すべての自動車ソリューション

  1. ある自動車メーカーで、デフロスターのグリッド線に欠陥があるとして、出荷されたリアウィンドウ製品が不合格になりました。そのウィンドウメーカーではデフロスターシステム全体での消費電流を測定して全体的な欠陥を検出する検査が行われていましたが、この方法では破損した1本の電熱線によるわずかな影響を検出することはできません。そこでこのウィンドウメーカーはミシガン州にあるオートメーション企業とパートナー提携して、それぞれの電熱線が仕様の温度まで加熱することを出荷前に確認できる検査設備を作りました。

  2. • ローカル表示だけでなく使用可能なデータを拡張• 迅速に対処するために必要な情報を取得• これまで取得できなかったデータに基づいた効率の向上を促す

  3. • ワイヤレス部品/サービス/引き取りコールシステムによる効率の向上 • 最大で18か所のワークステーションと6台のフォークリフトの接続が可能 • ワークフローを中断することなく重大な問題を早期に解決

  4. • 一目で機械状態が分かる表示 • 機械状態の情報をさまざまな装置に送信 • テキストメッセージまたはEメールで重要な状況をスタッフおよび責任者に通知

  5. • 部品がなくなる前に、過剰在庫にならないように組立ステーションに在庫を補充 • 部品補給を行うフォークリフトオペレータと組立工の間でリアルタイムの対話を実現 • 搬送効率の監視

  6. • 完成したパレットを組立ステーションから迅速に回収 • 組立ステーションからAGVへ直接通信できる • 所要時間のデータを用いたプロセス効率の向上

  7. • すぐに目に入る警告表示 • フォークリフトの交通量が多いエリアでスタッフのリスクを最小限に抑える • 視界が悪いエリアで通行の流れをスムーズにする

  8. • 忙しい工場の現場で即座に視覚的なコミュニケーションを実現 • 総合設備効率 (OEE) を計算するために機械状態およびその他のデータを収集 • テキストメッセージまたは電子メールで重要な状況をスタッフに通知

  9. • 小さい問題が重大な問題に発展して機械の性能やアップタイムに影響を及ぼす前に問題を特定する • 離れた場所から環境データを入手 • テキストメッセージまたは電子メールで重要な状況をオペレータに通知

  10. • 深刻な損傷または予定外のダウンタイムが生じる前に機械の問題を見つける • テキストメッセージまたはEメールで状況の変化をスタッフに通知 • 一目で機械状態が分かるローカル表示

  11. 生産の部品量と産出量を監視することで、機械のオペレータや責任者は、プロセスや設備に関する重大なデータを得ることができます。このデータにより、生産ラインにおける問題の特定と解消をより素早く行えるようになります。

  12. S22 Proシリーズのタッチボタンとインジケータによって制御パネルのデザインを簡素化することで、操作体験とパフォーマンスを改善することができます。Pro Editorソフトウェアは、S22 Proシリーズの持つ内蔵ディスプレイの機能性を拡大し、カスタムディスプレイを提供することができます。

  13. 長距離の検出能力が求められる自動車組み立てラインでムーンルーフの存在を検出するためのセンサソリューション。

  14. バナーEZ-SCREEN® シリーズのセーフティライトカーテンシステムは、溶接設備の過酷な要件に対応した確かなソリューションです。複数のセグメントをカスケード接続 (直列接続) できるため、このような水平/垂直セットの設定でも標準ハードウェア (非マスター/スレーブモデル) を使って容易に導入できます。

  15. 広い範囲をカバーするEZ-SCREENグリッドセーフティライトスクリーンが、作業エリア周辺を経済的に防護します。このグリッドは危険要因から十分に離れているため、人や物体がグリッドを通過したときも動作を停止する時間を確保できます。

  16. EZ-SCREENグリッドでガードされている危険区域内に続くコンベアに沿って車が走行します。車が危険区域に接近するとEZ-SCREENグリッドがミューティング機能によって一時的に無効になり、コンベアを停止することなく車は通過します。グリッドのミュート中、作業員がインターロックされたブレークアウェイガードを通って危険区域内に入り、作業員が危険な状況になり走行する車に衝突するリスクがあります。

  17. ある自動車サンバイザーメーカーは、各自動車ブランドの組み立て業者に製品を出荷する前に、すべてのサンバイザーの安全ラベルにデータマトリックスUVバーコードが印字されているか確認する必要があります。お客様は、目に見えない2次元データマトリックスバーコードを読み取り、そのデータをイーサネットIPからトレーサビリティ/エラー検査を行うPLCに送信する方法がないかバナーに相談しました。

