cart
DESCRIPTION
PRICE (EACH)
SUBTOTAL
Close
ERROR: There was a store error when adding the item to your cart. [128]
Adding the item to your cart...

すべての食品関連ソリューション

  1. EPAでは燻蒸剤とオゾン層の減少に関連性があるとして、多くの燻蒸剤の使用に制限を設けました。大規模な製粉所ではその代わりに年に3、4回高温処理を実施して、害虫を駆除しています。その際、製粉機内の温度は122° F (50° C) まで上昇します。熱膨張により設備や建物に歪みが生じるのを最小限に抑えるため、温度は徐々に上げられます。

  2. グリドルが使用できる状態であることを確かめるため、調理面に向けられた非接触型のT-GAGE M18T温度センサによって、表面の温度が周囲温度より高いかどうかを検出します。ワッフルプレートが高温であると、生地が流し込まれて工程が続行します。プレートの温度が十分でないと、T-GAGE温度センサの出力で生地注入機構がトリガされず、プレートはさらに加熱されます。

  3. 測温抵抗体センサがウォークイン冷蔵庫内の温度を検知し、SureCross FlexPowerノードにデータを送信します。そうすると今度はノードがそのデータをゲートウェイに送信し、温度が許容値を超えているとゲートウェイからアラームが発せられます。DX80 FlexPowerノードはIP67等級に対応した頑丈な設計で、低温環境でも問題なく機能します。

  4. Performanceシリーズの一体型ワイヤレス圧力センサでは、ネットワーク対応の場所から大型の複合システムの圧力レベルを簡単に監視できます。

  5. 熱成形された透明のプラスチック製容器やトレイ、クラムシェルパッケージは、多様な製品の包装に使用されています。包装業者には前縁を検出するシステムが必要になります。

  6. コンベア上でパッケージを確認してカウントするためのセンサソリューション。ティーバッグのようなフォイルおよびフィルムのパッケージ、多色のパッケージ材料。

  7. IP69K等級に対応した頻繁に高圧洗浄が行われる厳格な衛生環境で、食品充填用の透明ガラスジャーを検出するためのセンサソリューション。

  8. コンベアベルト存在確認により前景抑制機能を用いてマイラーなどの反射性の食品包装紙を検出するためのセンサソリューション。

  9. 透明体感知モードのセンサを使用して、デネスティング工程中にプラスチックトレイを適切にステージングします。

  10. 広い検知範囲で透明なプラスチックボトルの詰まりがないかコンベアを監視するためのセンサソリューション。

  11. 食品産業のホッパーと充填ステーションでQ4Xがどのように透明なプラスチックトレイを検出するのかご紹介します。

  12. ミートスライサーに取り付けたセーフティライトスクリーンによって、マシン動作中に鋭利な刃から作業員を守ります。これは頻繁に化学洗浄にさらされる過酷な環境です。衛生仕様のエンクロージャを持つEZ-SCREEN LSは作業員の安全を確保する一方で、水や化学的な損傷からライトスクリーンを守ります。

  13. 熱シーラー内部の危険な領域から作業員を守るマグネットスイッチについてご紹介します。

  14. Learn how SI-RF Series safety switches can be used to monitor multiple guard doors, ensuring the highest levels of safety, and making it easy to identify and resolve issues.

  15. バナーのWLS28 LEDライトストリップを使用することで、オペレータは適切に箱詰めされていない冷凍食品に気づき、最小限のダウンタイムで問題を解決することができます。この耐久性に優れ長持ちする白色光のライトは、カートナー内部の照明に適したエネルギー効率の良いソリューションです。IP69K等級に対応しているため、頻繁に機械洗浄が行われる環境でも問題ありません。

  16. バナーのU-GAGE QT50U超音波センサは、一貫性やコントラストが異なる場合でも、固い表面に反射して、最も困難なレベル用途で性能を発揮します。センサには、テフロン加工のトランスデューサカバーが付いており、過酷な化学薬品に耐えることができるため、食品や飲料品産業に最適です。超音波センサは、信号を連続的に送信して現在のタンクの深さを測定することで、ポンプ制御のタンクを正確に監視できます。

