cart
DESCRIPTION
PRICE (EACH)
SUBTOTAL
Close
ERROR: There was a store error when adding the item to your cart. [128]
Adding the item to your cart...

その他のソリューション

業界で最も包括的なオートメーション製品の数々と、高度な技術を持つ熟練した業界専門家やソリューションアーキテクトのチームを柱として、幅広い用途を解決できるスマートで高性能なソリューションを提供します。

結果を絞り込む

全フィルタを解除する

製品タイプ

  • (65)
  • (13)
  • (29)
  • (5)
  • (43)

産業

  • (5)
  • (3)
  • (26)
  • (2)
  • (17)
  • (6)
  • (2)
  • (3)
  • (2)
  • (2)
  • (18)
  • (11)
  • (5)
  • (10)
  • (12)
すべて表示 View Less
選択されたフィルタ
  1. メーカーの施設では、オペレータはダイプレスから金属部品を手動で挿入および取り外します。完成した部品は金属シュートを介してビンに送られます。ダイクラッシュ(同時に2つの部品がプレスに入る)を防止するため、顧客はシュート上のさまざまな部品を検出して制御システムに信号を送信できるセンサを必要としていました。それにより、プレスが空であることが示され、オペレータは別のストロークを実行することができます。シュートの側面にスロットを切断したり、シュートの端にセンサを取り付けたりすると移動する部品の脱線ポイントとなることがあるため、これらを必要とせずに設置できるソリューションが必要となります。

  2. The rotary fillers dispense beer into bottles traveling at speeds of up to 900 bottles per minute. The company needed a solution capable of detecting spreader washers on the vent tubes as well as loose or missing tubes. However, the movement of the rotary filler and the wet washdown environment made close proximity deployments difficult and the range required for a remote solution could compromise inspection reliability.

  3. A leading manufacturer of labeling equipment offers high-speed shrink sleeve label applicators designed to process 800 bottles per minute. To maximize the machine’s performance potential, the company wanted to install sensors capable of consistent detection and output for high-speed bottling.

  4. A leading manufacturer of conveying equipment designs and builds high-quality, low-cost conveyance solutions. The pallet equipment they develop is expected to reliably convey, palletize and depalletize thousands of pallets and unit loads annually. This equipment must be able to sense a wide range of different pallet types and sizes to ensure the proper packing and unpacking of pallets and avoid line slow-downs, pallet crashes and collapses.

  5. 最近、業界がポリプロペン (PP) からポリエチレンテレフタレート (PETE) ボトルに転換したことで、主要な米国の通販施設がその履行プロセスを再評価するよう促されることになりました。2000個以上の赤色LEDセンサーを交換するということで、その施設はバナーに解決策を求めました。

  6. During normal operation, operators load a welding machine with the frame components to be welded. The customer needed accurate machine run time data to determine why production goals were not being met.

  7. To improve efficiency, assemblers at work stations need a way to call for parts and service that doesn’t involve them leaving their work stations. Getting parts more quickly would improve production efficiency, and using a system of remote indicators would let the supervisors to see the status of each work station, allowing the supervisors to fix production problems quickly and to collect production metrics.

  8. オーブンを通過する部品が多くなってくると、積み降ろされるアイテムの流れのペースに合わせることはますます困難になります。仕分けエリアでの停滞が高まり、アイテムが誤った方向へ流されたり、破損することさえあります。部品の流れを一時的に停止するば、アイテムを積み降ろすオペレータは間違いを訂正し、ピックアップステーションを一掃することができます。しかし、積み下ろしエリアと積み込みエリアとの間の距離と周囲の機械から得る干渉により、オペレータ同士のコミュニケーションが困難になります。

  9. D10Aディスクリートセンサは、振動しているフィーダボウルからボルトが落下してセンサを通過する際にボルトを計数します。

  10. ジュースのカートンがコンベア上を通過する時、限定反射モードのWORLD-BEAM QS30センサは、色やパターンにかかわらずパックの有無を検出します。

  11. WORLD-BEAM QS30調整センサは、ビジョンセンサのトリガとして機能します。QS30が新しいページの存在を検出すると、ビジョンセンサに信号を送り、ビジョンセンサはページの照合署名を検査します。

  12. バナーは、コンテナ内のカートンや製品の損傷を最小限に抑える検知および産業用LED照明ソリューションを提供します。背景抑制機能を備えたバナーのQS18FFは、850マイクロ秒の応答速度で最大100 mmの固定検出範囲を備え、パッケージ/貨物を容易に検出し、伸長式のコンベアによるカートンの圧搾を防止します。コスト効率が高いLED照明ソリューションであるバナーのWLB32は、ACとDCの両方のバージョンで利用可能で、貨物コンテナ内部を適切な照度で照らす高いルーメン出力を備えています。

  13. Q20 WORLD-BEAM偏光回帰反射型センサは、製品がセーフティゾーン内にあることを確認できるようにマルチシャトルのレールに取り付けられます。製品が「セーフゾーン」から外れないように正しく配置されていることを確認します。Q20センサはコスト効率が良く、存在や配置を正確に検知するのため倉庫環境に最適です。コンパクトなサイズで設置を簡単に行えるため、Q20はこのような用途に適した堅牢な製品です。Q20センサの距離範囲は最大4 mで、ノイズ耐性とクロストーク回避のセンサ機能により、オペレーターは使用前にシステムをテストすることができます。

  14. Banner’s TL70 wireless tower light is ideal for this type of application. It combines high visibility indication with wireless communication. The extremely bright display of the TL70 provides at-a-glance status indication, enabling staff to easily identify the condition of a machine on the floor. Wireless communication connects the light to other devices without the time and expense associated with lengthy cable runs.

  15. Banner’s Q45 wireless call sensor communicates to a wireless DX80, signaling that forklift drivers can remove the completed pallet for shipping. This helps keep the conveyor clear, keep it moving faster and leads to more productivity. Since forklift drivers are being called to action more quickly, it allows for more productivity.

