cart
DESCRIPTION
PRICE (EACH)
SUBTOTAL
Close
ERROR: There was a store error when adding the item to your cart. [128]
Adding the item to your cart...

飲料二次包装ソリューション

  1. 製造ラインの切り替えで頻繁に変更されるボトルを検出するためのセンサソリューション。毎分800本のボトルを高温加工する高速ラベラー

  2. 製造ラインの複数の箇所に小さい設置スペースで検出するためのセンサソリューション。反射性の缶を正確に検出することで製品のスムーズな流れを維持。

  3. バナーエンジニアリング製R58B Expertレジマークセンサは、ウェブ上のレジマークの位置を確認する働きをします。それに応じて機械の送り込み設定を少し調整すれば、ラベルは適切な位置で切断され、すべてのラベルが均一かつ完全に作成されます。ラベルが適切に切断されていなかった場合、そのラベルを瓶詰めラインから除去する作業によってダウンタイムと材料の無駄が生じ、相当のコストがかかります。このような場合にスループットを急激に向上するには、使いやすい高速のセンサが必要です。

  4. 飲料品産業では、高い製造水準を維持するために、ボトルにミスなく高速にラベルを貼る必要があります。その際、ラベルのスプールの厚さを正確に監視して巻き出し速度を制御することは、工程をスムーズに進めるために非常に重要になります。製造工程中に材料がなくなってしまい、製造に遅れが生じるのを防ぐために、スプールの材料レベルを正確に監視して報告できるソリューションが必要です。

  5. ボトルがラベラーから出てきた場所にP4 OMNIビジョンカメラを設置して、ラベルの表示が繰り返し可能で保存されている画像と一致するかどうかを比較します。P4 OMNIは密閉されIP68等級に対応し、ニッケルメッキ亜鉛ハウジングに収納されています。

  6. SLMシリーズ スロットセンサとiVuシリーズ ビジョンセンサを使用して、ラインを通過するボトルを検出し、ボトルに日付/ロットコードが正しく印字されていることを確認します。

  7. 飲料業界では、製品が製造された日時と場所を特定するために、すべての製品に日付/ロットコードを印刷する必要があります。ボトルのキャップを正確に識別し、機械をトリガしてボトルに日付/ロットコードを印刷するソリューションの検討が必要とされます。