  18. 25 mmマイクロレンズ付きiVu Plus BCR Gen 2は、手持ち式のバーコードリーダーに代わって、自動車トランスミッションに印字された高密度で読み取りにくいQRコードからデータを収集します。WL50S高輝度LEDスポットライトがターゲットエリアを明るく照らします。

  19. DPM (ダイレクトパーツマーク) コードは小さく複雑で、刻印された材料との区別が困難な場合があります。ABR 7000バーコードリーダーには、このような低コントラストとDPMの困難な用途を解決するために特別に設計されたモデルがあります。

  20. A Henshaw customer manufactures drivetrain and powertrain systems for the automotive industry. The company had experienced productivity losses due to errors in the assembly of transmission valve bodies. Henshaw was tasked with developing a system that would reduce errors and improve the assembly process.

  21. Banner’s fixed-field K50 indicator detects gloved hands , sensing when operators select the correct parts during the kitting process. The K50 indicator’s logic function is then able to notify the operator that he/she picked correctly by changing from green to yellow—additional colors can be selected to suite to the manufacturer’s preference. The K50’s ability to detect black gloves is especially important for lean manufacturing processes where workers typically wear dark gloves.

  22. To reduce the risk of error in an assembly operation, a one-piece EZ-LIGHT PVD pick-to-light sensor with a 400 mm range is interfaced with a process controller programmed with the correct assembly sequence. The controller makes the PVDs light up in the correct order, to show the assembler which part to pick. After the PVD detects that the assembler's hand has entered and left the bin, the controller signals the PVD of the next bin in the pick sequence to light up.

  23. The EZ-LIGHT PVA pick-to-light sensors provide a reliable error-proofing solution for various operation systems. The light indicate to assemblers which items to pick and in which order to pick them.

  24. PTL110 pick-to-light devices on a multiproduct assembly station are a highly effective way to prevent errors and speed up build time. The optical sensors on PTL devices detect hands as they pass by, confirming that a pick was made.

  25. Manual kit building at large stations can be time-consuming and subject to human error, especially if storage racks are difficult to navigate. The PTL110 series pick-to-lights are scalable for large systems and highly versatile to complete numerous tasks.

  26. ある設備メーカーは自動車産業向けに検査・測定用機械を製造しています。オペレータは、制御キャビネットを使って機械システムにアクセスしています。キャビネットの強い照明により、機械のメンテナンスと管理を簡単に実施しています。以前は、このタスクには、AC接続の蛍光照明器具が複数使用されていました。

  27. American Hoffmann Corporation chose WLB32 LED light bars to illuminate work areas, enclosures and control cabinets, replacing fluorescent light fixtures. The superior light distribution offered by the WLB32 LED lights lights, as well as the ease of installation were key factors in the company's decision.

  28. 緑色LEDのタスクライトがどのように製造材料の表面の欠陥を見つける作業で役立つのか説明します。

  29. 自動車の検査には、自動車部品を検査するためにグレアが少ないムラのない明るい光が必要です。照明を改善することで、作業員の生産性が向上し、眼精疲労を権限できます。

  30. 高輝度の非常に明るい製造業向けの照明ソリューションを見つけるのは至難の業です。コンベアの広いエリアを正しく照らすには複数の照明が必要となるため、照明を簡単につなぐ取り付けオプションが必要です。

  31. 自動車製造で生産目標を達成するには、効率性を最大化することが非常に重要となります。組立ステーションで遅延が発生すると、その下流におけるプロセスが停滞し、高額な時間の浪費と生産目標の達成不可につながります。TL50 Proタワーライトを使えば、組立担当者は期待されるサイクルタイムを満たせるようになり、総合的なタクトタイム要件をサポートできるようになります。

  32. S15Lシリーズ インラインセンサステータスインジケータは、電源と出力ステータスを表示する2色表示灯です。インライン接続のオーバーモールド設計と輝度の高い表示により、出力機能を備えたほとんどの4ピンまたは5ピン装置に適用できるコスト効率の良いソリューションを作り出します。

  33. 自動車用品製造メーカーは、多様な車両システムを生産しています。座席システムには、構造とデザインに快適性と安全性を強化する特徴が取り入れられています。座席の下部に設置される重量センサは、車両の安全システムと連携して座席占有者のサイズと位置を判別します。事故が発生した場合にエアバックを作動させるかまたはどのように作動させるかという判断を左右するのが、こういった要因です。