  17. 一杯または空のマガジンをティーチするには、Q4Xアナログレーザー測定センサの2ポイントティーチオプションを使用します。出力の詳細なチューニングには手動調整を使用できます。アナログ出力は、スタック高さのリアルタイム計測を提供します。このため、カートナーには、手作業でセンサを移動せずに、複数の「部品要請」セットポイントを指定できます。Q4Xは堅牢で頑丈なステンレス鋼製センサで、多くの産業・工場環境での使用に最適です。

  18. この会社が持つ多数の人気朝食シリアルの1つに使用される生地は、完璧なフレークに仕上がるように、特定の範囲内の高さパラメータを保持している必要があります。粘度の高すぎる生地は、焼き上がりが固く、消化しにくくなります、逆に粘度が低すぎると、砕けやすくなります。これは最終製品の品質、味、および舌ざわりだけでなく、製品の重量と包装にも影響を与えます。同社の厳しい品質基準を満たさない製品は、消費者市場向けに出荷もしくは販売されません。

  19. 数々のステージに分かれるベーカリーのベーキングプロセスは、混合から始まり、練り上げと一次発酵を経て、二次発酵、焼成、そして冷却で完了します。各ステージにおいて、経験豊かなパン職人が、外観、質感、サイズ、および重量に関する品質検査を行います。工場の標準を満たさないローフは、消費者への販売から除外されます。工場には、資源の管理と品質標準の維持を改善できる組み込みシステムが必要でした。

  20. ベーキングは、創造性、精密、および細部への注意が融合した作業です。ウィルキンソンベーキングカンパニーは、その融合に技術的な革新を加えました。ウィルキンソンパン焼き機は、小型の完全アンプ内蔵型全自動パン焼き機です。このユニークな機械には、技術に、1時間に40斤の速さで単純な原材料から焼きたてのパンを作り出す伝統が組み合わせられています。

  21. トルティーヤやトスタダといった伝統的なメキシコ料理のアメリカ国内製造メーカーは、最高の味と最も新鮮な商品を消費者に提供し続けています。この目標を達成するには、包装ラインの一貫性が重要です。同社は、トルティーヤの不均一性を無くす方法を求めていました。生産ラインで生地の厚みを継続的に監視する方法がなかったため、生地の高さが高すぎたり低すぎたりし、結果的にトルティーヤのサイズと重量にばらつきが出ていました。トルティーヤの包装が重量不足であれば、廃棄する必要があります。無駄をなくして商品の一貫性を改善するために、同社はバナーの協力を得て、監視ソリューションを探しました。

  22. バナーのLTFシリーズレーザー測定センサには、高い過剰ゲイン、優れた信号制御、および自動適応レーザー出力制御が備わっています。これらの機能によって、最大12メートル離れた場所から、ホッパー内の色や反射面に関係なく、チューインガムを確実に検出することができます。

  23. デネスターのトレイレベルの追跡によって、製品が適時に補充され、生産に影響を及ぼさないようにすることができます。

  24. K50U超音波センサとQ45UワイヤレスノードをDXM100ワイヤレスコントローラとセットで使用することで、セットアップも結果の分析も容易に行え、ローカルまたはクラウドベースシステムによる監視が可能な、複数のタンクレベル測定用のワイヤレス監視システムを開発できます。

  25. S18Uシリーズ超音波センサは食品包装ラインでループ制御を監視し、透明なプラスチックフィルムが破れたりちぎれていないか検出します。S18Uは色や透明性に関係なく対象物を検出します。

  26. バナーのLXシリーズは、冷凍食品用容器などのフラットな対象物の前縁を検出するための経済的なソリューションです。LXシリーズのパーツ検知用ライトスクリーンは、ライトスクリーンを通過する物体をその位置に関係なく変調光の膜で検出します。

  27. 複数の色が推移する暗色系のパッケージは、従来の赤いLEDセンサでは検出しにくいことがあります。バナーエンジニアリングの小型VS8光電センサは青いLEDを使用しており、反射性の低いラベルで良く機能し、加圧缶に詰められた冷蔵食品のパッケージを検出することができます。小型センサは狭いスペースにもフィットし、短距離の用途に利用できます。青いLEDは小さなスポットサイズにより、ラベル上の色の推移効果を最小限に押さえます。