  16. 目視による管理を適切に検証し使用するために、バッグが満杯になるとセンサがトリガされ、K50タッチボタンに信号を送信して赤色に点灯させて、トートが満杯であることを示します。K50タッチは、バッグを取り外して空のものに交換する必要があることをオペレータに視覚的に示します。オペレータは、バッグの詰め込み準備ができていることを示すために、人間工学的なK50タッチボタンを押して再度緑色に点灯させます。

  17. バナーのQ30FF600背景抑制センサは、製品が出口シュートに入ったときに仕分けシステムから外れたことを確認し、製品シュートに詰まりが無いことを確認します。Q30FF600は、多くのシュートの規格幅である600 mmまでの長距離検知が可能です。

  18. VEシリーズのスマートカメラは、物体の有無を検出するための最適なソリューションです。カメラは5 MPの解像度で物体の正確な検出を行うため、コストのかかるダウンタイムを削減し、製品の切り替えを迅速に行うことができます。また、堅牢な金属ハウジングとオプションのレンズカバーを使えば、熱、振動、および湿気のある過酷な環境下でもVEを使用することができます。

  19. S18-2回帰反射センサは、自動誘導コンベアステーションに沿って長距離で効果的な検知を行います。偏光センサは、偽トリガを減らすことで光沢のある表面を効果的に検出します。S18-2回帰反射センサはバレルマウント方式の費用対効果の高いセンサで、検証の目的でコンベアに沿って容易に設置が可能で、回帰反射型、透過型、反射型、限定反射型をご用意しています。

  20. バナーの飛行時間型LT7レーザーセンサは、250 mまでの長距離検出範囲を可視赤色レーザースポットで提供し、アライメントを容易にします。必要な検出範囲に応じて、拡散反射型または回帰反射型の飛行時間型レーザーセンサを使用することができます。回帰反射型LT7レーザーセンサは最大250 mの検出範囲を提供し、拡散反射型LT7レーザセンサは最大10 mの長距離背景抑制を提供します。

  21. ライトカーテンを測定するバナーのEZ-ARRAYは、2.5mmのエッジ解像度でわずか5mmの幅の物体を検出し、高い過剰ゲインにより不透明な物体を検出します。これらの特徴により、ライトカーテンを通過するパッケージの確実な検出と測定が可能になります。各セットでブロックされた光軸数の総数はサイズを示し、この情報が分類装置にアナログ信号として送信されます。続いて、PLCが各カートンを適切な保管場所へ仕向けます。

  22. バナーのDS18センサとゾーン制御モジュールを組み合わせることで、生産性を向上させ、および状態の変化を示して製品フローを最適にする費用対効果の高いソリューションが提供されます。そうすることで、箱の衝突を防ぎ、箱の内容物を傷つけないようにゾーンを停止させることができます。

  23. 大きく明るい設計のTL70モジュラー式タワーライトは、機械のステータス表示に非常に明るく均一な照明を提供します。非常に見やすいタワーライトは、オペレータが機械のステータスを素早くセルフチェックし、機械のプロセスを絶えず監視できるようにすることで、視覚的な管理を改善します。

  24. バナーのDF-G1ライト受光器センサは、ガラスを通過する外光の量に基づき、色調の有無に関わらずウィンドウを識別します。DF-G1のアンプ内蔵型装置には、コンベア上で容易に調整を行うことができる操作用押しボタンが装備されています。直観的なユーザーディスプレイにより、センサの情報を即時に確認できます。

  25. コンベア上を移動するカートンが2つのLE550レーザーセンサ間を通過するときに、カートンの幅が測定され適切に仕分けが行われます。LE550センサは、カートンの形状認識向けの経済的なソリューションです。アナログ出力からPLCに信号が送信され、カートンが正しい保管場所に送られます。バナーのLE550は繰り返し精度と精度を確保しながら、カートンの高さ、長さ、幅を測定します。レーザーセンサは直感的なユーザーインターフェイスを備えており、設定を容易に調整できます。

  26. 独自のコスト効率の高いバナーのDF-G1光ファイバ受光器は、テスト設備に直接設置が可能で、照明を正常に機能させます。他のDF-G1モデルと同様に直感的なデュアルディスプレイとプログラミングインターフェイスを備えたこの受光器は、組立およびテスト設備制御システムに統合および接続して、合格/不合格検査を実施できます。

  27. バナーのQS30H2Oセンサは、水や水ベースの液体の存在を光学的に検知する際の課題に対処するために特別に設計されたセンサです。QS30H2Oは透過ビーム検知モードで動作し、投光器のLEDは独自の1450波長です。1450波長は、水により容易に減衰されます。

  28. 高品質のLEDライトと複数の色が1つのデバイスに搭載されたバナーのマルチセグメントブザーTL50をK50 TouchおよびPM8ワイヤレスシステムを組み合わせることで、効率的な部品要請が可能になります。まず、人間工学を考慮したバナーのK50タッチボタンを管理ステーションに設置し、対応するPML8ワイヤレスノードに応じて番号を付けます。ワイヤレスノードは、個々のワークステーションにブザータワーライトと共に設置されます。

  29. バナーのS18-2バレルセンサは、このような用途で使用できるコスト効率の良い確実な検出方法です。小型であるため製造ラインに容易に組み込むことができ、競争力のある価格により、複数のセンサが必要な用途に最適です。S18センサは、強力で明るく見やすい赤色投光器ビームにより、セットアップ中に簡単に調整できます。

  30. 頑丈で費用対効果が高く容易に取り付けが可能なバナーのK30 Touchピッキングライトインジケータは、指のタッチで簡単に作動し、産業オートメーションメーカーのエラーリスクを軽減するので、こういった用途に最適です。このインジケータは、素手でも手袋をはめた状態でも作動させることができます。

  31. バナーのL-GAGE Q50 (Q50) LEDベースの線形変位レーザーセンサを使用して、最終発酵および焼き作業に先立って生地の高さおよび深さを検出することにより、パン職人は正確なパン生地の寸法を一貫して維持することができます。

  32. QS18LLPレーザー偏光回帰反射センサは、小さく明るいスポットを投影する狭いビームを備え、様々な装置のトリガで正確に位置を制御します。この用途では、QS18LLPは、コンベアを流れる光沢のあるカートンを (プロキシングなしで) 正しく検出し、インクジェットプリンタをトリガして日付/ロットコードをカートンに印刷します。第二センサは、P4 OMNIをトリガして日付/ロットコードを検査し、読み取り可能かつ正確であることを確認します。

  33. WLS28ワークライトストリップ: 明るく長持ちするLEDライトストリップにより、使い勝手を損ずること無くオペレータが箱詰め機内の状態を視認することが容易になります セーフティヒンジスイッチ: ステンレス鋼製の耐荷重式のセーフティヒンジスイッチが箱詰め機のドアを支え、ドアが開かれている場合は機械を停止し、故意の過失のリスクを最小限に抑えます。

  34. 一体型エンクロージャに収められた非常停止押しボタンとK50 Touchライトインジケータの組み合わせにより、非常時のステータス表示が容易になります。バナーの30 mmマウント非常停止ボタンには、作動時に黄色から赤色に点滅する照明ベースがあり、非常停止状態をはっきりと表示します。K50タッチは、操作に物理的な圧力を必要とせず、素手や作業手袋で簡単に作動する人間工学に基づいた設計の効率性の高い製品です。