  34. LHレーザー変位センサは、精度が高くミクロンレベルで厚みを測定するため、完璧なソリューションです。また、L-GAGE LHシリーズは継続的にミクロンレベルで暗色系のターゲットを見ています。LHの1024ピクセルCMOSリニア画像装置は、1~10ミクロンの範囲でマイクロメートルレベルの解像度を発揮できるため、シートメタルの厚みを素早く正確に測定することができます。

  35. 組み立て時、座席の高さの調整、前進および後退の動き、および正位置とリクライニングの動きを測定するために、検査が行われます。それぞれの検査には、2つのセンサが使用されます。センサはコンベヤラインの外に配備されており、座席への簡単なアクセスと座席の自由な動きが確保されています。検査中、最大可動範囲において、座席はセンサから最大1メートル離れることがあります。

  36. クランクシャフトの軸振れの許容要件を満たすには、クランクシャフトの軸振れの測定を連続的に監視する必要があります。LMシリーズ レーザー測定センサを使ってこの困難な用途をどのように解決できるかを説明します。

  37. タイヤ製造機でタイヤ成形を行う前に、PresencePLUS P4 OMNI 1.3ビジョンセンサによってプライの検査行われ、逆方向に交差するバイヤスが交互に積み重ねられているかチェックされます。その際、同じ方向のバイヤスが連続して重ねられたままタイヤが成形されて製造工程を進んでいくと、釣り合いテストで不合格となり、廃棄処分されることになります。

  38. 大手機械製造業者は、正確でタイムリー、かつコスト効率の良い電池アセンブリ向けのワークステーションを製造しました。ワークステーションコンポーネントには、オペレータガイド装置が付加価値として装備されています。この装置は、組立プロセスの開始と停止、選択・インストールする部品の指示、および緊急時のライン作業の完全停止を行います。OEMは、これらの装置の組み立てと取り付けに費用が掛かりすぎることから、バナーにすべて込みのソリューションの提供を求めました。OEMのお客様 (バッテリサプライヤ市場の主要中堅企業) のスケジュール要件に合わせて、8週間でソリューションを提供する必要がありました。

  39. バナーのL-GAGE LHレーザー変位センサは、部品の正確な位置が重要となる用途に最適です。L-GAGE LHシリーズは継続的にマイクロンレベルで暗色系のターゲットを見ています。バナーのレーザー変位センサは非常に正確で、エンジンブロックの位置決めといった精密な位置決め用途に使用できます。センサは、エンジンブロックの製造に良く使用される鋳鉄やアルミニウム合金など、実質的にあらゆる表面を測定できます。

  40. 自動車組立工場では、一部の部品を一時的に取り付けるために、「グレネードピン」と呼ばれる一時ピンが使用されます。グレネードピンの除去を確認するために、点検ステーションには、EZ-LIGHT PVAピッキングセンサが装備されたピン用のコンテナがあります。

  41. バナーのQ4X多用途レーザーセンサは、高さのわずかな変化を伴う困難な用途においても、小型の黒い検出体が光沢のある金属製部品上に存在することを確認するなどの有無の検出に最適です。鋳造アルミ製のエンジンブロックにはワッシャが存在します。Q4Xが高さのわずかな違いを検出すると、その違いが1 mmであっても、信号を送信し、ゴム製ワッシャがないこと、複数のワッシャがあることをオペレータに警告します。Q4Xは、前景抑制モードで、特有のウィンドウ調整機能により、重複するゴム製ワッシャを検出できます。

  42. VEシリーズスマートカメラは、ビードツールを使用して各ドアパネルの接着剤の存在と均一性を検査します。カメラに搭載された広角2メガピクセルの撮像素子は、塗布された接着剤のわずかな不均一性も検出する能力を持っています。

  43. 三角測量法をベースとしたバナーの問題解決型Q4Xレーザーセンサは、背景と対象物の高さが違っていれば、暗い背景で暗い色の対象物を問題なく検出できます。Q4Xはクラス最高の過剰ゲインを持つ高信頼性のセンシングソリューションで、色や反射性ではなく距離に基づいて合格/不合格を判断します。

  44. 小さい金属部品に所定数の穴があけられていることを確認するため、マルチポイント検査に対応したiVu Plus TG画像センサを複数の検査領域 (ROI) 用に設定して、穴があること、穴が正しい場所に打ち抜かれていることを確認します。iVuをエリア検査用にセットアップして、スタンピング加工部品の複数の箇所をスキャンし、特定の特徴または検査特徴の有無を確認します。

  45. 従来のセンサでは、ねじ山の有無の検出が困難になる場合が多くあります。WORLD-BEAM QS30の細いレーザービームを使うと、最大で800 mmの距離からマニホールドの穴がねじ切りされているかどうかを検出できます。