  28. 316Lグレードのステンレス鋼で作られたバナーのQ4Xレーザーセンサは、調剤環境やその他の無菌充填エリアに非常に適したセンサです。Q4Xの検出範囲は25~300 mmで、精度の高いビームのスポットサイズを備え、キャップがフィーダーボウルを出る際にその向きを効果的に検出することができます。キャップが逆さまになっている場合、Q4Xは高さの違いを検知し、そのキャップを取り除きます。

  29. 過酷な洗浄環境にある食品加工ラインの重量検査ステーションで不合格ステータスをオペレータに警告します。

  30. 食品産業のホッパーと充填ステーションでQ4Xがどのように黒色のトレイを検出するのかご紹介します。

  31. QS18LDレーザー反射センサは、包装材の上部をスキャンし、折ぶたが開いていないかどうかを確認します。レーザー反射センサは、正確に検出を行い、加工冷凍食品が正しく密封されているかどうかを確認します。

  32. バナーの頑丈なPresencePLUS P4 Sealed OMNIビジョンセンサは、光学文字確認 (OCV) 検査を使用して、日付とロット番号が正しく読み取りとれるように印刷されていることを確認するため、日付/ロット番号に使用することができます。IP68等級のハウジングの使用により、過酷な洗浄環境に耐えられるため、センサは食品や飲料品用途に最適です。P4 OMNIセンサは、ボックスの端を確認することによって、日付/ロット番号を検査する必要のあるカートンマガジンの領域を簡単に特定することができます。Wi

  33. パッケージに日付/ロットコードが印刷されていることを確認するため、一致検査用に設定されたiVuシリーズのセンサを使用します。まず、データ/ロットコードの画像が1枚捕捉されます。そして、検査中に日付/ロットコードが記載されていないパッケージが検出されると、センサから不合格の出力が製造ラインに送信され、その製品は取り除かれます。

  34. 製造ラインを流れてくる箱が正しいか確認するため、iVuシリーズセンサは360度の回転に対応した一致検査用に設定されます。まず、正しい箱の画像が1枚捕捉されます。そして、それをもとにセンサが不適切な箱を検出すると、不合格の出力が製造ラインに送信され、その製品ははじかれます。

  35. マルチポイント検査機能を持つバナーのiVu TGビジョンセンサは、TE (不正開封防止) バンドの検出および位置評価に最適です。この例では、TEバンドはキャップとボトルの首部分の両方を覆う位置になければなりません。TEバンドの位置が高すぎるまたは低すぎる場合やバンド自体がない場合は、不合格と見なされます。マルチポイント検査に対応したiVu TGビジョンセンサは、TEバンドがないボトルやバンドが正しく配置されていないバンドを同時に検出できます。

  36. iVu TG画像センサにはマッチングセンサを含む4つのタイプがあり、あらゆるラベル検査の用途に対応しています。マッチングセンサはラベル上のパターンが参照パターンに一致しているか、その向きが正しいかを判断します。iVu画像センサではボタンを押すだけ、あるいはPLCによるリモート操作で簡単に正しいラベルパターンを認識および適合できるようにティーチすることができ、画像処理のスキルは必要ありません。

  37. コンベアの上方に高分解能のPresencePLUS P4 OMNI 1.3を設置してチョコレート12個入りの箱を検査し、それぞれの紙カップにチョコレートが1個ずつ入っていること、チョコレートが完全な状態であることを確認します。

  38. スペースが限られた場所にも問題なく設置できるWORLD-BEAM Q20センサは、ラベルが製品に貼られる前にラベルの有無を確認します。

  39. コンベアの近くに取り付けられたPresencePLUS P4 COLOR OMNIでチョコレート12個入りの箱を検査し、各紙カップに正しい種類のチョコレートが入っていることを、色に基づいて確認します。カップに間違ったチョコレートが入っている場合や、チョコレートがなかったり破損している場合には、それらの箱は不合格になります。

  40. サラダ用ドレッシングの瓶がラベルステーションを通過する際、マッチツールが設定されたiVuシリーズ ビジョンセンサによってラベル検査が行われ、事前に設定された基準画像とラベルの比較が行われます。こうすることで、瓶のラベルの有無と貼付状態が正しいことを確認します。

