すべての飲料ソリューション

  1. Performanceシリーズの一体型ワイヤレス圧力センサでは、ネットワーク対応の場所から大型の複合システムの圧力レベルを簡単に監視できます。

  2. さまざまな形状およびサイズの透明なガラスおよびプラスチック製ペットボトルの検出。洗浄環境、IP69K等級。

  3. ある機械メーカーで、複数の箇所で透明なペットボトルを確実に検出できるセンサを必要としていました。

  4. Q5Xレーザーセンサは、透明度の高いボトルから得られる信号が不安定である場合でも、ステージングエリアにボトルがなく、システムが次の容器レイヤに対応する準備ができているかどうかを確実に検出します。

  5. 高速のエア搬送システムで形状、サイズ、色、輪郭が異なる半透明のボトルを検出して隙間を把握するためのセンサソリューション。

  6. コンベア上でパッケージを確認してカウントするためのセンサソリューション。ティーバッグのようなフォイルおよびフィルムのパッケージ、多色のパッケージ材料。

  7. IP69K等級に対応した頻繁に高圧洗浄が行われる厳格な衛生環境で、食品充填用の透明ガラスジャーを検出するためのセンサソリューション。

  8. 製造ラインの切り替えで頻繁に変更されるボトルを検出するためのセンサソリューション。毎分800本のボトルを高温加工する高速ラベラー

  9. ボトルのサイズ、形状、色、半透明性が異なる場合に、反射板を使わず滞留を検出してラインプレッシャーを調整するためのセンサソリューション。

  10. 早いレスポンスが必要とされる高速処理と厳しいライトコンディションで、半透明で反射性のあるガラスバイアルをカウントするためのセンサソリューション。

  11. 広い検知範囲で透明なプラスチックボトルの詰まりがないかコンベアを監視するためのセンサソリューション。

  12. 数多くの監視箇所がある長いボトリングラインで透明な液体が充填された半透明のボトルを検出するためのセンサソリューション。

  13. 早いレスポンスが求められる高速システムで色と半透明性が異なるプラスチックボトルを検出するためのセンサソリューション。正確な分類。

  14. サイズや形状、色、表面が異なる、倒れた半透明ボトルの検出。複数の場所で監視する大規模なシステム、倒れたボトルをすばやく除去。

  15. 製造ラインの複数の箇所に小さい設置スペースで検出するためのセンサソリューション。反射性の缶を正確に検出することで製品のスムーズな流れを維持。

  16. サイズ、形状、色、半透明性、材料が異なるボトルを検出するためのセンサソリューション。定期的に過酷な洗浄にさらされる設備。

  17. 定期的に洗浄にさらされる設備の洗ビン機で、サイズ、形状、色、輪郭、半透明性が異なるボトルを検出するためのセンサソリューション。

  18. 高速かつ低コントラストのバナー製R58 Expertレジマークセンサは、ラベルが正しい位置で適切なタイミングで正確に切断されるように、ラベルが高速で通過するときにラベルに記載された見分けにくいレジマークを検出します。頻繁なラベル変更に対応するため、このセンサのLEDには複数の色が用意されており、コントラストを最適化するために最適な色がそのつど自動的に選択されます。

  19. バナーエンジニアリング製R58B Expertレジマークセンサは、ウェブ上のレジマークの位置を確認する働きをします。それに応じて機械の送り込み設定を少し調整すれば、ラベルは適切な位置で切断され、すべてのラベルが均一かつ完全に作成されます。ラベルが適切に切断されていなかった場合、そのラベルを瓶詰めラインから除去する作業によってダウンタイムと材料の無駄が生じ、相当のコストがかかります。このような場合にスループットを急激に向上するには、使いやすい高速のセンサが必要です。

  20. ボトルには多大な圧力がかかっていて、炭酸飲料やジュースなどの腐食性液体が含まれていることがあるため、パレタイザの安全防護は容易ではありません。衛生仕様のエンクロージャによってライトカーテンを腐食性液体から守り、衛生要件を満たしている場合は、センサの性能に影響が及びません。

