• 戻る

  • 飲料包装向けパレタイザソリューション

    瓶の充填と包装が正しく行われたら、瓶の輸送準備を始める必要があります。自動ケースパッカー装置は、予め決められたパターンで製品を積み重ねて纏め、その纏りをパレットに一杯になるまで載せて出荷の準備を行います。飲料包装のパレタイザは、瓶をコンベアから取り除いて、指定されたパターンで出荷用パレットに配置します。パレタイザを使用することで、最終ラインの効率性を高められるため、飲料産業におけるメーカーの競争力を維持することができます。

    従来型とロボット式のケースパッカー装置は、飲料産業で最も良く使用されている機械です。従来型のパレタイザ装置は、瓶を既定のパターンに纏め、段重ねを行うエリアに瓶を押しやって1つの段を作ります。ここから、パレットが1段ごとに充填され、機械から取り除かれて包装ステーションに送られます。