  46. この用途には、エリア検査用に設定されたiVuシリーズのセンサを使用します。穴が打ちぬかれた後、センサによってすべての穴を評価し、穴が開いていること、穴の大きさが適切であることを確認します。そうでない場合、センサによって製造ラインに不合格の出力が送信され、その製品ははじかれます。

  47. このソリューションでは、一致検査用に設定されたiVuシリーズセンサを用いて、ベアリングアセンブリを含む各コンポーネントにすべてのベアリングがあることを確認します。1個または複数のベアリングが欠けていることをセンサが検出すると、製造ラインに不合格の出力が送信され、そのコンポーネントはラインからはじかれます。

  48. パーツ位置確認プロセスにはバナーのLE550レーザーセンサが最適です。長距離からのパーツ位置確認の用途において、信頼性が高く極めて高精度の性能を発揮します。デジタル出力によって厚さ3 mmの対象物を測定し、固定クリップがあること、エンジンブロックが適切な場所にあることを確認します。

  49. 高い色解像度を持つR55Fセンサを使って溶接機のチップが仕様に適合しているか点検することで、製造される部品が仕様に適合することにもつながります。このカラーコントラストセンサには耐久性と熱耐性を高めるためにグラスファイバが使われており、過酷な環境にも対応します。

  50. 背景抑制機能を備えたWORLD-BEAM QS18距離設定反射型センサは、3インチのスキャン距離が必要な部品位置の確認用途に最適です。高ゲイン特性、正確に調整可能なカットオフ、許容可能な可視赤色ビームが特徴のこのセンサは、過酷な環境でも長持ちします。

  51. 車両が自動車組み立てラインを運ばれていくとき、サンルーフ内部に向けられた飛行時間測定方式L-GAGE LT7レーザーセンサによって座席のシートが取り付けられているか、正しい位置にあるか確認します。この回帰反射型センサは2つのディスクリート出力 (PNP) が可能で、最大250 mの極めて長い検出距離を持つため、自動車産業で多くの用途に使用できます。

  52. ロボットによって自動車部品に複数の溶接ナットが挿入された後、作業員が2台のPresencePLUS P4 OMNIビジョンセンサを備えた検査ステーションにその部品を運びます。溶接ナットが正しく挿入されていない場合、溶接ナットがなかったり、上下が逆になっていたり、片方に傾くことがあります。PresencePLUS P4 OMNIは溶接ナットがあるか、向きが適切であるか、傾いていないかを検査します。このビジョンカメラは、部品間のずれの補正および離れた場所からの検査に対応しています。

  53. PresencePLUS COLOR Proビジョンセンサはヒューズボックス内にある色分けされたヒューズを検査し、各ヒューズが正しい位置にあるか確認します。

  54. 自動車のダクトで負圧気流テストを行った後、PresencePLUS Proがシャトルによってダクト開口端の上方まで移動します。PresencePLUS Proは温度センサがダクト内のまだ所定の位置にあること、損傷していないことを確認します。

  55. 高分解能のPresencePLUS P4 OMNI 1.3を製造ラインの上方に設置して、成形工程後のステアリングホイール部品を検査します。材料が多すぎるまたは少なすぎる箇所をP4 OMNIによって探します。

  56. PresencePLUS P4 COLOR OMNIビジョンセンサが内装のドアハンドルを検出し、組み立て中の車両に適切な色であるか確認します。特別なブラケットで固定された同軸照明から、グレアを抑えるための均一な拡散した光が照射されます。

  57. iVuカラーセンサは、車両ドアパネルに使われるトリムの各部品のRGB値を識別し、産業イーサネット接続を使って、PLCにその情報を通信します。

  58. Q5Xを使って、背景が暗い遮光性のコンポーネントの有無だけでなく、自動車の座席とさまざまな色のコンポーネントを確認します。

  59. Q5Xセンサは、過酷な環境において反射性のあるターゲットの有無と位置を確認します。

  60. メーカーの施設では、オペレータはダイプレスから金属部品を手動で挿入および取り外します。完成した部品は金属シュートを介してビンに送られます。ダイクラッシュ(同時に2つの部品がプレスに入る)を防止するため、顧客はシュート上のさまざまな部品を検出して制御システムに信号を送信できるセンサを必要としていました。それにより、プレスが空であることが示され、オペレータは別のストロークを実行することができます。シュートの側面にスロットを切断したり、シュートの端にセンサを取り付けたりすると移動する部品の脱線ポイントとなることがあるため、これらを必要とせずに設置できるソリューションが必要となります。