  41. コンベアの上方に設置されたバナー製センサによって通過する箱を順に検査し、チョコレートの数が足りないものがないか確かめます。Q12透過型センサセットから放射されたトリガビームが通過する箱によって遮断されると、箱の上方に設置されているQS18AFセンサアレイによってチョコレートが欠けていないかそれぞれの位置が検査されます。箱に入っているチョコレートの個数が不適切であることが検出されると、包装ラインのメインコントローラに出力信号がリレーされ、不合格の条件を知らせます。

  42. 製品が品質基準を満たしており、外観とブランドの整合性を維持するには、各ボトルを検査して、正しいボトルキャップが存在しており、それが適切に配置されていることを確認する必要があります。

  43. バナーのS18-2バレルセンサは、このような用途で使用できるコスト効率の良い確実な検出方法です。小型であるため製造ラインに容易に組み込むことができ、競争力のある価格により、複数のセンサが必要な用途に最適です。S18センサは、強力で明るく見やすい赤色投光器ビームにより、セットアップ中に簡単に調整できます。

  44. バナーのL-GAGE Q50 (Q50) LEDベースの線形変位レーザーセンサを使用して、最終発酵および焼き作業に先立って生地の高さおよび深さを検出することにより、パン職人は正確なパン生地の寸法を一貫して維持することができます。

  45. QS18LLPレーザー偏光回帰反射センサは、小さく明るいスポットを投影する狭いビームを備え、様々な装置のトリガで正確に位置を制御します。この用途では、QS18LLPは、コンベアを流れる光沢のあるカートンを (プロキシングなしで) 正しく検出し、インクジェットプリンタをトリガして日付/ロットコードをカートンに印刷します。第二センサは、P4 OMNIをトリガして日付/ロットコードを検査し、読み取り可能かつ正確であることを確認します。

  46. WLS28ワークライトストリップ: 明るく長持ちするLEDライトストリップにより、使い勝手を損ずること無くオペレータが箱詰め機内の状態を視認することが容易になります セーフティヒンジスイッチ: ステンレス鋼製の耐荷重式のセーフティヒンジスイッチが箱詰め機のドアを支え、ドアが開かれている場合は機械を停止し、故意の過失のリスクを最小限に抑えます。

  47. この用途の検知の特徴はシンプルでありながらユニークです。反射率の高い白色の背景の上にセンサを配置することにより、濃淡が様々に異なる暗色で低コントラストの物体を検知します。EZ-BEAM T18限定反射センサは理想的なソリューションです。検出カットオフが鋭く、色のバリエーションの影響を受けません。特定の範囲内にある物体の有無を知らせ、背景を無視します。

  48. EZ-BEAM Q25回帰反射センサはこの用途に最適です。このセンサは、重量検査機を通過するあらゆる暗い物体を確実に検出する高出力ビームを発します。透明な物体が検出される場合は、Q25偏光回帰反射モデルが使用されます。IP65K等級のハウジングを備えたQ25は、食品の用途に必要な激しい洗浄に耐えられるように設計されています。セットアップは容易です。Q25は調整の必要がありません。

  49. バナーのWORLD-BEAM QS18LPレーザーセンサは、コンベア上を通過するすべてのカートンを正確に検査し、ロボットをトリガして、カートンを容器に装填します。QS18LPは、目に見えるレーザー感知ビームにより正確に位置を制御し、近い検出範囲にあるカートンの正確な計数を保証します。頑丈なQS18LPは狭い空間にも理想的で、コンベア周りに容易に設置して、正確な検知を実現します。非常に明るいLEDを装備しているため、動作ステータスを360℃から確認できます。

  50. D10は、デュアルディスクリート出力を使用して、ガムパケットを色ごと (黄、青、緑) に分類します。D10 Expertの2つの出力は、以下のようにプログラムされています:黄色は両方とも出力オン、青色は両方とも出力オフ、緑色は1出力オンと1出力オフ。センサが青色のパケットが存在する場合に誤って信号を出さないよう、Q12センサの出力線は、パケットが存在しない時は出力がオフになるようにD10の抑制ワイヤに接続されています。

  51. バナーエンジニアリングQM26洗浄センサは、重量検査機に近づく暗色のプラスチック製食品トレイを検出し、充填されたトレイの正確な重量を確認します。

  52. 充填された食品トレイは確実に密閉され、透明なフィルムのレイヤで包装される必要があります。熱シーラーにVSMシリーズセンサを設置すると、ロールのフィルム材料の残量を正確に監視できます。