  21. スイープバーの動きからデパレタイザの作業員を防護するために、EZ-Screen LPsタイプ4のセーフティライトスクリーンを使用します。スイープバーから作業員を防護するため、14mmのビーム間の分解能で作業員の接近と怪我を防ぎます。作業員や何らかの物体によってEZ-Screenのビームが遮断されると、危害が及ばないようにスイープバーの動きが停止します。この薄型のライトカーテンは機械に容易に取り付けることができ、セットアップにPCや追加設備は不要です。

  22. EZ-SCREENミューティングライトカーテンはパレットのスムーズな流れを確保しながら危険なエリアを防護し、誰かがその空間に入ってくると機械を停止します。EZ-SCREENのミューティングオプションによって機械を停止したりリセットすることなくパレットが搬送され、製造ラインのスピードが落ちることはありません。飲料品産業では、組み立て工程をスムーズに進めるためにミューティングオプションが必要になることがあります。

  23. 複数の危険箇所があるため、パレタイザおよびストレッチ包装機周辺エリアの安全防護は容易ではありません。スケーラブルな安全コントローラがパレタイザおよびストレッチ包装機に関連する危険を管理すると同時に、効果的な安全防護工程を確保します。

  24. TL50 Proタワーライトは、高度なアクションモード照明パターンを使って、メンテナンス手順が進行中であることを明確に示すことができます。

  25. バナーは、高い過剰ゲインを提供するWORLD-BEAM QS30透過モードセンサの技術と、水の吸収体に特別に調整された1450 nm赤外線検出ビームを合わせ、QS30H2O水中センサを作りました。この用途では、QS30H2Oの強力な検出ビームは、容器の不透明なプラスチックを透過してしまいます。1450 nmでは、水は別の波長のエネルギーの1000倍を吸収し、ビームが容器内の液体を透過するのを防止できます。

  26. バナーのU-GAGE QT50U超音波センサは、一貫性やコントラストが異なる場合でも、固い表面に反射して、最も困難なレベル用途で性能を発揮します。センサには、テフロン加工のトランスデューサカバーが付いており、過酷な化学薬品に耐えることができるため、食品や飲料品産業に最適です。超音波センサは、信号を連続的に送信して現在のタンクの深さを測定することで、ポンプ制御のタンクを正確に監視できます。

  27. バナーのSureCrossワイヤレスシステムは、温度、圧力、および充填レベルを簡単にローカルPLCに送信できます。オペレータは、ボトル詰めが求められる充填レベルより低い状態である場合に、ワイヤレスシステムからシームレスにアラートを受け取ります。このため、エラーを防止し、ボトル詰めされた飲料の一貫性がより高くなります。充填レベルが一貫していれば、回収は行われません。つまり、無駄な商品が生まれないということです。ワイヤレスシステムを使用すると、ロータリーフィラーでスリップリングを使用する必要性もなくなるため、その分メンテナンス費用が削減されます。

  28. ある工場直営パブでは、EZ-LIGHT表示灯を、醸造タンクレベルのステータスのリモートディスプレイとして使用しています。インジケータは、簡単に監視できないタンクの中にある超音波センサに接続されています。

  29. ロータリーフィラーのレベル、圧力、および温度をワイヤレスに監視して報告するために、それぞれのロータリーフィラーにFlexPowerノードとDX81P6 6パックのバッテリー電源を搭載しました。FlexPowerノードには、2つの0-20 mAアナログ入力と1つのサーミスタ入力が備わっており、1年以上の間、バッテリパックによってノードとセンサへの電源を供給しました。レベルプローブ、圧力送信器、およびサーミスタ (非バナー提供品) は、FlexPowerノードに接続され、ロータリータンク内に設置されました。

