cart
DESCRIPTION
PRICE (EACH)
SUBTOTAL
Close
ERROR: There was a store error when adding the item to your cart. [128]
Adding the item to your cart...

産業分野の主要トレンド:2017年に最も注目を集めた5つの記事

2018年1月10日

インダストリアルIoT (IIoT) からIO-Link通信まで、産業オートメーション業界の多くのトレンドがここ数年で牽引力を高め、単なるバズワードとしてではなくその影響力を増してきました。この1年で最も注目を集めたトピックのいくつかをご紹介します。

Industry 4.0 concept

1. インダストリアルIoT (IIoT) の到来

今、IIoTという言葉はおそらく工場自動化分野で最大のトレンドとなっており、IIoT技術はすでに工場の運営の仕方に影響を及ぼし始めています。 デジタルからIIoTへ移行する事業が増える中で、このトレンドも今後数年間続くと思われます。 そのため、この用語が持つ意味を理解し、IIoT技術がスマートファクトリーにどのように組み込まれているのかを認識し、将来に備えた事業の準備を始めることが極めて重要になります。  

Dollarphotoclub_43409971 Vibe monitoring

注目記事:スマートファクトリーの3つの主な機能

スマートファクトリーはIIoTの重要な要素です。 スマートファクトリーでは産業自動化設備と各種システム間の通信を自動化することで、工場長はワイヤレス接続されている機械やコンポーネントにリモートアクセスすることができるようになります。続きは、スマートファクトリーに役立つ3つのパワフルなIIoT機能についての記事をお読みください。

2. IO-Link通信が今後も世界的に牽引力を高める

北米、そして世界中で、IO-Link通信の導入が増加し続けています。IO-Linkの重要なメリットのひとつは、かつてアクセスが不可能であった、または困難であったリアルタイムのセンサレベルデータ を使用できることです。多くのメーカーでは、これらの装置がまだ未知の可能性を秘めており、運用状態をもっとよく知り一歩進んだデータドリブンな決定を可能にするポテンシャルがあると考えていました。

IO-Linkによってオペレータや工場長が装置レベルの有用なデータを使用できるようになり、機械の性能やプロセスの非効率性などをより良く把握できるようになりました。センサステータスのリアルタイム監視により、オペレータは問題が発生したらすぐに対処できるようになり、多くの場合、ラインを停止する事態に発展する前に懸念事項を解決できます。  

注目記事:IO-Linkの5つのメリット

配線の標準化および削減、データ有用性の向上、リモート設定およびリモート監視、簡単な装置交換、高度な診断など、IO-Linkシステムには数多くのメリットがあります。 

IO-Linkシステムとそれによってもたらされるメリットの詳細については記事をお読みください。

car assembly line

3. 多様な包装によって高度なセンシング技術への要求が高まる

製品の包装に使用される材料、サイズ、形状はますます多様化されており、従来のセンサでは検出が難しくなっています。このような多様性に適応するために包装自動化の機能はさらに高度になり、生産ラインで対応可能なSKUの数も増えています。そのような中で距離と明暗度の両方を測定できるスマートなレーザー測定センサ (デュアルモード) は、広範な物体を少ない装置で検出できる有益なツールとなっています。 

Bottling Line Close Up

注目記事:透明体検出用のセンサの選定方法

透明体は光を通すため、検出が困難な場合があります。この記事では、透明体の検出によく使われている3つのタイプのセンサ技術を比較します。それぞれの技術でどのようにして透明体が検出されるのかについて理解を深め、用途に合った適切な技術を選択してください。  

4. 機械安全がより直感的に

産業安全システムが複雑である一方で、安全はもっと直感的になることが可能です。 大切なのは、セットアップが簡単で誰でも適切に使用することができ、各装置がシームレスに連携できるソリューションを見つけることです。 直感的な安全システムでは使いやすい安全装置LEDインジケータを組み合わせて相互に連携させることで、複雑な安全システムの管理が容易かつ視覚的になります。 

さらに、製造施設内の各装置にリモートアクセスできる環境を整えることは、柔軟性と視認性を確保する上で重要であり、安全性もその例外ではありません。 機械安全コンポーネントの動作状態にリモートアクセスすることで、機械の稼働率と生産性に影響が及ぶ前にシステムを監視よおび診断することができます。  

注目記事:9つの一般的な機械安全装置

通常、機械では、操作を行う箇所、送電箇所、その他の機械動作が行われる箇所で機械的な危険が生じます。安全防護装置はそのような箇所で 事故が起きたり作業員が怪我をするリスクを制限するために設計されています 。このインフォグラフィックでは、9個の機械防護装置と表示装置が連携して安全を確保する様子が表されています。

Industrial engineer in factory

5. 製造業でコスト節約と生産性向上に役立つLED照明

大部分の産業分野の企業にとって、費用の節約は考慮すべき重要案件です。照明の費用が運営予算の大きな割合を占めていなくても、節約を少しずつ積み重ねることで最終的な純利益に差が現れます。頑丈で長寿命のLEDタスク/エリア照明へのアップグレードは、施設費用および機械費用を軽減するための効果的な方法であるとともに、生産性、安全性、スペースの機能性の改善にもつながります。LED照明器具の明るく均一な光はエルゴノミクス性の向上だけでなく、正確な手動組み立てや視覚検査にも役立ちます。 

166370351

注目記事:ルクス/ルーメン計算機

それぞれのタスクに合った適切な光量の照明を配置することで、効率、生産性、安全性に大きく影響することがあります。何らかのタスクやプロセスのために必要とされる光量は用途ごとに異なります。

この記事では、ルクスとルーメンに注目しながら必要な照明を把握する方法について説明します。 

おすすめ記事

スマートセンサ: リモート監視とOEEのためのIO-Link
スマートセンサ: リモート監視とOEEのためのIO-Link

この記事では、IO-Linkを用いたセンサのリモート監視機能はどのようになっているのか、アップタイムや生産性、スループットの増加にどのように役立つのかを説明します。

製造業向けのLED照明:コストとメリット
製造業用の照明:所有コスト

LEDはどのような用途にふさわしいのでしょう?製造環境での照明の所有コストについてご説明します。

過酷な産業環境用の照明の選定方法
過酷な産業環境用の照明の選定方法

この記事では、産業環境での照明に関する一般的な課題と極端な条件での考慮点について説明します。