます。FlexPowerバッテリパックは、長い運用期間にわたり、ノードおよび最大4台の低電力センサに電力を供給します。モータやベアリングの臨界温度の監視に使用される複数の熱電対を備えたFlexPowerノードによって、予防保全に関する問題を解決できます。ゲートウェイ (システムコントローラ) の通信出力を使用して履歴ログまたはトレンドを作成することで、設備がピークのパフォーマンスで動作していることを確認することができます。EZ-LIGHT™インジケータにより、各通路の終端にいる従業員にクレーンの動きを知らせることができます。この双方向監視システムは、新たな設備やコスト増につながるダウンタイムの必要なく、クレーンが正常に動作していることを従業員に警告する簡易な方法です。

  67. 組立作業者は部品の供給が少なくなったときに、左側にあるEZ-LIGHT K50プッシュボタンを押します。このボタンは、追加の部品を持ってくるようにランナーに通知するためのコールボタンとして使用されます。右側のK50ライトは、部品ピッキングインジケータとして使用されます。

  68. DX80ゲートウェイは、データを収集および処理するために制御パネルに配置されています。DX80ノード、DX81電池モジュール、およびI/Oブロックは、ロボットアームに取り付けられています。ノードにより、ロボットのエンドエフェクタでのデータ収集が可能で、M23コネクタもご用意しています。DX81電池モジュールは、ノードと外部入力装置の両方に電力を供給します。これらの装置は、既存の設備と容易に統合が可能です。

  69. ライトタワーのような小さな表示灯を各ワークステーションに取り付けることで、組立作業者は現場にいる作業員にすばやく簡単に通信することができます。この場合、バナーTL30タワーライトを各ステーションに搭載して、 組立作業者が追加の部品や作業員の支援を、生産プロセスを中断することなく、要請することができます。

  70. 電子部品の組立担当者は、技術者やマネージャーがそれぞれのワークステーションから離れる時間を短縮することにより、生産ラインの効率性を高める必要がありました。以前のシステムでは、オペレータがマネージャーのいるエリアに直接出向いて、技術的な問題に関する作業やサポートを要請する必要がありました。

  71. 顧客は、フォークリフトのダッシュボードにインジケータを置くことによってフォークリフトオペレータの応答時間を延長し、フォークリフトオペレータが部品要請を認識できるソリューションを必要としています。これにより、複数のオペレータによる部品配達の重複が回避されます。

  72. Betty Machineは、バナーエンジニアリングのSureCross® DX80 FlexPower®ワイヤレスネットワークを選択しました。汎用性があり拡張性の高いこのソリューションは、複数のエンドポイントノードとの双方向通信が可能なゲートウェイを中心に構築されています。

  73. Using a 2 or 3-position OS80 key operated selector switch, the operator can bring the robot to a controlled stop, enter the cell, and then quickly resume operations once work in the cell is complete.