  35. バナーのPVD100は、特徴が一貫しないパレットを調整の必要なく正確に検出するオーダーメイドのソリューションです。使いやすく汎用性の高いライトスクリーンは幅広いビームパターンを備え、アライメントが容易です。コンパクトな設計のため、機械に容易に組み込んだり、ラインに直接設置することができます。PVD100ライトスクリーン検知ソリューションの検出高は100 mm、スキャン検出範囲は2 mです。動作を表示し、操作ステータスを示すため、非常に見やすい赤と緑のLED照明を装備しています。

  36. バナーのEZ-LIGHT TL50ビーコンタワーライトは昼間の視認性が高く、多くの表示ステータス用途に適しています。耐久性があり、長持ちするエネルギー効率の高いLEDを装備しており、工場現場の作業者への指示に使用できます。

  37. 非常停止プッシュボタンとOTBを組み合わせた一体型ユニットにより、配線や追加のエンクロージャを必要としない、製造ライン用の簡易なオペレータステーションが構成されます。バナーの30 mmマウント非常停止ボタンは、このタイプの用途に対応します。作動時に照光ベースが黄色の点灯から赤色の点滅に変更。非常停止要件に準拠。非常停止ボタンがOTBに近接していることにより、作業員は迅速かつ容易に非常停止手段を発動し、点滅する照明によって非常事態を明確に示すことができます。

  38. バナーの EZ-LIGHT® K80FL マルチカラー LEDインジケータは、工場現場のフォークリフトの交差点などの重要な場面で、シンプルなステータス表示を提供します。この固有の特殊な表示灯は、非常に見やすく、明るく、工場作業者に容易に注意を喚起する均一な照明が特徴です。最大3色から選択できるこの特殊なK80FL表示灯は、様々な信号を送信することが可能で、内蔵DIPスイッチを使用して常時点灯または点滅に設定できます。

  39. S18L汎用インジケータは、パネルでの使用に最適です。強い光と明るい表示により、サイクルホールド、サイクル有効および故障を含む様々な機械の段階を現場の作業者に容易に伝えます。S18L 18 mm表示灯は、緑、赤、黄、青、白、オレンジ、ターコイズブルー、バイオレット、スカイブルー、マゼンタから、3色まで使用できます。お客様はカスタマイズされたパネルソリューションを作成し、現場の指示システムを明確にすることができます。作業者は、非常に明るいLED表示灯により、段階を容易に理解することができます。

  40. 2ハンドコントロールの防護システムは、危険が存在する場合にオペレータが機械に近付かないよう防護します。機械サイクルは、オペレータが両方のセルフチェックタッチボタン (STB) に半秒以内に触れた場合にのみ開始し、両方のハンドコントロールが作動している間にのみ動作を継続します。これにより、オペレータは機械の使用中に制御ステーションに留まることができます。

  41. バナーの30 mmマウント非常停止ボタンは、作動時に黄色から赤色に点滅する照明ベースを備えているため、このタイプの用途で十分に機能します。非常停止ボタンが赤く点滅することにより、オペレータはどのボタンが押されたかを視覚的に確認することができるため、問題を迅速かつ容易に解決してダウンタイムを短縮し、起動されたボタンだけをリセットすることができます。

  42. システムの動作をより良くするために、SureCross DX80ワイヤレスシステムを設置することができます。DX80ノードは、どのキャパシタが使用されているかを示すスマート電源システムを操作するPLCから信号を受け取ります。信号は、見やすい位置に設置されたDX80ゲートウェイに送信されます。ゲートウェイはEZ-LIGHTタワーライトを使用して、使用されているキャパシタと、エネルギー使用量が所定の範囲を超えた場合に従業員に通知するアラームを示します。

  43. メーカーは、DX70セット、タワーライト、およびスイッチボックスを設置することで、ワイヤレス通知ネットワークを作成し、工場の現場全体で通信することができます。作業者は、スイッチを入れて管理者を生産ラインに呼んだり、技術者を呼び出したり、部品やサプライ品を要求したりすることもできます。タワーライト通知システムを使用することで、技術者や管理者が各生産ラインを常に確認する必要性がなくなります。

  44. EZ-LIGHT TL50タワーライトは、ステータスを伝えるために機械の上部に取り付けられています。照明タワーの可視性は非常に高いため、従業員は常にステータスを監視する必要なしに、機械を素早く確認することができます。複数のライトを同時に点灯することができるため、複数のメッセージを同時に転送できます。タワーライトはあらゆる角度から非常に見やすく、周囲光からの誤った表示を排除するために、オフのときにはインジケータがグレー表示になります。

  45. これはアンドン用途の例です。生産ライン上のタワーライトが動作ステータスの表示に使用されます。アンドン照明による表示の利用方法を示したこの図では、EZ-LIGHT TL50タワーライトが各ワークステーションに取り付けられており、そのワークステーションのステータスが示されています。

  46. プラントの各出入口に磁気ドアスイッチを配置することにより、Q45ワイヤレスはドアの開閉を監視することができます。スイッチのステータス情報が中央管理場所に送信され、セキュリティ担当者は通常のオペレーション中に閉じられているべき出口を監視できます。各磁気スイッチは、リモート装置モデルのDX80N2Q45RDワイヤレスQ45センサに接続され、Q45のドライ接点入力を使用します。

  47. 屋外の保管エリアの各コーナーに設置されたソーラー電源は、ソーラーノードとSM30シリーズの30 mmバレルセンサ投受光器の両方に電力を供給します。投受光器のセットに給電するには、DIPスイッチを使用して、ソーラーノードのブースト電圧出力を13Vに設定します。

  48. 機械監視を自動化するバナーのソリューションは、SureCrossワイヤレスI/OネットワークとバナーTL50タワーライトインジケータを組み合わせてワイヤレスEZ-LIGHT™を構成します。このノードは、機械ステータス用途向けのシンプルなプラグアンドプレイソリューションを実現します。

  49. 各ベイにEZ-LIGHT信号照明を搭載することで、ドライバーがトラックドックに戻ることを許可されている場合、視覚的に知らせます。照明は3つのインジケータと3色が1つのハウジングに組み込まれているため、コスト効率が高く設置が容易です。信号照明は非常に強い照明出力とサンシールドを装備した屋外用途に理想的なソリューションです。