  61. オーブンを通過する部品が多くなってくると、積み降ろされるアイテムの流れのペースに合わせることはますます困難になります。仕分けエリアでの停滞が高まり、アイテムが誤った方向へ流されたり、破損することさえあります。部品の流れを一時的に停止するば、アイテムを積み降ろすオペレータは間違いを訂正し、ピックアップステーションを一掃することができます。しかし、積み下ろしエリアと積み込みエリアとの間の距離と周囲の機械から得る干渉により、オペレータ同士のコミュニケーションが困難になります。

  62. バナーのDF-G1ライト受光器センサは、ガラスを通過する外光の量に基づき、色調の有無に関わらずウィンドウを識別します。DF-G1のアンプ内蔵型装置には、コンベア上で容易に調整を行うことができる操作用押しボタンが装備されています。直観的なユーザーディスプレイにより、センサの情報を即時に確認できます。

  63. 独自のコスト効率の高いバナーのDF-G1光ファイバ受光器は、テスト設備に直接設置が可能で、照明を正常に機能させます。他のDF-G1モデルと同様に直感的なデュアルディスプレイとプログラミングインターフェイスを備えたこの受光器は、組立およびテスト設備制御システムに統合および接続して、合格/不合格検査を実施できます。

  64. 非常停止プッシュボタンとOTBを組み合わせた一体型ユニットにより、配線や追加のエンクロージャを必要としない、製造ライン用の簡易なオペレータステーションが構成されます。バナーの30 mmマウント非常停止ボタンは、このタイプの用途に対応します。作動時に照光ベースが黄色の点灯から赤色の点滅に変更。非常停止要件に準拠。非常停止ボタンがOTBに近接していることにより、作業員は迅速かつ容易に非常停止手段を発動し、点滅する照明によって非常事態を明確に示すことができます。

  65. メーカーは、DX70セット、タワーライト、およびスイッチボックスを設置することで、ワイヤレス通知ネットワークを作成し、工場の現場全体で通信することができます。作業者は、スイッチを入れて管理者を生産ラインに呼んだり、技術者を呼び出したり、部品やサプライ品を要求したりすることもできます。タワーライト通知システムを使用することで、技術者や管理者が各生産ラインを常に確認する必要性がなくなります。

  66. 窓がキャビネットの直ぐ後ろにある場合、非常に明るく長持ちするLED表示灯によって、一日を通して視認性の高い表示を提供することができます。バナーのEZ-LIGHT K50ビーコンは、昼間でも非常に目立ち、長持ちするエネルギー効率の高いLEDによる高耐久性があるため、特にこのようなキャビネットの条件で多くの指示ステータスの用途に最適です。

  67. 自動車製造プロセスでは、多くの場合、部品を様々な自動および手動の現場に割り振るために、ロータリーテーブルを使用します。多くの場合、割り振る前に、部品が存在するか、適切に配置されているか、正しく処理されているかを検証するためにセンサを使用する必要があります。従来より、スリップリングを使用してセンサ出力および信号を制御システムにケーブル接続するソリューションは、高価であることが多く、信頼性が低いことが判明しています。より多くのセンサ信号を処理し、信頼性を向上させる代替的なソリューションが必要です。

  68. プレス機がサイズの異なるプレス加工されていないタイヤまたは未加工のタイヤに溝を成形しようとすると、タイヤプレス機の鋳型が多額の損傷を受ける結果につながります。各タイヤを正しいプレス機に向けるために、バナーのPresencePLUS P4 BCR 1.3ビジョンセンサは、タイヤのビーズのラベルに印刷されたバーコードの識別情報に基づいて未加工のタイヤを分類します。この用途では、コンベア上を移動する未加工のタイヤが、6個のBCR 1.3ビジョンセンサが取り付けられている固定具の下を通過します。

  69. ステンレス鋼および特殊合金の製造業者は、鋳造産業にビレット、ブルームおよびインゴットを供給します。生産時におけるマグネシウムビレットの取り扱いには、関節式ロボットが使用されます。ロボットのエンドエフェクタにある近接スイッチは、グリッパから制御パネルにステータス情報を伝達します。近接スイッチを制御パネルに接続するためには、ロボットケーブルが使用されてきました。環境上の課題およびロボットの動きにより、ケーブルの完全性が損なわれました。頻発する断線のために生産が停止されたことにより修理と交換が必要となり、コストが上昇し生産性が低下する結果となりました。

  70. Using a 2 or 3-position OS80 key operated selector switch, the operator can bring the robot to a controlled stop, enter the cell, and then quickly resume operations once work in the cell is complete.