  30. バナーのQS30H2Oセンサは、水や水ベースの液体の存在を検知する際の課題に対処するために特別に設計されたセンサです。QS30H20は、スルービーム検出モードで動作し、投光器は水を貫通しないように調整された波長を使用します。センサの高い過剰ゲインによって、さまざまな種類のプラスチック容器とガラス容器を透視できる程度に強力なセンサです。2つのセンサのセットを使用して、充填レベルが最小限に達していても、過充填ではないことを判定できるため、製品が無駄になりません。開口部を受光器の終端に配置することで、ビームパターンを最小限に抑え、用途の精度を向上することができます。このため、充填レベルの基準を満たしていない製品が処理または出荷されることが防止されます。

  31. K50U超音波センサとQ45UワイヤレスノードをDXM100ワイヤレスコントローラとセットで使用することで、セットアップも結果の分析も容易に行え、ローカルまたはクラウドベースシステムによる監視が可能な、複数のタンクレベル測定用のワイヤレス監視システムを開発できます。

  32. バナーのT30UX超音波センサは、ループ制御のための透明材料の検出に最適なセンサです。 このセンサでは光ではなく音を使用するため、このような特殊な用途において高精度の性能と優れたコスト効率が得られます。材料は透明であっても固体の表面があるため、超音波センサが音波を反射させることができます。T30UXは、透明材料の検出に使用できる他のセンサより高精度のトランスデューサがあり、デッドゾーンも小さく、検出距離も短いという特徴があります。

  33. 飲料品産業では、高い製造水準を維持するために、ボトルにミスなく高速にラベルを貼る必要があります。その際、ラベルのスプールの厚さを正確に監視して巻き出し速度を制御することは、工程をスムーズに進めるために非常に重要になります。製造工程中に材料がなくなってしまい、製造に遅れが生じるのを防ぐために、スプールの材料レベルを正確に監視して報告できるソリューションが必要です。

  34. 316Lグレードのステンレス鋼で作られたバナーのQ4Xレーザーセンサは、調剤環境やその他の無菌充填エリアに非常に適したセンサです。Q4Xの検出範囲は25~300 mmで、精度の高いビームのスポットサイズを備え、キャップがフィーダーボウルを出る際にその向きを効果的に検出することができます。キャップが逆さまになっている場合、Q4Xは高さの違いを検知し、そのキャップを取り除きます。

  35. バナーのR55F光ファイバセンサには、キャップの色やサイズに関係なくキャップの有無を検出する能力が備わっています。多様なボトルキャップや頻繁なライン変更のある産業における明確なメリットです。この種の用途では、キャップ間の長い休止状態を認識し、機械のオペレータに詰まりを知らせるために、光ファイバセンサが使用されています。ファイバはコンパクトであるため、スペースに限りがあり、通常、アクセスが困難な場所でも、簡単に取り付けることができます。

  36. バナーの頑丈なPresencePLUS P4 Sealed OMNIビジョンセンサは、光学文字確認 (OCV) 検査を使用して、日付とロット番号が正しく読み取りとれるように印刷されていることを確認するため、日付/ロット番号に使用することができます。IP68等級のハウジングの使用により、過酷な洗浄環境に耐えられるため、センサは食品や飲料品用途に最適です。P4 OMNIセンサは、ボックスの端を確認することによって、日付/ロット番号を検査する必要のあるカートンマガジンの領域を簡単に特定することができます。Wi

  37. iVu Plus Gen 2ビジョンセンサとQ4XおよびLEDRBバックライトのセットは、信頼性のある結果が得られるソリューションを提供します。

  38. バナーQ3Xレーザー拡散型センサは、わずかなコントラストの変化で向きを検出することが求められる用途に最適です。

  39. パッケージに日付/ロットコードが印刷されていることを確認するため、一致検査用に設定されたiVuシリーズのセンサを使用します。まず、データ/ロットコードの画像が1枚捕捉されます。そして、検査中に日付/ロットコードが記載されていないパッケージが検出されると、センサから不合格の出力が製造ラインに送信され、その製品は取り除かれます。

  40. 密閉されたPresencePLUS Pro COLORビジョンセンサはエンクロージャに収納されており、湿潤環境でのダメージから守られます。このProセンサはラベルの有無と位置を点検する働きをします。