  50. DF-G1センサは、限られたスペースでの梱包プロセスで、シリンジなどの小さなターゲットの検出用に容易に設定が可能です。バナーの強力なティーチおよび設定メソッドを使用すると、低コントラストおよび長距離用途を含む広範囲の用途に最適ゲインおよびしきい値を使用することができます。

  51. トランスファプレスは、工具の損傷や低品質部品を発生させることなく機械シャトルシステムを稼動させ続けるために、確実な部品の取り外しまたは供給検知を必要とします。金属シートの配置または移動が正確に制御されていないと、ダウンタイムや大量の廃物が発生する可能性があります。

  52. この用途の検知の特徴はシンプルでありながらユニークです。反射率の高い白色の背景の上にセンサを配置することにより、濃淡が様々に異なる暗色で低コントラストの物体を検知します。EZ-BEAM T18限定反射センサは理想的なソリューションです。検出カットオフが鋭く、色のバリエーションの影響を受けません。特定の範囲内にある物体の有無を知らせ、背景を無視します。

  53. EZ-BEAM Q25回帰反射センサはこの用途に最適です。このセンサは、重量検査機を通過するあらゆる暗い物体を確実に検出する高出力ビームを発します。透明な物体が検出される場合は、Q25偏光回帰反射モデルが使用されます。IP65K等級のハウジングを備えたQ25は、食品の用途に必要な激しい洗浄に耐えられるように設計されています。セットアップは容易です。Q25は調整の必要がありません。

  54. 通常、輸送カートはオペレーションに導体ケーブルを使用しますが、ケーブルは時間の経過とともに破損し、製造遅延およびメンテナンス費の増加の原因になります。ワイヤレスで輸送用カートを制御することで、これらの問題が軽減されます。

  55. 視覚的表示は、ステータスを伝達することにより、設備を効率的に稼動させ、生産性を向上させる簡単かつ効果的な方法です。非常に明るいビーコンライトは、昼間の視認性が非常に高く、スプレッダツイストロックの状態をオペレータ室に示して、安全なリフトの確保を可能にします。ビーコンライトは強力な光出力を備えており、非常に頑丈で耐久性があり、屋外の表示用途に最適です。

  56. 緊急用シャワーがある各地点に、4つのディスクリート入力と4つのディスクリート出力を搭載したFlexPowerノードとDX81電池モジュールが設置されました。この設置はクラスI、ディビジョン2環境であったため、DX80シリーズのCハウジングが採用され、適切なエンクロージャ内に設置されました。シャワーが機械式ウィスカースイッチによって作動されると、FlexPowerノードはゲートウェイとコントローラに信号を送信し、特定の地点でシャワーが作動したことをセキュリティに通知します。

  57. この図では、キャップは、プロセスの後半でボトルの装填のために配置されるべき部品の向きを一定に保つフィーダーボウルに装填されています。バナーQS30AFは、この用途に理想的な検知ソリューションであり、キャップがボウルから外に出る時にキャップの供給レベルを監視するように配置されています。

  58. バナーのパワフルなTM18センサの強健なハウジングは機械の組立と搬送に最適で、センサの損傷を防ぎ、透過モード投受光器でにより極めて正確で確実な検出を実現します。バナーのTM18は、ニッケルメッキされたダイカスト亜鉛の設計に基づくIP69K等級で、工業および自動車製造環境におけるセンサへの強力な保護を提供します。

  59. 小売環境での入店客数の流れと消費者の行動を理解するために、SureCross FlexPowerノードとバナーMINI-BEAMセンサは、目立たないタックシール式の監視と計数のソリューションを提供します。

  60. HVACシステムを常に動作させる代わりに、製造設備が稼動しているときにのみ装置が動作するようにスケジュールすることにより、光熱費を削減することができます。ディスクリートI/Oを持つノードが機械の状態を監視し、ノードの入力の1つが機械のPLCからの信号を受け取り、機械が動作しているかどうかを示します。

  61. 政府の規制に適うために、ごみ処理地管理者は、メタンガスの生産、除去、排気、燃焼を正確に監視する必要があります。メタンの生成レベルと流量を正確に測定するために、圧力トランスデューサはメタン生成システム内に存在する圧力および真空の両方を検出することができます。

  62. ゲートウェイ、またはワイヤレスネットワークコントローラは、水タンク内の水位を監視します。水位が低下すると、貯蔵ポンプと共に設置されたノードが、出力を使用してポンプのサイクルをオンまたはオフにします。一連のノードが、各果樹園に流入する水量を監視します。ゲートウェイに接続された1Wデータ無線からモバイルアセットまたは中央制御ステーションにデータが送信され、データ処理と水道料金の計算に使用されます。

  63. バナーL-GAGE LHレーザー変位センサのネットワークは、製造プロセス中にシートの厚さを連続で測定するために戦略的に配置されています。セットになっている厚さセンサのいずれかが仕様外の測定値を示す場合、プロセスを直ちに停止して製造ラインの調整および修理を行うことができます。これにより、廃棄される材料をなくし、製品の品質を向上させることができます。

  64. 超音波センサは確実なパレット検出を実現します。超音波センサは音波を発信し、ターゲットから跳ね返る音波の戻りエコーを「リスンします」。確実な背景(この場合はコンベア)をセンサにティーチすることで、センサはコンベアから戻る音波をリスンします。センサとコンベアの間を通過する物体が検出され、出力が切り替わります。

  65. WORLD-BEAM QS18背景抑制機能付き距離設定反射センサは、蛍光灯に対する耐性が強化されており、工場照明に向けて上向きに照らしてもガラスパネルのエッジを確実に検出することができます。背景の条件が多様であることによる難しさは、背景抑制を用いることによって解決されます。ユーザーは、単純な多回転スクリュー調整によってカットオフ距離を設定できます。センサは、設定されたカットオフ距離を超える物体を無視します。

  66. このような大型機械を使用するアプリケーションの場合、配線が困難かつ危険になる可能性があります。幸いにも、ワイヤレスソリューションにより、距離データの送信が容易になります。様々なワイヤレスデバイスをクレーン間にセットアップすることにより、複数のクレーンを同じエリアで稼働することができます。ワイヤレス製品は、屋外環境に適した頑丈なハウジングに入ったものもご用意しています。ワイヤレス装置を使用してクレーンを正確に監視することで、高価な修理や交換が回避されます。

  67. この用途では、半透明の注射器がフィーダボウル (図示されていません) 内で正しい向きに配置され、レールを降下して、組立と包装の次の段階に送られる前に準備されます。バナーSLMスロットセンサはこの用途に最適です。センサのハウジングには各フォークの先端部に投光器と受光器が装備されており、注射器が通過する完全に光軸調整された透過モードの検出ビームを生成します。

  68. コンベアを流れるチップを検出するためには、強力なセンサにより迅速かつ正確に計数する必要があります。しかし、狭く限られたスペースに収まるほど小型で、かつ集積回路が通過する際に確実で迅速な検出が可能なセンサは多くありません。バナーの超小型コンパクトQ12センサにより、製造ライン上の集積回路を容易に計数することができます。

  69. バナーのWORLD-BEAM QS18LPレーザーセンサは、コンベア上を通過するすべてのカートンを正確に検査し、ロボットをトリガして、カートンを容器に装填します。QS18LPは、目に見えるレーザー感知ビームにより正確に位置を制御し、近い検出範囲にあるカートンの正確な計数を保証します。頑丈なQS18LPは狭い空間にも理想的で、コンベア周りに容易に設置して、正確な検知を実現します。非常に明るいLEDを装備しているため、動作ステータスを360℃から確認できます。

  70. レーン内の各生産オペレータは、ワイヤレスノードとK50 EZ-LIGHTを装備していました。各フォークリフトには別のノードとEZ-LIGHTが設置されていました。生産オペレータが補給部品を必要とする場合、オペレータはEZ-LIGHTの操作用押しボタンを押して、ライトを緑から赤に切り変えます。同時に、フォークリフト運転士のライトも緑から赤に変わり、オペレータが部品を必要としていることを示します。

  71. 溶接機にPLC論理を追加することにより、割り当てられた処理時間を超えたときに出力をオンにすることができます。この出力は、DX80ノードの入力に接続されています。ノードの入力は、超過時間をログに記録するHMIに接続されているDX80ゲートウェイに戻されます。各シフトおよび作業員ごとに、累積超過時間の合計が計算されます。正確な作業時間が溶接機で収集され、新しいデータケーブルを配線をすることなく、中央制御センターにワイヤレスで返送され、ログに記録されます。

  72. 窓がキャビネットの直ぐ後ろにある場合、非常に明るく長持ちするLED表示灯によって、一日を通して視認性の高い表示を提供することができます。バナーのEZ-LIGHT K50ビーコンは、昼間でも非常に目立ち、長持ちするエネルギー効率の高いLEDによる高耐久性があるため、特にこのようなキャビネットの条件で多くの指示ステータスの用途に最適です。

  73. D10は、デュアルディスクリート出力を使用して、ガムパケットを色ごと (黄、青、緑) に分類します。D10 Expertの2つの出力は、以下のようにプログラムされています:黄色は両方とも出力オン、青色は両方とも出力オフ、緑色は1出力オンと1出力オフ。センサが青色のパケットが存在する場合に誤って信号を出さないよう、Q12センサの出力線は、パケットが存在しない時は出力がオフになるようにD10の抑制ワイヤに接続されています。

  74. バナーは6〜100 mのスパンのローププルスイッチをご用意しているため、様々なコンベアベルトの長さに対応しています。また、ローププルスイッチは過酷な環境に適したヘビーデューティハウジングを装備しています。緊急事態下では、作業者はラインに沿ってどこからでもロープを引っ張り、コンベアと危険な動きを直ちに停止させることができます。

  75. プルロープはコンベアの長さに沿って走行するので、オペレータはどこからでも掴んで引っ張り、すぐにコンベアを停止させることができます。

  76. デジタル装置で使用されるメモリスティックがコンベアを通過する際、WORLD-BEAM Q12は、スティックとコンベアベルトとの間のわずかな高さの差を検出することによりスティックをカウントします。

  77. ダイボンディングおよびワイヤボンディングのプロセスでは、リードフレームは丈が高く垂直なカセット内を移動します。スループットを向上させるためには、カセットを検査してリードフレームが各スロットに存在するかどうかを判定します。リードフレームの厚さはわずか0.1mmほどのこともあるため、検知が難しい場合があります。VS1コンバージェントセンサは、この薄型プロファイル、および非反射プラスチックボールグリッドアレイ (PBGA) を容易に検出します。

  78. DX80 SureCross Wireless製品は、様々な業界において、無人搬送車 (AGV) との間の最適な通信手段となっています。SureCrossワイヤレスノードに接続されたリモートのアンプ内蔵型押しボタンは、組立ラインのワークステーションに設置できます。特定の部品が必要な場合は、操作用押しボタンを有効にし、ワイヤレスゲートウェイが装備されたAGVに信号を送信することで、部品を補充することができます。

  79. SureCross FlexPower™ノードと低電力センサを組み合わせることで、既存の自動保管および回収システム (AS/RS) クレーンと即座に統合できるポータブル監視システムを構成します。バナーの信頼性の高いワイヤレスソリューションと独自の電力管理機能の組み合わせにより、一連の簡易化された監視アプリケーションがAS/RSクレーンに搭載されます。FlexPowerバッテリパックは、長い運用期間にわたり、ノードおよび最大4台の低電力センサに電力を供給します。モータやベアリングの臨界温度の監視に使用される複数の熱電対を備えたFlexPowerノードによって、予防保全に関する問題を解決できます。ゲートウェイ (システムコントローラ) の通信出力を使用して履歴ログまたはトレンドを作成することで、設備がピークのパフォーマンスで動作していることを確認することができます。EZ-LIGHT™インジケータにより、各通路の終端にいる従業員にクレーンの動きを知らせることができます。この双方向監視システムは、新たな設備やコスト増につながるダウンタイムの必要なく、クレーンが正常に動作していることを従業員に警告する簡易な方法です。

  80. コンベア上を移動するカートンは、ライトカーテンを測定する3セットのEZ-ARRAYの間を通過します。各セットでブロックされたビームの総数はサイズを示し、この情報が仕分装置にアナログ信号として送信されます。続いて、PLCが各カートンを適切な保管場所へ仕向けます。

  81. PicoDotセンサは、同じウェハーのエッジを同時に検知するように複数配置されます。1つのセンサのみでウェハーのエッジが検出された場合、そのウェハは斜めに挿入されるか、クロススロットで挿入される可能性がとても高くなります。

  82. D10エキスパートセンサのファイバは、カセット内のウェハーのスタックに沿って移動し、どのスロットが占有され、空であるかをマッピングします。棒グラフはセンサのステータスを表示します。

  83. コンベアの角を回ってくるパッケージやトートタンクが引っ掛かった場合、ベンドに設置されたWORLD-BEAM QS18ユニバーサル電圧センサが警報またはPLCと通信して、センサ正面の物体の詰まりを通知し、詰まりの有無を従業員に警告します。