  41. バナーエンジニアリングのiVuビジョンセンサは、慌ただしいボトリングラインの通気管やスプレッダーワッシャーの有無を検査します。50 mmのCマウント式レンズを使ってセンサの稼働範囲を拡大しているため、スプレーや液体に接触することがありません。

  42. マルチポイント検査機能を持つバナーのiVu TGビジョンセンサは、TE (不正開封防止) バンドの検出および位置評価に最適です。この例では、TEバンドはキャップとボトルの首部分の両方を覆う位置になければなりません。TEバンドの位置が高すぎるまたは低すぎる場合やバンド自体がない場合は、不合格と見なされます。マルチポイント検査に対応したiVu TGビジョンセンサは、TEバンドがないボトルやバンドが正しく配置されていないバンドを同時に検出できます。

  43. iVu TG画像センサにはマッチングセンサを含む4つのタイプがあり、あらゆるラベル検査の用途に対応しています。マッチングセンサはラベル上のパターンが参照パターンに一致しているか、その向きが正しいかを判断します。iVu画像センサではボタンを押すだけ、あるいはPLCによるリモート操作で簡単に正しいラベルパターンを認識および適合できるようにティーチすることができ、画像処理のスキルは必要ありません。

  44. ボトルがラベラーから出てきた場所にP4 OMNIビジョンカメラを設置して、ラベルの表示が繰り返し可能で保存されている画像と一致するかどうかを比較します。P4 OMNIは密閉されIP68等級に対応し、ニッケルメッキ亜鉛ハウジングに収納されています。

  45. ボトルに一定レベルのビールが入っていること、正しくキャップが取り付けられていることをすばやく確認するため、高速のPresencePLUS P4ビジョンセンサはボトルの位置を特定し、充填レベルとキャップの位置を点検します。1台で正確なキャップの有無の検出と充填レベルの監視に対応するため、複数のセンサを使用する必要がなくなります。赤色のバックライトによってボトルとのコントラストが高まり、ボトルの特徴が強調されて検出が容易になります。

  46. PW12等級に対応した頑丈なWorld-Beam Q12センサは、限定反射技術によってキャップの色の変化を無視しながらボトルが閉じられているか検査します。多くの種類のボトルや製品が運ばれてくる製造ラインでは、キャップサイズが25 mmまたは50 mmであっても問題なく機能するセンサが求められます。同じ限定反射技術が採用されているQ12は、キャップの色やサイズを無視する一方でキャップの有無を検出します。

  47. ボトルの充填およびキャッピングが済むと、ボトルはその先の包装工程へ進む前にWORLD-BEAM Q12センサのすぐ下をコンベアで運ばれていきます。限定反射モードのQ12センサは色に関係なくキャップの欠損やずれを検出し、キャップのないボトルをはじくようにラインをトリガします。このセンサでは限定反射モードが使用されるため、センサからキャップまでの距離が正確に一定の距離でなければ反応します。

  48. PresencePLUS OMNIは透明なプラスチックボトルの首部分を検査して、日付/ロットコードが印字されているか確認します。さらにキャップが正しく取り付けられていること、ボトルの充填レベルが許容範囲内であることも確認されます。

  49. スペースが限られた場所にも問題なく設置できるWORLD-BEAM Q20センサは、ラベルが製品に貼られる前にラベルの有無を確認します。

  50. SLMシリーズ スロットセンサとiVuシリーズ ビジョンセンサを使用して、ラインを通過するボトルを検出し、ボトルに日付/ロットコードが正しく印字されていることを確認します。

  51. 製品が品質基準を満たしており、外観とブランドの整合性を維持するには、各ボトルを検査して、正しいボトルキャップが存在しており、それが適切に配置されていることを確認する必要があります。

  52. The rotary fillers dispense beer into bottles traveling at speeds of up to 900 bottles per minute. The company needed a solution capable of detecting spreader washers on the vent tubes as well as loose or missing tubes. However, the movement of the rotary filler and the wet washdown environment made close proximity deployments difficult and the range required for a remote solution could compromise inspection reliability.