  84. シリコンウェハーは、脱イオン水中に完全に浸漬されたコンベア上のカセットに収納された状態でプロセス間を搬送されます。D10センサは、コンベアの片側に配置されたフッ素樹脂で密閉された透過モードファイバを搭載しています。カセットが存在する時、透過ビームは遮断されます。

  85. 保安倉庫のドアには、近接センサが装備されています。ドアが開くと、センサはFlexPowerノードを介してゲートウェイにデータを送信し、本社のEZ-LIGHT表示灯が点灯します。

  86. 米国中西部全域では、水の使用を最小限に抑え作物の健康を確保するためにセンターアームピボット灌漑システムが使用されています。センターピボットアセンブリのセクションは異なる速度で動作する必要があるため、各セクションを動かしているモーターを監視して、各セクションが適切な速度と時間で作動していることを確認する必要があります。

  87. ある半導体企業は、予定外のダウンタイムを排除するために、組立作業中において非常に細いワイヤの断線を検出するためのセンサをリクエストしました。

  88. 空港の荷物コンベアに沿って取り付けられているWORLD-BEAM QS18ユニバーサル電圧センサが、通過する荷物の有無や位置を検出します。QS18ユニバーサル電圧センサはACまたはDC電源に接続することが可能で、AC電源を使用している既存の大型コンベア用途で別途電源を必要とせずに動作します。堅牢でコンパクトなハウジングと複数の取り付けオプションにより、WORLD-BEAM QS18ユニバーサル電圧センサーの多用途性が強化されます。

  89. 危険な化学物質を使用するプロセスでは、光ファイバープローブは、プローブの端に接触する液体を即座に検知します。WORLD-BEAM QS18センサは、警告アラームをトリガして応答します。

  90. 非常に強い光を生成するEZ-LIGHT昼光可視インジケータは、18個のLEDを同時に作動、または6個ずつ3つのグループに分けて照明レベルの明暗度を制御することができるので、屋外環境で明確な通信を必要とするアプリケーションに最適です。オプションのサンシールドで可視性を高めることにより、日光の強い環境でも効果的です。

  91. 持続的な動きの影響を受けるスリップリングには、通常の摩耗や破片に起因する回転式電気接続の劣化を回避するために、継続的なメンテナンスが必要です。スリップリングの異常により生産が停止すると、予期しない多額のコストがかかるダウンタイムにつながります。DX80ワイヤレス無線は、フィラーボウル内部から制御パネルにセンサ信号を送信するための非接触ソリューションを提供します。回転式フィラーに配置されたワイヤレスノードは電池で電力が供給されるため、センサに電力を供給する配線を行わずに設置することができます。DX80ワイヤレスソリューションは、スリップリングの必要性を排除し、ダウンタイムやメンテナンスの削減に役立ちます。

  92. 集積回路のリードフレームは、複数のフレームを保持するカセットに向かってU字型チャンネル上を移動します。D10 Expertアナログ/ディスクリートセンサは、前縁と後縁を検出して、リードフレームが近づいていることを知らせる信号をカセットに送信します。フレーム材の反射率の差が大きいと反射検知が不可能になるため、センサは透過モードで動作します。

  93. WORLD-BEAM QS18ユニバーサル電圧センサをコンベアの周囲に取り付け、通過するパレットの有無と位置を検出します。これらのセンサーはACまたはDC電源に接続することが可能で、別個の電源を必要とせずに、すでにAC電源を使用している大型のコンベアアプリケーションでも動作させることができます。ユニバーサル電圧に加え、このセンサは需要の高い18 mmバレル形状、複数の取り付けオプション、過酷な環境に耐えうる頑丈なIP67ハウジングを備えています。1つのセンサに複数の電源オプションと取り付けオプションを持たせることで、ライン上にすばやく容易に後付けできます。

  94. バナーのDX99装置はクラスI、II、およびIII、区分1およびゾーン0の環境認定を受けており、本質安全運用を必要とする危険な場所からのデータ収集を可能にします。SureCross FlexPower I/O装置は、内蔵バッテリを備えた金属製ハウジングまたは外部バッテリを使用するポリカーボネート製ハウジングで提供されています。通常、ロータリーキルンやロータリーテーブルなどの回転式の設備で計測を行うためには、複雑で高額なケーブル配線システムが必要になります。しかし、十分な対策を講じて専門の設備を使っても、ケーブルのもつれや破損がなくなることはありません。SureCrossワイヤレスネットワークでは、ロータリーキルンなどの回転式または可動式の機械からのデータ取得に関連する煩わしさがすべて排除されます。熱電対によって取得された温度データは、FlexPowered SureCrossノードからプラントのコントロールセンターにあるリモートゲートウェイに送信されます。過度に温度が上昇するとアラームがトリガされます。データは常に同じ場所に集められて処理や解析が行われるようになっており、作業員への物理的な危険性はなくなります。

  95. 安全モジュールは、ガードが開いた場合、故障モードの場合、および閉じる場合に、磁気センサの作動を監視します。また、2つの安全な切り替え出力と制御下の装置の監視も提供します。

  96. 光ファイバインターロックスイッチは、多くのスペースを取らずに、またはドアへの配線を必要とすることなく、ドアをガードします。

  97. 防護領域のドアが開くと、光ファイバビームが遮断され、機械の危険な動作が停止します。光ファイバはエネルギーが限られており、コントローラが危険領域から離れているため、爆発の危険がある環境に適しています。

  98. 組立作業者は部品の供給が少なくなったときに、左側にあるEZ-LIGHT K50プッシュボタンを押します。このボタンは、追加の部品を持ってくるようにランナーに通知するためのコールボタンとして使用されます。右側のK50ライトは、部品ピッキングインジケータとして使用されます。

  99. 一片型EZ-LIGHT PVDP2ピッキングセンサ用のオプションのブラケットにより、センサを取り外して別のラックに取り付けることができます。

  100. 距離設定反射モードのWORLD-BEAM QS30は、様々な色のプラスチック製薬品瓶の有無を検出し、その情報を充填装置に中継します。

  101. 板がコンベア上を通過する際に、高感度のWORLD-BEAMレーザーQS30は、歪みにより平坦な板よりも高い位置にある板を検出します。センサの反対側に取り付けられた偏光反射板により、コンベアの両側を配線する必要がなくなります。

  102. 作業者がラインで品質上の問題を引き起こす可能性のある問題を検出しました。作業員がEZ-LIGHT VTBのサドルに指を挿入してブザーアラームをトリガし、アンドンボード上の位置を表示することで、その問題を解決するためにラインを停止する必要があるかを管理者が判断することができます。

  103. 注射器がコンベア上を通過する際に、背景抑制機能を備えたWORLD-BEAM QS18が個別のバレルを検出し、その情報をカウント装置に送信します。

  104. このマークを検出するには、一致検査用に設定されたiVuシリーズのセンサを使用します。センサはバンドルの末端のマークを検出し、完成した製品群を包装するためにバンドリング機に信号を送ります。

  105. Q60背景抑制センサは、缶の流れが停止したことを検出し、ラインのさらに下のプロセスを管理する機械制御に信号を送ります。タイミング遅延機能は、Q60が缶間の小さな隙間を検知した時に信号を送信するのを防ぎます。

  106. ローラーコンベア上の3つのQS18透過モードセンサは、通過する物体を検出し、水平QS18センサをトリガします。水平QS18の下を通過する郵便物は検出されず、レターコンベアに送られます。小包は検出され、そのまま流されます。

  107. D10 Expertのバス出力機能により、最大16個のセンサをまとめて配線し1つの電源で給電できるため、必要なワイヤの本数を削減し、複数の接続点を必要とせずに複数のセンサを使用することができます。DINレールにセンサを同時に取り付けることによりさらにスペースを節約し、光ファイバを使用して、限られたスペース内の複数の検査ポイントを監視することができます。

  108. バッテリ駆動のノードは、配線によって接続された電源ケーブルを使用せずにデータをリモートから送信し、高価で扱いにくいスリップリングを排除しつつ回転機を監視および制御します。

  109. 自動車製造プロセスでは、多くの場合、部品を様々な自動および手動の現場に割り振るために、ロータリーテーブルを使用します。多くの場合、割り振る前に、部品が存在するか、適切に配置されているか、正しく処理されているかを検証するためにセンサを使用する必要があります。従来より、スリップリングを使用してセンサ出力および信号を制御システムにケーブル接続するソリューションは、高価であることが多く、信頼性が低いことが判明しています。より多くのセンサ信号を処理し、信頼性を向上させる代替的なソリューションが必要です。

  110. WOLD-BEAM Q20反射センサは、パレットの有無を検出するように配置されています。所定の位置にパレットが設置されると、ロボットに積み込みを開始するよう出力信号が送信されます。

  111. CL50カラムライトは、レーンの状態を示すために各レーンの上に取り付けられています。レーンが開いているときは、カラムライトが緑色に変わります。レーンが閉まろうとしているときは、カラムライトが赤色に変わります。レーンが閉まっている時は、カラムライトは灰色で表示され、周囲光による誤表示を排除します。カラムライトは頑丈で費用効果が高く、あらゆる角度から非常に見やすくなっています。

  112. 施設の物理プラント内のゲートウェイは、エネルギーの使用量と需要を監視します。頻繁に変更される施設の要件に応じて、ワイヤレスネットワークは屋上HVACシステムを起動または停止することができます。この監視システムにより、産業界の管理者は、エネルギー効率を向上させ、施設のプラント資源を節約する機会を識別することができます。

  113. バナーのRP-LS42Fローププルスイッチはコンベアの長さに沿って走行するので、オペレータはどこからでも掴んで引っ張り、すぐにコンベアを停止させることができます。ロープ検出範囲のスパンは6 mから100 mの範囲なので、長い/短いコンベアを保護する柔軟性が確保されます。RP-LS42スイッチはコンパクトで、容易な取り付けとロープの張りを実現するための様々な付属品が付いています。また、要求の厳しい工業用設定での使用に適した重衝撃熱可塑性ハウジングを採用しています。

  114. バナーのワイヤレスソリューションは、個々のノードに関連付けられた複数のゲートウェイがあり、すべてのワイヤを排除し、柔軟な取り付けオプションを提供します。ゲートウェイとノードのワイヤレス構造は、設備全体で重要なI/Oを通信する役目を担っています。複数のワイヤレス製品を設置しても、ワイヤレス通信システムは効率的でクロストーク干渉が無く、IT部門を煩わせることがありません。

  115. DX80ゲートウェイは、データを収集および処理するために制御パネルに配置されています。DX80ノード、DX81電池モジュール、およびI/Oブロックは、ロボットアームに取り付けられています。ノードにより、ロボットのエンドエフェクタでのデータ収集が可能で、M23コネクタもご用意しています。DX81電池モジュールは、ノードと外部入力装置の両方に電力を供給します。これらの装置は、既存の設備と容易に統合が可能です。

  116. 何らかの問題や設備の損傷などが発生した場合、ローププルケーブル (最大75メートル) の付近にいる作業者がケーブルを引くか、または機械の非常停止ボタンを押して機械の動作を停止させることができます。スイッチは過酷な条件下でも屋外での取り付けが可能なように頑丈に設計されています。スイッチは、ロープ張力表示と張力リモート監視用の補助出力を提供します。

  117. バナーのRP-LS42安全ロープは、非常事態を知らせるためにラインコンベアを引っ張り、即座にコンベアを停止します。非常時にロープを引いた状態が発生すると、引っ張られた場所を正確に突き止めるのが難しい場合があります。K30インジケータライトをローププルとセットにするで、ロープが引かれた場所を示すことができます。これにより、非常事態が発生した場所を迅速かつ簡単に表示し、できるだけ早く通常動作に戻ることができます。

  118. Mゲージ車両検出センサまたはRゲージレーダーセンサのいずれかを使用して、各レーンの指定されたチェック点を監視し、各車両がその点で停止し続ける時間を決定することができます。この情報はPLCに送信され、交通管制センターの一連のK80L Segmented EZ-Lightのシリーズに接続されます。EZ-LIGHTは、各レーンの状況を交通管制官に伝えます。続いて交通管制官は、レーンの渋滞時に料金所の係員に警報を発することができます。

  119. 背景抑制を含む多用途で頑丈なバナーのQ3Xレーザーコントラストセンサは、無視する必要がある固定背景があるコントラストアプリケーションに最適です。この用途では、Q3X背景抑制センサが、ラベルが付いたボトルとラベルが付いていないボトル間のコントラスト差を検出して、確実なラベル検出を可能にします。レーザースポットの検出範囲が最大50 mmと小さいQ3Xは、コントラストのわずかな変化を確実に検出できます。

  120. プレス機がサイズの異なるプレス加工されていないタイヤまたは未加工のタイヤに溝を成形しようとすると、タイヤプレス機の鋳型が多額の損傷を受ける結果につながります。各タイヤを正しいプレス機に向けるために、バナーのPresencePLUS P4 BCR 1.3ビジョンセンサは、タイヤのビーズのラベルに印刷されたバーコードの識別情報に基づいて未加工のタイヤを分類します。この用途では、コンベア上を移動する未加工のタイヤが、6個のBCR 1.3ビジョンセンサが取り付けられている固定具の下を通過します。