  53. A leading manufacturer of labeling equipment offers high-speed shrink sleeve label applicators designed to process 800 bottles per minute. To maximize the machine’s performance potential, the company wanted to install sensors capable of consistent detection and output for high-speed bottling.

  54. ジュースのカートンがコンベア上を通過する時、限定反射モードのWORLD-BEAM QS30センサは、色やパターンにかかわらずパックの有無を検出します。

  55. バナーのQS30H2Oセンサは、水や水ベースの液体の存在を光学的に検知する際の課題に対処するために特別に設計されたセンサです。QS30H2Oは透過ビーム検知モードで動作し、投光器のLEDは独自の1450波長です。1450波長は、水により容易に減衰されます。

  56. バナーのL-GAGE Q50 (Q50) LEDベースの線形変位レーザーセンサを使用して、最終発酵および焼き作業に先立って生地の高さおよび深さを検出することにより、パン職人は正確なパン生地の寸法を一貫して維持することができます。

  57. この図では、キャップは、プロセスの後半でボトルの装填のために配置されるべき部品の向きを一定に保つフィーダーボウルに装填されています。バナーQS30AFは、この用途に理想的な検知ソリューションであり、キャップがボウルから外に出る時にキャップの供給レベルを監視するように配置されています。

  58. 持続的な動きの影響を受けるスリップリングには、通常の摩耗や破片に起因する回転式電気接続の劣化を回避するために、継続的なメンテナンスが必要です。スリップリングの異常により生産が停止すると、予期しない多額のコストがかかるダウンタイムにつながります。DX80ワイヤレス無線は、フィラーボウル内部から制御パネルにセンサ信号を送信するための非接触ソリューションを提供します。回転式フィラーに配置されたワイヤレスノードは電池で電力が供給されるため、センサに電力を供給する配線を行わずに設置することができます。DX80ワイヤレスソリューションは、スリップリングの必要性を排除し、ダウンタイムやメンテナンスの削減に役立ちます。

  59. Q60背景抑制センサは、缶の流れが停止したことを検出し、ラインのさらに下のプロセスを管理する機械制御に信号を送ります。タイミング遅延機能は、Q60が缶間の小さな隙間を検知した時に信号を送信するのを防ぎます。

  60. バナーのRP-LS42Fローププルスイッチはコンベアの長さに沿って走行するので、オペレータはどこからでも掴んで引っ張り、すぐにコンベアを停止させることができます。ロープ検出範囲のスパンは6 mから100 mの範囲なので、長い/短いコンベアを保護する柔軟性が確保されます。RP-LS42スイッチはコンパクトで、容易な取り付けとロープの張りを実現するための様々な付属品が付いています。また、要求の厳しい工業用設定での使用に適した重衝撃熱可塑性ハウジングを採用しています。

  61. 背景抑制を含む多用途で頑丈なバナーのQ3Xレーザーコントラストセンサは、無視する必要がある固定背景があるコントラストアプリケーションに最適です。この用途では、Q3X背景抑制センサが、ラベルが付いたボトルとラベルが付いていないボトル間のコントラスト差を検出して、確実なラベル検出を可能にします。レーザースポットの検出範囲が最大50 mmと小さいQ3Xは、コントラストのわずかな変化を確実に検出できます。

  62. 飲料業界では、製品が製造された日時と場所を特定するために、すべての製品に日付/ロットコードを印刷する必要があります。ボトルのキャップを正確に識別し、機械をトリガしてボトルに日付/ロットコードを印刷するソリューションの検討が必要とされます。

  63. 飲料業界における効率的な製造ラインを維持するためには、あらゆる安全性の問題を即時に通知することは基本事項です。視覚的な指示およびブザーを使用して安全性の問題を特定することで、作業者はエラーを迅速に発見および修正し、システムを適時に正常な動作状態に戻すことができます。