  121. 丸太が皮剥ぎ機に向かって移動すると、EZ-ARRAY受光器は、ブロックされている光軸の総数を測定します。この受光器から皮剥ぎステーションの論理コントローラにアナログ信号が送信されます。このコントローラが丸太の直径を測定し、丸太グリッパと皮剥ぎ刃を丸太のサイズに合わせて調整します。丸太のサイズを正確に測定することでプロセスの安定性が確保され、皮剥ぎ機の損傷を防ぎます。

  122. WORLD-BEAM Q20反射センサは、コンベアラインの上にアレイパターンで配置され、高速コンベア上の物体の有無を検出します。

  123. QS18ユニバーサル電圧センサはACまたはDC電源に接続することが可能で、AC電源を使用している既存の大型コンベア用途で別途電源を必要とせずに動作します。堅牢でコンパクトなハウジングと複数の取り付けオプションにより、WORLD-BEAM QS18ユニバーサル電圧センサーの多用途性が強化されます。

  124. ライトタワーのような小さな表示灯を各ワークステーションに取り付けることで、組立作業者は現場にいる作業員にすばやく簡単に通信することができます。この場合、バナーTL30タワーライトを各ステーションに搭載して、 組立作業者が追加の部品や作業員の支援を、生産プロセスを中断することなく、要請することができます。

  125. ステンレス鋼および特殊合金の製造業者は、鋳造産業にビレット、ブルームおよびインゴットを供給します。生産時におけるマグネシウムビレットの取り扱いには、関節式ロボットが使用されます。ロボットのエンドエフェクタにある近接スイッチは、グリッパから制御パネルにステータス情報を伝達します。近接スイッチを制御パネルに接続するためには、ロボットケーブルが使用されてきました。環境上の課題およびロボットの動きにより、ケーブルの完全性が損なわれました。頻発する断線のために生産が停止されたことにより修理と交換が必要となり、コストが上昇し生産性が低下する結果となりました。

  126. 電子部品の組立担当者は、技術者やマネージャーがそれぞれのワークステーションから離れる時間を短縮することにより、生産ラインの効率性を高める必要がありました。以前のシステムでは、オペレータがマネージャーのいるエリアに直接出向いて、技術的な問題に関する作業やサポートを要請する必要がありました。

  127. プラスチックインフレーション成形を行う会社は、包装製品を製造しています。複数のコンベアシステムでは、半マイル以上に及ぶ様々なコンベアシステムを使用してペレット媒体が運搬および混合されており、コンベアを常に障害物がない状態に維持し、機械の異常を早期に検出して、材料やバッチの無駄な廃棄や損失につながるダウンタイムから生じるコストを削減する必要があります。

  128. 段ボールの印刷会社は、標準生産速度の測定単位となる機械オペレータの効率と業績を追跡できないことに悩まされていました。

  129. ある企業はバナーのワイヤレスセンサを使用することで、標準的な水処理の慣行に準拠するために必要な水位データを確実に収集しながら、他の未解決のメンテナンス上の問題に集中することできました。

  130. ある自治体には、ピボット灌漑システムを使用して家庭雑排水で灌漑された30以上の農場があります。現地の規制は、灌漑システムが道路や溝に噴霧することを禁じています。顧客は、所定の位置座標に基づいてエンドノズルへの水の流れを確実に制御することができるソリューションを必要としています。

  131. スナップサンプルをより迅速に収集して、汚水への暴露を回避するため、ワイヤレス技術を使用してスナップサンプルを自動的に収集し、その内容物を収集容器に回収します。収集場所に設置された小型ポンプを、自動的に、かつプログラムされた時間間隔で作動させることにより、スナップサンプルを抽出できます。ワイヤレス信号を使用して、収集がトリガされ、収集が成功したことが確認されます。

  132. 丘の上の鉱山の敷地から貯留池にスラリーを圧送しながら、流入地点と貯留池で流量を測定します。

  133. 信号ワイヤやネットワークケーブルを敷設するコストを回避しながら、各プラスチック射出成形プレスの停止時間を監視するために、ワイヤレス技術を導入しました。

  134. 顧客は、フォークリフトのダッシュボードにインジケータを置くことによってフォークリフトオペレータの応答時間を延長し、フォークリフトオペレータが部品要請を認識できるソリューションを必要としています。これにより、複数のオペレータによる部品配達の重複が回避されます。

  135. Q45投受光器は、人が階段の一段目を踏んだことを検出し、照明をオンにするためにディスクリート信号をゲートウェイに送信します。照明のスイッチには、20分後に消灯する内蔵タイマーがあります。

  136. Betty Machineは、バナーエンジニアリングのSureCross® DX80 FlexPower®ワイヤレスネットワークを選択しました。汎用性があり拡張性の高いこのソリューションは、複数のエンドポイントノードとの双方向通信が可能なゲートウェイを中心に構築されています。

  137. ワイヤレス技術を使用して、乗り物の動力源となる空気圧縮機を制御することで、メンテナンス作業員が空気圧が上昇するまで待機する時間を削減しました。

  138. 埋立地の井戸から浸出液を除去することは、埋立地の一貫したガス生産を確保するための基本作業です。手作業でポンプサイクルのデータを収集する代わりに、ワイヤレス技術を使用して時間を節約し、エラーを排除することができます。

  139. 飲料業界では、製品が製造された日時と場所を特定するために、すべての製品に日付/ロットコードを印刷する必要があります。ボトルのキャップを正確に識別し、機械をトリガしてボトルに日付/ロットコードを印刷するソリューションの検討が必要とされます。

  140. 飲料業界における効率的な製造ラインを維持するためには、あらゆる安全性の問題を即時に通知することは基本事項です。視覚的な指示およびブザーを使用して安全性の問題を特定することで、作業者はエラーを迅速に発見および修正し、システムを適時に正常な動作状態に戻すことができます。

  141. バナーエンジニアリングQM26洗浄センサは、重量検査機に近づく暗色のプラスチック製食品トレイを検出し、充填されたトレイの正確な重量を確認します。

  142. 充填された食品トレイは確実に密閉され、透明なフィルムのレイヤで包装される必要があります。熱シーラーにVSMシリーズセンサを設置すると、ロールのフィルム材料の残量を正確に監視できます。

  143. Using a 2 or 3-position OS80 key operated selector switch, the operator can bring the robot to a controlled stop, enter the cell, and then quickly resume operations once work in the cell is complete.